貧乏は完治する病。

貧乏は自分が作ったモノ病は完治出来ます。環境さえ整えばお金ば勝手に着いてきます。

【取材】100均で買った「iPhoneケース」にサビ加工を施した結果

2017-05-31 22:43:58 | ブログ

【取材】100均で買った「iPhoneケース」にサビ加工を施した結果→めちゃくちゃカッコイイのができちゃった件!

100均の「iPhoneケース」にサビ加工を施した作品がカッコいいと、Twitterで話題になっています。
100均の「iPhoneケース」が大変身!
趣味として、おもにガンプラの製作をしているniiharu(@niiharu80)さん。
ある日、ダイソーで購入した「iPhoneケース」を『機動戦士ガンダム』のジオン軍風に仕上げてみたんだとか。
サビや汚れの加工、塗装などを施してみたそうです。
完成品は、とても100均で購入したものだとは思えません…。
その完成度の高さに、最初からサビ加地味だった「iPhoneケース」が、こんなにもカッコよくなってしまうとは驚きです!
niiharuさんが加工した「iPhoneケース」がカッコよすぎる反響を呼び、「いいね」の数も8000件を突破していました。
「iPhoneケースの作り方」
なお、niiharuさんは自身のTwitterアカウントに、この「iPhoneケースの作り方」をモーメントにまとめています。
工や塗装が施されているような気がしてしまいます。
地味だった「iPhoneケース」が、こんなにもカッコよくなってしまうとは驚きです!
niiharuさんが加工した「iPhoneケース」がカッコよすぎる反響を呼び、「いいね」の数も8000件を突破していました。
「iPhoneケースの作り方」
なお、niiharuさんは自身のTwitterアカウントに、この「iPhoneケースの作り方」をモーメントにまとめています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香取慎吾に「まもなく消える」と報じた週刊文春の予告が現実に

2017-05-31 22:30:27 | ブログ
香取慎吾に「まもなく消える」と報じた週刊文春の予告が現実に
香取慎吾がCM契約をしていた『みやぎ米』のとの契約が打ち切られたことが分かった。
香取は、昨年9月27日に行われたみやぎ米のイベントに現れた際には、大きな話題になっていた。
「香取は一昨年から『ごはんマネジャー(GM)』を務めていて、『ごはん大好き。来るべくしてGMに就任させていただきました』と、みやぎ米のイベントで発言していました。このときはテンションが妙な高さで、集まった取材陣の多くが驚いていました」(スポーツ紙記者)
『SMAP』の解散問題の渦中で、ただでさえ雰囲気が異常であるのに、香取はイベント中ずっとハイテンションだったという。
「香取は『ごはんをぺロッと食べちゃう』とPRしていたのですが、何となく目の焦点が合わず、泳いでいました。その上で突然に『今年もますます頑張ります』と発言したのです。この言葉には耳を疑いました」(同・記者)
香取のCM契約は残り1社のみ
年内は残り3カ月しかない時期に、「今年もますます頑張ります」という不自然な言葉。年初にこういう意気込みを口にするのであれば普通だが、10月目前に言う適切な言葉ではないはずだ。
「どうも聞きようによっては、もう残り少ないCMなので『もっと頑張ります』と言ったと思われます。“ますます”は“もっと”の置き換えではないかと。結局、予想は当たり、香取のCMは3月で切れました」(女性誌記者)
香取の残るCMは食品メーカー1社のみ。隠し子について報道した『週刊文春』は、それも風前のともしびで、《まもなく消える》と記事にしている。
「週刊文春は現在、『週刊新潮』の中吊り広告を事前に入手したとする“記事盗用”疑惑で、マスコミとしてのモラルを疑われています。ジャニーズ事務所の“よいしょ記事”も目に余り、“香取淘汰”の話はジャニーズ事務所の意向を受けた記事だったようです」(同・記者)
現在のバラエティー番組のレギュラーもいつまで続くか分からない。“まもなく消える”は現実味を帯びてきている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナイキの野心的目標は達成可能か? 売上高5兆円を目指す

2017-05-31 22:23:57 | ブログ
ナイキの野心的目標は達成可能か? 売上高5兆円を目指す

米スポーツ用品大手のナイキの業績は堅調を維持している。だが、同社は勢いを盛り返したアディダスや、北米市場のバスケットボール部門で強さを見せるアンダーアーマーとの競争激化に直面している。こうした状況はナイキの売上高の伸びを押し下げる圧力となり、受注への影響も見え始めている。

ナイキは2015年度、売上高を2020年度までに500億ドル(約5兆5420億円)以上に引き上げるとした大胆な計画を発表した。つまり、売上高を5年間で約200億ドル増やすということだ。だが、過去を振り返ってみると、ナイキは年間の売上高を200億ドル増やすのに13年かかっている。この目標は、やや野心的なものといえそうだ。

同社はEコマース、女性向け商品、ジョーダンブランドの3分野にリソースを集中させることで、事業全体を成長させていきたい考えを明らかにしている。

Eコマース部門はナイキの成長戦略において重要な位置付けにあり、2020年度までに同部門の売上高を約70億ドルに引き上げることを目指している。だが、達成するには2015年度の売上高12億ドルから年平均成長率42%を維持しなければならないことになり、実現は困難と考えられる。

新たにカナダに加えスイスやノルウェー、チリ、トルコ、メキシコの各国でもインターネット販売を開始したことから、同部門の2016年度の販売は全体として、順調だった。だが、2017年度第3四半期(2016年12月~2017年2月)には減速、売上高の伸びは18%にとどまった。年度初めから同四半期末までの売上高は35%近い成長を記録したものの、目標の42%には及ばなかった。

女性向け商品

メンズとレディース部門を合わせた売上高のうち、レディースが占める割合は約29%。ナイキは2020年度までに、レディース部門の売上高を2015年度の57億ドルから110億ドル増やしたい考えだ。これに向け、すでに複数の女性向け商品専用の店舗も開設している。

(アスレチックとレジャーを合わせた)アスレジャー市場はここ数年にわたって力強い成長を遂げており、ナイキは同市場の需要を取り込み、売り上げをさらに伸ばしたい考え。レディース部門は2017年度初め以降、メンズ部門を上回る2桁成長のペースを維持している。

ジョーダンブランド

ジョーダンブランドの売上高は、倍増を目指しており、2020年度までに年間売上高およそ45億ドルの実現を狙う。だが、フットウェア市場では2017年度初め以降、主にアディダス、アンダーアーマーとの競争が激化している。

アンダーアーマーがバスケットボールのステファン・カリー選手と契約したことで、同社のシューズはカリー選手の人気に後押しされ、ナイキが展開するいずれの人気選手シリーズも上回る販売数を記録している。ナイキは失った市場シェアを一部でも取り戻そうと「KD(ケビン・デュラント)」や「レブロン」シリーズの廉価版を投入したが、これらは利ざやの減少につながっている。

国内市場での競争圧力を考えると、ナイキが野心的な目標を達成するためには国外での販売に重点を置く必要があるだろう。

目標達成は可能か

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビル・ゲイツが推薦する「この夏の必読書」5冊とその中身

2017-05-31 22:19:16 | ブログ

ビル・ゲイツが推薦する「この夏の必読書」5冊とその中身



読書家として知られ、数多くの長文レビューをブログ「gatesnotes」で公開しているビル・ゲイツが、恒例の「この夏の必読書」を発表した。ゲイツの視野を広げる手助けになったという5冊の内容と、ゲイツのコメントを紹介する。(カッコ内の年は英語版の刊行年)

「A Full Life」(2015年)ジミー・カーター著

第39代アメリカ合衆国大統領を務めたジミー・カーターが90年の人生を振り返る自叙伝。カーターは第二次世界大戦以降のグローバル社会のモラルの変遷を率直な言葉で綴り、「世界の様々な地域で憎しみ、敵意、偏見がより受け入れられるようになった」と結論づける。ゲイツはカーターの私的な側面に注目し、「ジョージア州の田舎の水道も電気も断熱材もない家で育った経験が、良くも悪くも、ホワイハウス在任中の彼の業績を形作ったことがよくわかる本」と紹介。

「Born a Crime」(2016年)トレバー・ノア著

米政治コメディ番組「ザ・デイリー・ショー」のホストとして知られる人気若手コメディアンが、南アフリカでの波乱に満ちた少年時代を綴った回顧録。ショービジネスで成功するまでの紆余曲折が、ユーモラスかつ思慮深いエピソードの数々を通して描かれる。「毎晩(ノアの)トークを聞いている人ならわかるだろうが、彼はどんな感動的な話も笑いに変える」とゲイツ。(「犯罪として生まれて」という題名は、異人種間の結婚が違法だったアパルトヘイト時代に、黒人の母と白人の父の間に生まれたノアの出自を指す)

「ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち」(2016年)J.D.ヴァンス著

米大統領選イヤーの2016年、多くの識者がアメリカの分断について論じた中で、白人労働者階級の実態に最も肉薄した一冊として評価された回想録。著者のヴァンスはオハイオ州の貧しい労働者家庭に生まれ育ち、法律と金融の世界でキャリアを築いた。ゲイツは「貧困の裏にある、複雑な家族や文化の問題の本質に迫る」と評すると同時に、「真に素晴らしいのは著者の物語と、それを語った著者の勇気である」と称賛。

「Homo Deus: A Brief History of Tomorrow」(2017年) ユヴァル・ノア・ハラリ著

ゲイツが昨夏の必読書に選んだ世界的ベストセラー「サピエンス全史」の続編にあたる書。歴史学者でイスラエルのヘブライ大学教授の著者が、人類の脅威がかつての「戦争、疫病、飢餓」から、より形而上学的な問題に変化しつつある現代社会の次のチャレンジを考察する。ゲイツは「ハラリの意見すべてに賛同するわけではないが、彼の人類の未来を見据える目は鋭い」と評価。

「The Heart」(2016年)メイリス・ド・ケランガル著

ノンフィクションを好むゲイツが選んだ唯一の小説は、フランスの女性作家によるもの(フランス語版は2014年刊行)。自動車事故で脳死状態になった19歳の少年の心臓が病気の女性に移植される過程を追いながら、家族や医療関係者の葛藤を通して、死、喪失、青春、癒しといったテーマを描く。ゲイツはレビューの中で「ド・ケランガルによる喪失の悲しみの描写はまるで詩のようだ」と述べている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

《鬼推薦》1番稼げる副業を紹介します。

2017-05-31 18:59:26 | ブログ

《鬼推薦》1番稼げる副業を紹介します。

これで稼げなかったら、もう終わりです。

皆川です。

僕が、『今』1番推薦する
プロジェクトが遂に始まりました。

稼ぐのではなく『受け取る』

今回の稼ぎ方は、僕の読者さん限定で、
プロジェクトに無料参加するだけで、

毎月100万円を無条件で貰える稼ぎ方です。

以下のリンクより、今すぐご確認下さい。

→ http://izumidragon.com/lp/12124/572013

今回のプロジェクト主催者は、
僕の友人でもあり、毎年27億円稼ぐ尊敬する方です。

その27億円を僕の読者さん限定で
平等に分配をする、というプロジェクトです。

僕も登録しました。

あなたには本気で毎月100万円を受け取って欲しいです。
今すぐチェックをして下さい。

→ http://izumidragon.com/lp/12124/572013

それでは。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加