ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

<相模原殺傷>「生きる権利ある」障害者ら訴え

2016年10月14日 11時41分27秒 | 障害者の自立

 7月に起きた相模原市の障害者施設殺傷事件を受け、障害者が率直な気持ちを話し合う座談会が10日、仙台市太白区中央市民センターであり、当事者や家族計約30人が参加した。
 障害者支援団体「CILたすけっと」(仙台市)が主催した。テーマは「殺されていい命なんかない 死んでいい命なんかない」。事件発生以来、同団体には「外に出るのが不安だ」など恐怖や怒りを訴える電話が多く寄せられており、気持ちを自由に表せる場が必要と開催した。
 座談会では、参加者が「障害者はいなくなればいい存在ではない」「周囲に迷惑を掛けることもあるが、人は平等に生きる権利がある。障害と向き合っていく社会を願う」など、それぞれの思いを吐露。障害の有無で分け隔てられることのない社会の実現を訴えた。
 自身も脳性まひの障害がある同団体の杉山裕信事務局長(50)は「互いに気持ちを認め合い、共感することで少しでも不安を取り除きたい。一人で抱え込まず、相談してほしい」と話した。同団体の連絡先は022(248)6054。

 障害当事者や家族が率直な思いを打ち明けた座談会

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NCC「障害者」と教会問題... | トップ | シンポジウム2016「障害者ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL