神からのメッセージ  光であるあなたへ

あなたの光を取り戻すために

土地のエネルギー 性質①  

2016年10月07日 | 日記


伊勢内宮;エネルギーは収縮 隠されているもの 元々は多くの神集まる所だったが すでに残されているのは多くない 時々来る神もいる
その土地の持つ個性→悲しみ 多くの者を犠牲にした悲しみ こだわり クリアーなエネルギーではない どちらかというと負のエネルギー(収縮) 癒されたいと思ってくる人々のエネルギー
人への影響→自身を見失う 闇にまぎれてしまう まやかし まどわされる 道に迷う 
自身の光を見るのではなく、こちらを見なくなる、見る先を間違える 見る先が平行線 行く先を間違える

伊勢外宮;広がりし場所 集いし賑やかな場所 ここに来ると明るく陽気になる 上向きのエネルギー 厚みがある(層を成している)幾重にも重なっている 
人への影響→人への影響はない その場に来る人の思いは重くないので人への影響もない ここに来る人はその時に重たい思いを持ってこない

出雲大社; 欲 (その一言)

白山; 悲しき場所 元は知恵を与える場所だった 知を得たい、学ぶ、知りたい、そういう者が行く 
悲しきの意味は、土地自体は奪われた場所  今ではエネルギー強くない、弱っている 元々はつながっていたが減っていっている

三輪山;素晴らしい エネルギー 日本で限られたエネルギーの降りる場所の一つ 厳しい場所でもある 広がりの場所 成長 上に向いているエネルギー 
土地の意味→枠を取る、外す、つながりを思い出す 縛りを解く 自身の縛りを解きなさい
本来の繋がりし場所を思い出す場所 その為に解き放たれた場所 大きく暖かい 古来からあった場所 汚されていない 唯一 そういう場所の一つ 自身が何者であったかを取り戻す場所  
大神神社→祈りの場所として人が作ったもの  つながりはない

鞍馬山;土地の意味→クリアーでない 守りしものがいない すでに飛び立った後 去った後 
人への影響→そこにまやかし 魔がはいる 惑わす 迷路 去った残骸に魔が入った

竹生島; 聖なる場所 音なる場所 水に守られ汚されていない場所 上の鈴が鳴る 気付きの場所 気付きたい時は行くといい

セドナ;熱く灼熱の太陽、乾燥 個性が死ぬ そこに来た者は個性が死ぬ 太陽のエネルギー強すぎて そこに来た者は錯覚を覚える 貰ったと感じるけれど全ては奪われている 自身の持つ力を奪われているということに気づかなければならない 
大地の持つエネルギーはそんなにキレイなものではない そこに変わりたいと思って来た人達の欲のエネルギーを感じ取ってはなりません そこには多くの欲を持つ者達のエネルギーが集まっている そこに集まるエネルギーの人はクリーンではない 変わろうとする意識は変われなくなる(変われなくなるので、その場所で変わろうとする意識を持ってはならない)
意識が自分を阻害する、その大地のエネルギーを持つべきではありません 

ニューヨーク;悪しき場所 土地のエネルギーは強い 闇多き場所 熱が高い 熱(情熱)を生み出す 熱を持った者が集う場所 光を感じる者も中にはいる 輝き増す者もいる 土地が才能ある者を感じたいと呼ぶ(呼び合う) 土地のエネルギーの意味は‘破壊と再生’パッション 破壊=力 この土地のエネルギーは力•固さ

シリコンバレー;肥沃な土地 生み出す力 開発 土地のエネルギー 人のエネルギー 
生み出す人々 生み出すパワー そのエネルギーを持った人々が来る 人々の意識に働きかける

シアトル; エネルギーは冷たい はっきり 物事をはっきりさせる 結果、答えを導きだすには的確 結果を出しやすい 答えを導きやすい そういう土地のエネルギー あいまいさは許さない 結果を求めたがる、答えを求める人達が来る 結果や答えが欲しい時にはここに来るといい 厳しさもあるが守られている 自然と調和出来ているバランスが取れた場所

ハワイ; エネルギーが届いていない 人々の意識がそうさせた 集まり過ぎた 人々が入り過ぎて汚されてしまった 人々の持つエネルギー(人々の求めるもの)がそうさせた
今のハワイのエネルギーは卑しいエネルギー それは癒しを求めて来る人達のエネルギー 彼らは卑しく奪う 自分が広がる為にその場を感じて調和することで癒されるのではなく卑しく奪っていく 欲

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本 | トップ | 肉体を持つ事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。