神からのメッセージ  光であるあなたへ

あなたの光を取り戻すために

土地のエネルギー 〜性質②〜

2016年10月19日 | 日記

<天川(奈良)>
行くべきではありません 闇が深くなります 闇多し場所 魔多し場所 光が届かない場所 閉ざされた場所 

力失いし者来る場所、力を取り戻し自身が何者であるか気づきたい為に 自身を忘れた者達が来る場所だから悲しき場所 残念 昔は光があった 
自身の役割に気づく為の岐路である者も行く それも本人次第 葛藤が生まれるから どう生きたいのかに関わってる この場所には、もう上のエネルギーは届いていない 人のエネルギーはある 来る者達のエネルギーなので上との循環がない

<静岡 富士山>
揺れし場所 開けし場所 かつてはエネルギーが下りていた 今は線が細い エネルギーの通り道が残る抜け道 おおどうは下りてこない 枯渇している 上とのつながりが断った クリーンな場所ではない 上のエネルギー(かつてこの場所につながっていた意識)…しばらく行っていない 成長を止めてしまった 我々が下りて(エネルギーが下りて)ないので循環していない 下りていた時はそんなに汚れていなかった もうすでに上からはつながれない 下からの要請がない 下から我々とのつながりを切った

<玉置 (奈良)> 
気が多い 惑わす気が多い 人を惑わす 
土地とそこに集まるもの、深い人のエネルギー、それが人を呼ぶ  闇につながりし場所
そこに行くと光と繋がる事は決してない 身体が重くなる場所 
それはエネルギーを感じるから、惑わす気を感じるから …それも錯覚 一時的なもの それも惑わされていること

<戸隠 (長野)>
男性性の力強さ 物を動かしうる力 聖域 岩、固さ 縛られた場所 封印された場所 長年封印された 凄い力を持っているので封印された 長年隠されてきた場所 
人への影響…病む 力を持つべきでない者も力を持つので、呼ばれて行った人々 部分を感じる その土地の部分(部品)になってしまう=その土地に使われる 人間として生きられなくなる 
それ程強い力 部品になり、使い捨て ここのエネルギーは容赦ない 強い力を持っている 手となり足となり使われる

<北海道>
純粋性取り戻す所も多いが、バランスが整っていない 
バランスが整っていない人がそこに行くと、その人自身の中のバランスが崩れる バランスの整っている人は問題ない 
行くべき所を選ばなくてはいけない 行き先、つながり先は慎重に 楽しむ、用事を済ませるなどだけに行くのは問題はないが、疲れた人が癒しを求めて行くのは、戻ってからバランスを崩し適応しにくくなる

<沖縄>
違う所とつながっている 神戻りし場所だが神はいない かつて住んでいた神もいたが、今はつながっていない つながるべき場所ではないから 上とつながる所すでに無く、残っているのはかけら
人々の意識•闇がそうさせた 今はすでに部分の一部 土地はもう抜け殻 闇多し場所 人が多く集まりすぎた、欲 今は神の戻りし場所ではなくなり 純粋性とはつながっていない

<オーストラリア>
灼熱 踊る ダンス 回る 生み出すエネルギー 大地 熱いものを持っている 回転、スピン 
昔この場所とつながっていた上のエネルギー;昔はエネルギーを生み出す上とつながった大地だった もう少し緑、木々が多く、水、森多く、自然豊かで恵みがあった 雨があまり降らなくなり 自分達の居場所もなくなった だから上に戻った その後、緑はなくなっていき、灼熱 
回る、人のエネルギー的なもの 原住民 ダンス等で風をおこし 上のエネルギーを感じようとしている

<スイス>
輝きの街 ここに来れば輝きを取り戻す 上とつながっている箇所が多い土地 
この場所とつながる上のエネルギー; 純粋性が残っている 人の意識も高い つながりたいと思った心の人が多い 自分を取り戻す為に旅する人がよく行く 自身に気づく旅になる
自然を感じ童心に戻る事が出来、純粋性を取り戻す、呼び起こせる場所 
光とつながっている人(自身を生きている人)が多い 自身の生かし方を知っている人が多い 
純粋性を思い出すならここ       

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指針(道標) 〜自身を見失... | トップ | やる気 モチベーション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。