「聖書との対話」浜崎英一ブログ

聖書はもはや現代人には関係のないものなのか。わたしは今も、聖書との対話から再発見することことがあり、感動している。

神のいのち(9)

2017年07月08日 | 聖書の真理発見

「キリストと共に」

何度も言っていることですが、聖霊によってマリヤが身重になったように、主イエスを信じるあなたやわたしも聖霊によって新しいいのちが与えられました。
ただ問題は、そのいのちに生きているかどうかです。
そのいのちに生きることを妨げているものが、「アダムのいのち」でした。
そして、その問題の解決は十字架にあることが分かってこられたでしょうか。

次のみ言葉は知っていても、それを信じて、自分のものとしている人、あるいは自分のものとしようとしているクリスチャンたちは意外と少ないようです。

ローマ6:6
わたしたちは、この事を知っている。
わたしたちの内の古き人はキリストと共に十字架につけられた。
それは、この罪のからだが滅び、わたしたちがもはや、罪の奴隷となることがないためである。(口語訳)

そうです。
わたしたちはこのことを知っているのです。あなたも知っておられますよね。
十字架のことです。
主イエスが2000年余り前に十字架につけられたことは歴史的な事実でした。
しかし、それはまた、もう一方で、全宇宙的な出来事であり、霊的な出来事でした。
あなたやわたしの「古き人」もその十字架に一緒につけられて死んだのです。
死んだという実感がないのですか。
わたしもそういう実感はありません。
しかし、実感があってもなくても、十字架で「古き人」のあなたは死んだのです。
これは信仰によって受け取らなければならない霊的な事実です。

主イエスが十字架で流された血によって罪が赦されたことはどうして分かりましたか。
実感がありましたか。
実感はなくても、主イエスを信じ、み言葉を信じて受け取った後、平安が与えられ、少しづつ分かってきたのではありませんか。
古き人が十字架で死んだことも同じです。
何かある度に、絶えず、この古き人は頭をもたげてきます。
しかし、その都度、その古き人は十字架に死んでいることを認めるのです。

十字架の後に何がありますか。
そうです。復活です。
あなたやわたしの古い人が死ねば、復活のいのちの希望があります。神の新しいいのちに生きることが可能になります。
ハレルヤです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神のいのち(8) | トップ | 神のいのち(10) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。