goo

?色の「ためいき」

ほんと世の中「わからない」ことばかり。ニュースを見ても「?マーク」が増えるだけ。そんな「?」を書き連ねてみました。

前日の閲覧数
143PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

ソチ五輪から「国別メダル獲得数」の報道はやめよう

また「大騒ぎ」の時期がやってくる。いや、正確にいえば「祭」というのが近いかもしれない。

日本全国・老いも若きも、男女問わず「オリンピック祭」である。誰もが新聞記事やテレビ中継に釘付け、職場や家庭でも「○○選手ガンバレ」的な話題が沸騰。そして日本選手がメダルを獲ろうものなら大熱狂!まさに「お祭り騒ぎ」がはじまる。

とはいえ、誤解されては困る。けっして揶揄しているわけではない。我が家も同じようなものである。なかでも競技の中継ともなれば、にわか国粋主義者になって「ニッポンッ!ニッポン」と声をはりあげ、ヘタをすれば競争相手に「コケろぉ〜」に罵声を浴びせかねない張本人は、このワタシである。

しかし、このような「お祭り騒ぎ」は、特別なことではない。競争相手を罵倒するのは本人の人格に問題があるとしても、日本人なら特別な事情がない限り自国の代表を応援するのは、きわめて自然なことだろう。

にもかかわらず「全力応援(NHKのソチ五輪キャンペーン)」などと、ことさら強調されると、逆に、戸惑ってしまう。ごく自然に応援しているのに、スポーツ系のタレントのように「日の丸」振って、「根性ぉっ」とか絶叫しなければならないような気分になってしまう。ゴロ寝でお酒でも飲みながら「いいぞぉ!」というのは「不真面目」なように感じないわけでもない。

もちろん「考えすぎ」という意見もあるだろう。しかし、応援風景のニュース映像などを見ると、「日の丸」とか「根性ぉっ」とかは別としても、実に「真剣に」「真面目に」応援している「一糸乱れぬ」雰囲気が伝わってくる。

それそれで悪くはない。しかし、そこに「メダル獲得数競争」がからんでくると厄介である。

たしかに、競技に参加する選手が「勝つ」ことを目標するのは当然だろう。参加するからには、「メダル獲得」をめざしてベストを尽くすだろうし、それを応援するのも自然である。

しかし、それは「メダル獲得数競争」とは、ちょっと違う。選手それぞれの好成績を応援するのは自然であっても、それが「お国が○個メダル獲ったぞ!」となったとたん、選手の応援だけではない「メダル獲得競争」意識が見えてくるような気がする。まるで運動会の「赤勝て!白勝て!」似た競争心にも似ているし、「うちのクラスは強いぜ」という幼稚な自慢に近いかもしれない。

選手一人ひとりの奮闘の成果のメダル―なのは間違いない。ところがと、それを「わが国はメダル何個」と一緒にしたとたん、選手の努力よりも「お国で」が強くなり「あの国に勝った、負けた」が強くなってしまう。

しかも、誰も同じことをするのが美徳になるDNAが作用して、日本すべてて「あの国に勝った、負けた」と「お祭り騒ぎ」になったりしては、オリンピックだかなんだかわからなくなってしまいかねない。

考えてみれば、選手の応援が「お祭り騒ぎ」になりがちなのは、ごく自然な成りゆきかもしれない。そこまで否定するのは無味乾燥だろう。また、「わが国はメダル何個」というのも、国籍がある以上は、きわめて自然だろうし、どの国でも同じに違いない。

しかし「あの国に勝った、負けた」で「お祭り騒ぎ」になるのだけは違う。内心は「勝った、勝った」と思っているとしても、競争相手には「いい勝負でしたね」などと気をつかうのが人間の知恵である。露骨に「あの国に勝った」とするのは大人気ないし、配慮もなく自慢する幼稚な困ったチャンでしかない。

それでなくとも、自然に「お祭り騒ぎ」になりがちな応援である。しかも、国籍がある以上「ニッポン!ニッポン!」となるのも当然だろう。だからこそ「あの国に勝った、負けた」は、もうそろそろ卒業してはどうだろうか?。

なにも難しいことではない。オリンピックでは、当然のように報道される「国別メダル獲得数」を、今回のオリンピックから止めてみるだけである。わが国は○個と大いに誇っても、「他国と比べる」のだけは避けるだけで、いろいろ議論がある「メダル獲得競争」も、真に選手を応援するものになっていくかもしれない。まして、ギクシャクした関係の国際関係が、少なくとも、これ以上波風たてる可能性もなくなるだろう。

そもそも、がんばる選手を応援するのに、あるいは「一糸乱れぬ」応援のためにも「国別メダル獲得数」は無縁である。できれば「一糸乱れぬ」も忘れ、純粋に選手の奮闘だけを、肩のチカラを抜いて、ひたすら応援したいものだ。
ジャンル:
ささやき
キーワード:
メダル獲得数国粋主義者テレビ中継

あわせて読む

人気記事ランキング

  1. 「沈没事故、2ちゃんの7割が『ざまあみろ』」の背後にある「水にながす」思想と「怨」の思想
  2. 8月15日ならではの戦争体験への個人的葛藤
  3. 「福島第一原子力発電所」の建屋カバーの解体工事は「なぜ、いま」着工するのか?
  4. 「鉄人28号」の行きつく先は?誰もが同じように「怒り」「許すな」となる怖さ
  5. Windows XPのパソコンを、これまでと同じように使う「裏技」は?
  6. 「NHKスペシャル STAP細胞 不正の深層」に落胆
  7. ネットオークションで「ADE(自動体外式除細動器)」が使えない場合もあるらしい
  8. 旅客船「セウォル号」の事故。「一刻も早く、一人でも多く、救助されることを願ってやまない」
  9. 「無事保護」の一報から24時間。犯人の極悪非道ぶりを競って伝えるだけでいいのだろうか?
  10. 岡山の「女児無事保護」。はたして「GPS機能付き携帯(スマホ)」は役にたったのか?

この記事のツイート

コメント