貧乏は完治する病。

貧乏は自分が作ったモノ病は完治出来ます。環境さえ整えばお金ば勝手に着いてきます。

お尻振りコンテストで見事優勝! 

2016-09-18 21:21:25 | ブログ
お尻振りコンテストで見事優勝! しかし、彼女の職業が原因で思わぬ騒動に…


アメリカ人のクラリッサさん。

メキシコのリゾート地、カボ・サン・ルーカスでのバカンス中に、ちょっとファンキーなコンテストに出場しました。

お尻振りコンテスト

「旅の恥はかき捨て」ではありませんが、ちょっと調子に乗ってしまったのかもしれません。この判断が後に大きな問題を引き起こします…

並みいる強豪を退けて優勝

「お尻振りコンテスト」のルールは簡単。

いかに情熱的に、リズミカルにお尻を振ることができるか

それに尽きます(笑)

そして、何とクラリッサさんはこの素晴らしいコンテストで優勝してしまったのです!

動画が残されていますが、かなり過激なので心臓の弱い方は、後半はスキップすることをオススメします。

じょ、情熱的!!!

審査員なのでしょうか?男性が完全に、お触りをしています…これはアウトですね(笑)

少しやり過ぎな気もしますが、周囲の人たちも含めて、皆楽しそうなのでメキシコでは、こんなノリなのかもしれません♪

勤務先にバレてまさかの解雇?

クラリッサさんのパフォーマンスが素晴らしすぎたのか、このコンテストの模様は瞬く間に広がります。

そして、クラリッサさんの勤務先である学校が知るところになったのです。

そう、何と彼女は先生だったのです!!!

学校はすぐにクラリッサさんの解雇を決定します。しかし、納得のいかないクラリッサさんはこう反論します。

「これは単なるダンス・コンテストじゃない。
このコンテストだけを見て、私という人間を判断してほしくない」

「それにコンテストに出場したのはプライベートな時間よ。
勤務時間に出場したわけじゃない!」

クラリッサさんの言い分にも一理ありますが、学校側の気持ちも理解できます。

あれだけ過激にお尻を振っていた人が先生となると、保護者の反発も含め、色々と問題が起こってしまいそうな気がするのも…

もちろん、法律を犯したわけでも、勤務中にお尻を振っていたわけでもありません。

あくまでもプライベートな時間に出場したコンテストでの出来事…クラリッサさんは訴訟も視野に学校側との話し合いを進めるようですが、どういった結末を迎えるかが見えにくい問題ですね。

https://youtu.be/3Wq7H877LvQ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちゃび先生のHappyLIFEセミナー | トップ | 何でもできるレトリバー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL