貧乏は完治する病。

貧乏は自分が作ったモノ病は完治出来ます。環境さえ整えばお金ば勝手に着いてきます。

「息子の津軽弁、アクセント違う」で未遂に

2017-05-19 16:50:15 | ブログ

「息子の津軽弁、アクセント違う」で未遂に「息子の津軽弁、アクセント違う」で未遂に「息子の津軽弁、アクセント違う」で未遂に

オレオレ詐欺:「息子の津軽弁、アクセント違う」で未遂に


写真はイメージ=ゲッティ
青森・弘前 70歳代の女性宅に現金要求の不審電話
 青森県弘前市で、70歳代の女性宅に津軽弁で息子のふりをした男から現金を要求する不審電話があったことが分かった。女性は息子の津軽弁とアクセントが違うことに気付き、被害を免れた。青森県内で津軽弁を使ったオレオレ詐欺の不審電話が確認されたのは初めてという。
 県警によると、16日午後7時ごろ、息子の名前を名乗る男から「へんとう腺がはれて病院に行く」「明日電話をするからお母さんいるべか」などと電話があった。翌17日午前10時ごろ、再び電話があり、自分が同僚と会社の金を使い込んだと伝えて「370万円を現金で準備してほしい」と話した。
 最初の電話は、病気を理由に息子と声が違うのをごまかすためとみられるが、女性は男が話す津軽弁のアクセントに違和感を覚え、県警弘前署に通報した。【佐藤裕太】
毎日引用
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 80歳運転「ハンドル誤り」... | トップ | 試食をやつてました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL