貧乏は完治する病。

貧乏は自分が作ったモノ病は完治出来ます。

300年前の“美少女ミイラ”が目を開く瞬間が怖すぎる!

2016-11-02 19:31:33 | ブログ

【動画】300年前の“美少女ミイラ”が目を開く瞬間が怖すぎる! 父親に刺殺された恨みか?

 人間が亡くなるとその肉体はそれぞれの地域の風習にならって葬られるが、稀に亡くなった時のままの姿で長い年月を経てから、人々の注目を浴びる遺体がある。今回は世界中から観光客が集まるほどの美しい遺体に起きた事件を報じた9月24日付の「Mirror」をご紹介したい。


■静かに眠る聖なる少女に驚きの変化が!?

 メキシコの中西部に位置するハリスコ州の州都、グアダラハラはその美しさから「西部の真珠」と呼ばれて愛されてきた。1541年に建設されたグアダラハラ大聖堂には「サンタ・イノセンシア」(穢れを知らぬ聖なる人)と呼ばれ、あどけなさの残る顔で純白のドレスに包まれた少女の遺体が300年もの間、ガラスケースの中で眠っている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/11/post_11345.html】

 ある時、大聖堂を訪れた男性観光客がツアーに参加し、その様子を動画で撮影した。カメラが大きく揺れた後に少女の顔をとらえた瞬間、動くはずのない遺体のまぶたが開いたように見えたのだ。画像が少々荒かったことや、男性もまさか少女が目を開けるとは思っていなかったのだろう、家族の指摘があるまで気付かなかったと話している。

■奪われた未来…少女の悲しい運命とは!?

 世界中からその姿を見ようと訪れる人々が見つめる中、静かに横たわるサンタ・イノセンシアは何故若くして亡くなったのだろうか。

 サンタ・イノセンシアについては諸説あるが最も有名とされる説は300年前、メキシコ人であった少女がキリスト教で重要視される聖体拝領(キリストの血肉になったと言われるパンとぶどう酒を口にすることで自身の肉体にキリストの一部を取り入れる儀式)のために友人と教会に行こうと思っていたが、父親に強く反対されていた。

 しかし、少女の通っていた学校の尼僧に招かれた少女は父親の反対を押し切り聖体拝領を終えてしまったのだ。それを知った父親は激高し、少女を刃物で刺してしまった。我にかえった父親は自らが犯した行為を嘆き叫びながら家を飛び出してしまったと言われている。近所の住人たちは様子を見に家へ入り、息絶える寸前の少女を見つけるとそのまま大聖堂へ運び少女を看取った。

 少女は実の父親の反対に従わず神への信仰を命がけで守ったことから聖人、聖少女として丁重に扱われ、遺体には防腐処理が施された。そして現在はその遺体が奇跡の証としてグアダラハラ大聖堂を訪れる人々に希望を与え続けている。

■悪魔の仕業か!? 注目を集め続ける聖少女!!

 映像を撮影した男性が動画サイトに投稿すると再生回数は瞬く間に増え、現在は160万回に届きそうな勢いである(10月29日現在)。しかし書き込まれたコメントの大多数は辛辣なものが少なくない。そのいくつかを見ていただきたい。

「画面がぼやけた瞬間に目が開くのっておかしいよね」

「どうしてこういう映像って画質が悪いんだろう」

「どう見ても偽物じゃないの!!」

「悪魔の仕業だな(笑)」

「まるで本物みたいだね(笑)」

 など、批判というよりは嘲笑というイメージの漂うコメントの数々だが、確かに合成だと言われても仕方がない映像かもしれない。実際に現物を自分の目で見てみたいものだ。

 しかしもしも少女の瞬きが本物だとしたら……。300年の時を越えてサンタ・イノセンシアは私たちに何を訴えたかったのだろうか。少女の眠りが安らかであるように心から願う。
(文=清水ミロ)引用
https://youtu.be/wXVBN14IXO0
※イメージ画像は、「Thinkstock」より
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« なんとパン生地に学習能力が... | トップ | 写真ニュース「ああああ...」... »

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL