貧乏は完治する病。

貧乏は自分が作ったモノ病は完治出来ます。環境さえ整えばお金ば勝手に着いてきます。

空き家を勝手にシェアハウスにして年間2400万円を稼ぐ男―

2017-03-07 16:07:03 | ブログ

空き家を勝手にシェアハウスにして年間2400万円を稼ぐ男―

―クレイジーすぎる「裏副業」の実態 この世には、「法律やモラルは関係なし。儲かればよし!」をモットーに荒稼ぎする猛者たちがいる。その手法を聞くと決して猿真似は現金だが、鮮やかな手口の連続だった。世間でひっそり営まれる“裏副業”の実態とは? ここではひとつの実例を紹介しよう。

【勝手にシェアハウス運営】
◆空き家問題を逆手に取り、年間2400万円増収!

 池袋北口から徒歩5分。築40数年の老朽化した雑居ビルに“現場”はあった。エントランスの郵便受けを見ると、中国語の書かれたプレートがずらりと並んでいる。山村康太(仮名・42歳)はこのビルの空室を利用して、とんでもない副業を営んでいた。

「シェアハウスと民泊を、こっそり営んでます。秘密の副業です」

 本業は居酒屋で店長をしているという山村氏。“こっそり”とはどういうことか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 決算不振のコスト、アメリカ... | トップ | いわゆる“都市伝説”は、裾野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL