ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者と健常者が「スリッパ卓球」 さいたま

2016年10月12日 03時01分06秒 | 障害者の自立

障害者と健常者が、ラケットの代わりにスリッパを使う「スリッパ卓球」を一緒に楽しむ催しが、さいたま市で開かれました。

この催しは、障害者の支援を行っている団体が、障害者と健常者が一緒にスポーツを楽しもうと毎年、体育の日に開いています。
さいたま市見沼区の会場には、5歳から68歳までの男女90人が集まり、28のチームに分かれてラケットの代わりにスリッパを使う「スリッパ卓球」を行いました。

参加者たちは、ショートケーキや紅葉など布やテープを使って思い思いにデコレーションしたスリッパを手に、チームごとに制限時間内でのラリーの回数を競いました。
中には、ミスショットでラリーが途絶えてしまい頭を抱える人もいましたが、参加者は相手が打ち返しやすいように声をかけあいながら、ラリーを楽しんでいました。

40代の女性は「ほかの人のスリッパのデコレーションがおもしろかったです」と話していました。車いすで参加した60代の女性は「障害のあるなしに関係なく、いろいろな人と触れあうことができて楽しかったです」と話していました。

10月10日   NHK

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住民と障害者 「駄菓子屋」始... | トップ | 道端アンジェリカ、車いすで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL