貧乏は完治する病。

貧乏は自分が作ったモノ病は完治出来ます。

【仮想通貨インサイダー速報】このコインが次に値上がる理由

2017-09-21 23:49:13 | ブログ
【仮想通貨インサイダー速報】このコインが次に値上がる理由


仮想通貨の過去、現在、未来、
そして次に値上がる仮想通貨までが
ここで無料で手に入ります。

→ http://inprester.biz/item/79665/9872/

お世話になります。
皆川です。

『仮想通貨って何か怪しい。』
『仮想の通貨にお金掛ける意味がわからない。』
『基本、仮想通貨は詐欺ですよね。』

そんな情報弱者の方がまだ多いですよね^^;

でも、仮想通貨の存在意義とか、
仮想通貨の機能的な価値とか、
ブロックチェーン技術とか…

ちゃんと勉強している人から見ると、
全く違った答えになります。

・ビットコインはまだまだ値上がる
・このアルトコインも必ず値上がる
・仮想通貨バブルはまだ続く

勉強すればするほど、
そういった答えになります。

ただ、何となく難しそうに聞こえちゃうんですけど、
こちらで無料でプレゼントされている

”仮想通貨未来予想マニュアル”

を読むだけでも、
凄く分かりやすく理解できると思います
→http://inprester.biz/item/79665/9872/

タイトルだけ見ても面白いです。

【仮想通貨ビットコインはいつ誕生したの?】

【2009 年 ビットコインの取引のはじまり】

【2010 年 ビットコイン実店舗での決済のはじまり】

【2011 年 ビットコインの注目&急激の高騰】

【2012 年 ビットコインマイニング半減期】

【2013 年 キプロス危機によるビットコイン急騰】

★【2014 年 日本中でビットコイン=詐欺というイメージの 蔓延】

【2015 年マウントゴックス社長逮捕
日本でのビットコイ ンへの不信はぬぐい切れず】

【2016 年 仮想通貨法によるビットコインの
 投資・投機が 活発化、2回目の半減期】

【2017 年 史上最高額更新、仮想通貨元年、日本でも法 整備開始】

【仮想通貨未来予想】

【ビットコインの終焉】

【値上がりが期待できる具体的なコイン】


仮想通貨の過去から、現在、そして未来予想。

全く仮想通貨を知らない人も、
仮想通貨投資をバリバリやってる人も、

めちゃくちゃ分かりやすくてためになるので
ぜひ無料で読んでみて下さい!

→ http://inprester.biz/item/79665/9872/

【仮想通貨未来予想】 の中身を、
少しだけ抜粋しますね。

 ↓  ↓  ↓  

さて、これらの過去の事例をふまえ
これから仮想通貨はどのようになっていくでしょうか。

未来予想をしていきましょう。

まず、最初に申し上げますと
ビットコインはこれからも価格は上昇し続けるでしょう。

現在世界の0.8%の人々が仮想通貨市場に参加しています。

そしてこのあとの 8 ヶ月で2%の人が参加してくる予想数値が出ています。

さらに数年以内に3%の人が参加してくる予想が出ています。

現在の時価総額が15兆円だとした場合、
現在2.5倍の人が市場に参加した時、
市場の時価総額は今の2.5倍の37.5兆円になるのではなく

需給バランスからの値上りが大きく起こるため、
時価総額は50兆円超え てくると予想できます。

更には全世界の3%の人が参加した時には
同様に現在に比較して4倍弱の市場参加者になりますので

そのときには80?100兆円程度規模になるのではないかといえます。

これらを踏まえると、

2017 年中にはビットコインの価格は
※※※※※円程度になる予想が出来ます。
(ここは本編で確認してね!)

そして 2018 年 12 月までには
※※※※※円以上になってくることも予想が出来ます。
(ここは本編で確認してね!)

当然、これから下がったりもすると思いますが
それでも 1 年という期間を見れば、

ビットコインや他のアルトコインを持っているだけで、
今参加している人 100%全員が資産を増やすことが出来るのです。

===引用ここまで===

さて、

今参加している人
100%全員が資産を増やすことが出来るのです。

という仮想通貨投資ですが、
興味出てきましたか?

本当に今は仮想通貨投資をやってないと
勿体無い時代なので、
ぜひこちらで勉強しながら実践してみてください。

→ http://inprester.biz/item/79665/9872/

基礎から実践までマニュアル&サポート付きで
完全無料で教えてもらえます!




コメント

Amazonが海運事業へと進出

2017-09-21 23:36:20 | ブログ

Amazonが海運事業へと進出
人によっては生活に欠かせない存在となっているAmazonが、いよいよ自ら海運を手掛けるための一歩を踏み出したことが明らかになりました。
資料では、会社名が「Beijing Century JOYO Courier Service Co.Ltd,」で、商号が「Amazon China」となっています。JOYOは2004年にAmazonが買収した中国最大級のオンライン小売業者です。

なぜ「Amazon」ではなく「Amazon China」の事業という形を取っているのかについて、Flexportはこの海運事業がアメリカにいる買い手より、中国の売り手にとって魅力的なものだからと推測しています。

また、なぜ海運なのかという点については、現在、海運の運用コストが安いことが挙げられています。例えば、2016年1月時点のデータで、海上輸送で用いられるコンテナの標準サイズである40フィートコンテナ1つを深圳からロサンゼルスまで運ぶ輸送費は1300ドル(約15万円)未満。コンテナには小包だと1万個以上は入るので、輸送費は小包1つあたり0.14ドル(約17円)ほどになるとのこと。また、薄型テレビを太平洋を横断して運ぶと輸送費は10ドル(約1180円)未満だそうです。

見方を変えると、物流にかかるコストの多くは人件費などにかかっているということ。「通常の運輸会社はAmazonがやっていることの自動化できていない」と言われるほど合理化・自動化を推し進めているAmazonであれば、海運においてもその運用でかかってくるコストを大幅にカットすることができるのではないかと考えられています。さらに、生産した場所から消費者まで製品を直接届けられるようになれば、倉庫での取り扱いにかかる費用も削減可能です。

Flexportは、これまで20年間のAmazonの動きから、輸送費は限界原価に近いものになるのではないかと期待を寄せています。
コメント

自動売買ツールが無料(0円)でダウンロード出来ます!

2017-09-21 23:13:27 | ブログ

自動売買ツールが無料(0円)でダウンロード出来ます!

※今回は号外広告版として、
広告主様からの特別なご案内です。


インストールするだけで、
パソコンが勝手に現金を自動収集する
自動売買ツールが無料で
ダウンロード可能です。

永続的にずっと無料で使えて、
しかも、公開から15ヶ月連続で
ずっと利益を出して
稼ぎ続けている自動ソフトです。

無料なので、まずは
ダウンロードしても損はないですね

↓↓
⇒ http://freeclub.jp/lp/14344/61532/


初めまして。

15ヶ月連続黒字更新!
自動売買ソフト【CCG】

開発者の藤田勇です。


プレゼント開始して間もないのですが、
口コミでの広がりが想像以上あり
大変嬉しく思っております。


『なぜ、こんな凄いソフトを
無料でプレゼントしているのか?』


こちらのページでお話している
私のビジョンに共感して頂けた
投資家の方が多いようですね。

↓↓
⇒ http://freeclub.jp/lp/14344/61532/



プレゼントする際に
ご質問が多かったので、
先にお約束させて頂きます。



【貴方への約束】
自動売買ソフトCCGは、
貴方から一切お金をいただかずに
必ず完全無料でプレゼントします。



一切お金はいただきません。
30日間だけ無料とか、
そんなケチなことも言いません。

CCGは無料で受け取れて、
なおかつその後も永久的に
無料で使い続けることが出来ます。


また、無料登録後に
5万円とか10万円、30万円といった
有料商品を売りつけたりなども
一切ありません。


完全無料でFX自動売買ツールを
プレゼントさせていただきます。

↓↓
⇒ http://freeclub.jp/lp/14344/61532/


私は10年以上、
主に投資家として活動してきました。

株式トレードからFX、
バイナリーなどの
トレーディングカンパニーを中心に

不動産投資、Airbnb投資、
暗号通貨投資、
ベンチャー企業投資などを
行っています。

若手起業家へ資金を投資し、
複数社の経営もしています。

基本的に投資家なので、

CCGの販売や投資スクール、
その他の商材の販売などで
利益を得ようとは考えていません。

今回のプレゼントをキッカケに、
私が執筆させて頂いている
メールマガジンを購読して頂く。

この購読者の中から、
私のビジョンである

【100人のベンチャー投資家集団を作る】

という事に共感して頂ける方が現れれば、
他に何も対価を求めることはしません。

↓↓
⇒ http://freeclub.jp/lp/14344/61532/


投資家として、
ある程度の人脈を得た今、


『上質な情報が
自然と集まってくる環境』


こちらを得ることが出来ました。

これまでは沢山の大きな失敗も経験し、
そこから何度でも這い上がってきました。

そして現在、
安定して資産を増やしている理由は

・確かな情報を得られる環境
・情報を見極める目

これを手に入れたからだ
と考えています。

この環境と、情報を見極める目、
2つを読者の方にも
手に入れて頂くべく、


日々価値のある情報の配信を
心がけております。


価値を感じなければ
いつでも購読解除できるように、


毎回の配信で解除リンクを
明記させて頂いております。

ですので、
まずはプレゼントを受け取って頂き、


日々の配信を通して少しづつ、
信頼関係を築いていけたら幸いです。

↓↓
⇒ http://freeclub.jp/lp/14344/61532/



投資で利益を得られていること以外にも、

沢山の仲間にご協力頂いたことで
執筆に専念できるようになりました。

以下のページから、
メールアドレスをご登録いただき、
ぜひプレゼントをお受け取り下さい。

そして、今後とも末永いお付き合いを
よろしくお願い致します。

⇒ http://freeclub.jp/lp/14344/61532/↓


藤田 勇






























コメント

社会的地位が高く、80歳になっても安定収入の「新ビジネスモデル」(無料)

2017-09-21 22:56:30 | ブログ


社会的地位が高く、80歳になっても安定収入の「新ビジネスモデル」(無料)
皆川です、

アンソニー・ロビンズなどの
世界の一流マーケッターを
日本に紹介した
「セミナーズの清水康一朗さん」



カリスマ講師養成講座で有名で
人前でいきなり炎を出したりする
「渋谷文武さん」が

タッグを組んで

【新しい100億円規模のプロジェクト】
を開始するそうです。これは必見です。

↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1486815/NRtYl1FW-8MwllmHJ/


コメント

「セブン自販機」の"こだわり"は? 稼動わずか5台の超レア自販機を見てきた

2017-09-21 22:52:49 | ブログ

「セブン自販機」の"こだわり"は? 稼動わずか5台の超レア自販機を見てきた

●セブン自販機のこだわり
セブン‐イレブン・ジャパンがテスト設置を進める「セブン自販機」。まだ、わずか5台しか稼動していないという超レアな自動販売機を見てきた。

○セブンがこだわったこと

9月19日に発表された「セブン自販機」。一般的な自販機と違うのかと問われたら、答えは"違う"だ。セブン自販機は一言でいえば、軽食を中心にした品揃えの食品自販機だ。

おにぎり、パン、サンドイッチといった軽食メインの品揃えで、セブンのオリジナル商品が中心のラインナップとなる。大小2台の自販機が連結されており、大が60アイテム、小が15アイテムの計75アイテムを販売できるようになっている。

購入する際は、お金を入れてお目当ての商品を選択、ボタンを押すと、選択した商品が運搬され、取り出し口から出てくる仕組みだ。

一連の動作は普通の自販機と変わらないが、違うところもある。それは温度管理だ。セブンは「店頭と同じ商品を同じ品質で提供する」という考えにこだわった。下に行くほど自販機内の温度が低くなっており、商品ごとに適切な温度で管理されている。当初は既存の自販機を活用しようとしたがうまくいかず、試行錯誤を重ねたという。

店頭と同じものとなると、時間の経過とともに品質が落ちるが、タイムアウトとなったものは販売しない自動販売停止機能も付けた。店頭と同じ品質を提供するという考えが貫かれていることがわかる。

ちなみに、商品は売れ行き次第で入れ替えていく。商品の補充など運営・管理は近隣の店舗が担当することになり、売上もその店舗に計上される仕組みだ。

●セブン自販機はどこに置かれる?
○数は少ないがニーズはありそう

セブン自販機は品揃えも品質、運営も含めて、"ミニセブン"と呼べるような存在だが、残念ながら、お目にかかれる機会は少ない。

現在はテスト段階にあり、稼動するのはわずか5台。今年度中に100台、来年度中に500台の設置を目指すというがそれでも少ない。加えて、オフィスビル、工場、物流センター、学校の休憩所や食堂など、オープンではなくクローズドな場所への設置を目的としているからだ。

しかし、ニーズは多分にありそうだ。たとえば、高層ビルの高層階で働く人をイメージしてほしい。小腹を満たすために、コンビニのある1Fに行くには、面倒に感じるときもある。そんなときにセブン自販機があったら、と思えるはずだ。オフィスに、オフィスグリコが広まったように、セブン自販機にも商機はありそうだ。

課題があるとすれば、設置にあたってビル所有者などへの許可取得が不可欠なこと。また、運営・管理を担当する近隣店舗の負担がどの程度のものか、日販をどの程度押し上げるのか、といったところだろう。このあたりは検証段階にあり現段階では何とも言えない。消費者、不動産の権利所有者、販売、3者が設置を望む方向に進むことに期待したい。

コメント