貧乏は完治する病。

貧乏は自分が作ったモノ病は完治出来ます。環境さえ整えばお金ば勝手に着いてきます。

9歳の自分の息子がガンでこの世をさったのに母親が一滴も涙を流さなかった理由に胸が熱くなる…!

2017-03-07 23:19:22 | ブログ


9歳の自分の息子がガンでこの世をさったのに母親が一滴も涙を流さなかった理由に胸が熱くなる…!



2007年に出版された、『がんばれば,幸せになれるよ』という本をご存知ですか?

これは、小児がんと闘った少年が遺した言葉の数々をその母が綴ったものです。

母と子の9年間の愛情と涙の軌跡。

誰もが涙する9歳の少年、山崎直也君の短くも壮絶な人生をここにご紹介します。

わんぱくな坊やが…

山崎直也君は1992年に神奈川県で生まれました。

小さな時はとてもわんぱくな男の子でした。

その元気いっぱいの直也君に悲劇が訪れたのは、5歳の頃でした。直也君は『ユーイング肉腫』に侵されてしまったのです。

ユーイング肉腫とは10万人に1人の割合で発症する悪性のガン。

骨のガンであるために転移しやすく、再発を防ぐために強い放射線と抗がん剤での治療を必要としました。

直也君は腫瘍が切除されたあとも抗がん剤の副作用に苦しむ日々が続きました。直也君は一時的に学校に通うこともできたのですが再発と手術を繰り返し、

ついには病院で寝たきりの生活になってしまいました。

つらい闘病生活の中で直也君がお母さんに遺した宝石のような言葉の花束を、

是非次のページでご覧ください。

「あのね、ナオは今死ねないんだよ。お母さんの心の準備ができていないから。今はまだ死ねないんだよ」

「もし、ナオが死んでも暗くなっちゃダメだよ。明るく元気に生きなきゃダメだよ。」

「身は滅びても命は永遠だよ」
敬子さんの手記はテレビや新聞などで大きく取り上げられ、話題となりました。

もう助からないとわかっていながら、生きることを最後まで諦めなかった直也君。

そして、家族を悲しませまいとする直也君の愛情あふれる言葉の数々。

「頑張れば幸せになれるよ」

直也君のこの言葉は大人でさえも勇気を与えられますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高級ブランドが発売したスニ... | トップ | 「チン貸情報ってか」物件紹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL