ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

国体弁当 県産品ふんだん

2017年06月15日 00時18分52秒 | 障害者の自立

 ◇開・閉会式で提供 2種発表

 県は13日、「えひめ国体」と全国障害者スポーツ大会「えひめ大会」の開会式と閉会式の会場で提供する弁当を発表した=写真=。全国から式典に参加する選手、監督らに提供し、弁当の具材としてふんだんに使われている県産品をPRする。

 総合開会式とえひめ大会の閉会式で出される「えがお弁当」と、えひめ大会開会式用の「めぐみ弁当」の2種類で、計1万5600食を用意する。食材は多くが県産品で、県内企業からの無償提供などで集める。

 えがお弁当は県が開発したブランド豚「愛媛甘とろ豚」の焼き肉や、南予で養殖されている「愛鯛(あいたい)」を使った鯛めしなど。めぐみ弁当は餌にミカンの果皮を配合した「みかん愛ぶり」や、鶏肉を使った郷土料理「せんざんき」などを詰め込んだ。

 中村知事は「各大会のおもてなしのメインを飾るのが弁当。海の幸、山の幸が豊富で県外の人にも満足してもらえそう」と話した。

 

2017年06月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 町内の郵便局、配達で見守り ... | トップ | 社会貢献の視点、事業拡大に必要 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL