goeicaca

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

をネタに流されてめっちゃいじられてるの面白すぎる

2016-10-08 11:20:30 | 日記

多分、風

<iframe src="http://www.youtube.com/embed/LIlZCmETvsY" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

多分、風 MV

アンハサウェイ演じる女社長ジュールズとロバートデニーロ演じる高齢者インターン生ベン。ま、この二人がうまく掛け合っていく。この映画の他と違う所は、主人公二人が対立しないという事。ロバートデニーロが終始ジェントルマンでアンハサウェイがどんどん彼に惹かれていく。アンハサウェイはあまりやり手のキャリアウーマンっぽく見えない(個人的な見解)。シュッとしてるけど。でもストーリーも演技も演出もとてもよかったし好きだった。
そしてとても穏やかで上品な映画。アメリカ映画にありがちな、ファミリー映画のはずなのに汚い言葉と下ネタと露骨なエロシーンが散見されるようなことはない。誰と見ても気まずくなることは一切ないので安心してみて欲しい。

途中でロバートデニーロがアンハサウェイの実家に忍び込むというシーンでオーシャンズシリーズをパロっていたが、ああいう全く関係のないシーンもいいところで入ってたので緩急がついてて見やすかった。

本編の筋としては「アンハサウェイがCEOを外部から招聘するか否か」という所で、社長って大変だなあとシンプルな感想。自分の色を残したいという思いと、もっと円滑に仕事を拡大させていきたいをいう思いがぶつかり、そこに家庭問題(夫の浮気)も絡んでいく。シンプルだからこそこの序盤のアップテンポな展開もついていくことができる。

そしてこの映画を鑑賞後思いつくことは一つ
「ああ、日本の女はこういうの好きだろうなあ」

相変わらず馬鹿にしたような口調ですが、はい、馬鹿にしています。
この映画のクオリティ云々を馬鹿にしているのではなく、おそらくこういうやり手女というのに無条件に魅了され、どうせ服が綺麗だとかやっぱり男はああでなくちゃとか、どうせいもしない理想の男性論に走り出しマイインターンは置いてけぼり。なんてことはよくある話。
理想の男性像だったりキャリアウーマンの子との持論を語りたいなら、別にマイインターンを見る必要はないわけで、予告編を見ただけでも十分。彼女たちにとっての2時間は30秒で済んだんだよ。


と急に毒を吐いたが、結局のところ楽しかった。アンハサウェイ綺麗だったなあ()

I spy with my little eyeというゲームをロバートデニーロと娘が車内でやるシーンがあって、とてもかわいらしくてそしていいシーンだった。


最後に、この映画のサイトにはプロダクションノートというものがあり、そこに制作者の思いが綴られているので少し抜粋する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宝島とかバッハの監督なの... | トップ | 加藤ミリヤ これからも益々幸... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。