貧乏は完治する病です。

一度きりの人生ですから楽しまなく過ごさなくては

画期的な痴漢撃退法

2016-10-19 05:44:45 | ブログ


【画期的な痴漢撃退法】毎日痴漢の被害にあっていた女子高生の痴漢対策法が話題
痴漢行為とは主に満員電車や夜道などで他人に対してわいせつな行為をはたらくこと。もちろん犯罪行為です。
しかし、実際に被害報告されず確認されていない痴漢が多く存在することをご存じですか?

そんな痴漢犯を逃さないために、そして痴漢の被害から女性たちを守るために、ある画期的な方法が発案されたのです。

痴漢の検挙件数は年間なんと約3800件2011年に警視庁が作成した『痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書』によると、痴漢による検挙件数は約3,800件にも上るのです。
しかし、この数字はあくまでも『検挙された件数』であり、羞恥心などから被害申告をしない人も多数存在すると言われています。
あるデータでは痴漢被害にあった女性の約9割が警察に報告しない、つまり’泣き寝入り’状態にあるとも…。
痴漢被害を防ぐ新しい取り組みこれは「缶バッジをつけて身を守ろう~Stop Chikan Badge」というプロジェクトの一環で、「痴漢防止バッジ」をつけようという取り組み。
缶バッジをつけていれば痴漢に狙われにくくなるだけではなく、痴漢行為自体も減らすことを目的としています。
これによって痴漢の冤罪も少なくなるかもしれません。
考えたのは女子高生とその母親この画期的なアイディアを形にしたのは入学してから1年間、通学電車で毎日のように痴漢被害にあっていた女子高生。
「私は泣き寝入りしません。痴漢は犯罪です!」と書いたプラカードを作り、身につけて登下校するようになって以来、痴漢の被害に合うことはありませんでした。
これがこの缶バッジの原点でした。

彼女は母親と一緒に、痴漢被害防止バッジの原案を考案。
この痴漢防止バッジは商品化に向け、クラウドファンディングを開始し、無事に商品化もされました。
販売開始になると、全国から多くの注文が殺到し、目標金額の300%以上が集まったため、バッジの無料配布活動も行うことができました。
痴漢行為とは主に満員電車や夜道などで他人に対してわいせつな行為をはたらくこと。もちろん犯罪行為です。
しかし、実際に被害報告されず確認されていない痴漢が多く存在することをご存じですか?

そんな痴漢犯を逃さないために、そして痴漢の被害から女性たちを守るために、ある画期的な方法が発案されたのです。

【関連記事】

【あなたはどれ?】つり革の持ち方のパターンを考察したイラスト



【男性必見】もしも、痴漢と間違われたら…自分で“110番”すべし!?
痴漢の検挙件数は年間なんと約3800件
2011年に警視庁が作成した『痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書』によると、痴漢による検挙件数は約3,800件にも上るのです。
しかし、この数字はあくまでも『検挙された件数』であり、羞恥心などから被害申告をしない人も多数存在すると言われています。
あるデータでは痴漢被害にあった女性の約9割が警察に報告しない、つまり’泣き寝入り’状態にあるとも…。
痴漢被害を防ぐ新しい取り組み
これは「缶バッジをつけて身を守ろう~Stop Chikan Badge」というプロジェクトの一環で、「痴漢防止バッジ」をつけようという取り組み。
缶バッジをつけていれば痴漢に狙われにくくなるだけではなく、痴漢行為自体も減らすことを目的としています。
これによって痴漢の冤罪も少なくなるかもしれません。
考えたのは女子高生とその母親
この画期的なアイディアを形にしたのは入学してから1年間、通学電車で毎日のように痴漢被害にあっていた女子高生。
「私は泣き寝入りしません。痴漢は犯罪です!」と書いたプラカードを作り、身につけて登下校するようになって以来、痴漢の被害に合うことはありませんでした。
これがこの缶バッジの原点でした。

彼女は母親と一緒に、痴漢被害防止バッジの原案を考案。
この痴漢防止バッジは商品化に向け、クラウドファンディングを開始し、無事に商品化もされました。
販売開始になると、全国から多くの注文が殺到し、目標金額の300%以上が集まったため、バッジの無料配布活動も行うことができました。
痴漢との戦いは続く
痴漢被害者は精神的にショックを受け、なかには電車に乗ることができなくなってしまう人もいます。
一瞬の出来事でも、一生のトラウマになってしまうこともあります。

そんな劣悪な痴漢犯罪を撲滅するため「痴漢防止バッジ」がもっと一般的に普及され、ひとりでも多くの被害者がいなくなるといいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の夜の悪夢...自らの命を... | トップ | おはようございます。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL