五台山カヌークラブ通信

自然豊かな高知で、カヌーに親しむ!

新艇購入!

2018-01-22 23:01:13 | 日記

県体育協会より、新艇を5艇購入していただきました

ミニカヤック3艇とミニカナディアン2艇です。今年度は部員増加により、13名全員が練習に参加すると、小学生が乗る競技艇が不足する状況でした。

今回購入してもらった艇を有効に活用し、今年度以上の成績を残していきたいです ありがとうございます

ミニカヤック 色:うすピンク色

ミニカヤック 色:黄色

ミニカヤック 色:マゼンタ

ミニカナディアン 色:ターコイズブルー

ミニカナディアン 色:瑠璃色

特にカナディアンは、現在五台山カヌークラブでは選手がいません。昨年度より国体種目にも女子カナディアンが入りました。現時点では、日本ではカヤックよりも競技人口は少ないです。今回の購入は、中学部でカナディアンに転向する選手も出てくることも視野に入れてのことです。

来年度は、かわうそカップも県内所有艇でなんとか実施ができそうです。全国初の小学生ミニカヤック大会、来年度はぜひ実施したいです!

県の期待も高まっています。みんなカヌー頑張ろう!

一無尽

たっすいがは、いかん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合宿日程

2017-12-19 23:53:24 | 日記

12月23日(土)~24日(日)の合宿の詳細について載せておきます。

23日は午前9時に浦ノ内に集合してください。なお、浦ノ内への輸送手段がない選手は、鏡川艇庫に8時までに集合してください。パドル、ライフジャケットを各自準備した後、浦ノ内へ向います。直接浦ノ内へ行く選手は、昼食の準備を忘れないようにしてください。鏡川発組は、途中昼食を各自購入します。持ち物は、水上着、ランニングシューズ、体育館シューズ(小学生は、各学校の上履きでいいです)は必ず準備してください。あとは1泊2日分の着替え、必要な選手は帽子、タオル、サンダルを準備してください。歯ブラシ等も各自準備願います。

なお、合宿に必要ない物、高額なものは紛失した場合、責任が持てませんので持ってこないように。

ところで、今日NHKニュースで、ハンガリーのホストタウンについての報道がなされました。また、今日の中学部の丸の内高校との練習には、イルカ、ヒラメ、カニ、タコの4名が参加したようです。明日が中学部が丸の内高校との今年最後のトレです。みんな頑張ろう

本日筋トレ、腕立て35,710回、腹筋38,905回、スクワット38,930回、縄跳び466,500回達成 朝練601日目達成 1カ月ぶりの筋トレ

一無尽

たっすいがは、いかん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習計画(H30.1月)

2017-12-18 23:58:58 | 日記

五台山カヌークラブHPスケジュール欄に、平成30年1月の予定をアップしました。

来月は、高校生の指導が忙しくなり、小学部の練習が3回と少なくなっています。その分、各自で自主トレーニングをしてください。

中学部は丸の内高校との陸上練習日程も多く計画しました。中学校の部活動並みの練習日程となっています。過去最高の20日間の予定 積極的に参加しましょう。陸トレをしっかりやり、水上練習をすることで、来シーズン確実にタイムは速くなります。いかに体力をつけて漕ぎこむかが重要です。

一無尽

たっすいがは、いかん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェコ ロス

2017-12-12 19:55:26 | 日記

10月30日から約1か月間、高知県須崎市に合宿に来ていたチェコ選手団が去ってから、賑やかだった浦ノ内湾が寂しくなっています。この期間、監督やコーチ、選手と川下りをしたり、高校生との交流会を持ったりと、県、須崎市、はるのの湯さん、高知県カヌー協会が連携をしてサポートし、いい合宿を提供できたのではないかと思っています。

高知新聞のWEB記事

高知新聞須崎支局のYさんにもたくさんの関連記事を掲載していただきました。ありごとうございました。

これを一過性に終わらせるのではなく、継続した物になるよう関係機関と連携を図っていきたいです。

どころで来日していた、チェコ選手のフェイスブックやインスタグラムを載せておきます。日本から帰ってからもトレーニングに励んでいます。

ダニエル・ファベル氏のインスタグラム

マーチン・フクサ氏のインスタグラム 五台山竹林寺も載っています 

カッコいい

一無尽

たっすいがは、いかん

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漕法について

2017-11-29 22:20:19 | 日記

10月に府中湖で開催された四国新人大会には、リオオリンピック女子フォアの銀メダリストをはじめとする選手に合う機会があり、漕ぎ方を見ることができました。

ドイツ人選手はみな身長も高く、体格もがっちりしていて、さすがゲルマン民族と言わんばかりの、迫力でした。漕ぎ方はその体格を活かし、キャッチで船を進めるというよりも、パワーで船を進めている感がありました。パドルもブレードが大きいレットマンパドル。

11月にはチェコ共和国のオリンピックチームが須崎に合宿に来ていて、漕法を見ることができました(明日、全選手が帰国します)。チェコ選手の漕ぎは、押し手の位置をやや高い位置から前方に押し出すような漕ぎ(かまえる位置が高いので斜め下に押し出して漕ぐ)をしていた感があります。

そして、4月から高知県に在住のハンガリー人コーチ、ラヨシュ氏の漕法は、押し手を耳の横あたりに構えて、素直に体の回転と共に前に押し出す感があります。

ではどれが一番正解なのか?と考えてみると、それぞれ特徴ある漕ぎですが、大会等の記録からしても全ての漕法が正しいということでしょう。ただ、体格を考えれば、ラヨシュ氏の漕法(ハンガリー)が一番高知県選手に合っているかと思います。

我々指導者も、どの漕法が一番合っているのかを的確に判断し、その漕ぎ方を目移りすることなく極め、選手を指導していくことが重要なのかもしれません。逆に言えば、色々な漕法を「あれも、これも」と取り入れすぎると混乱をまねき、自分らしい漕ぎができなくなる恐れもあるかも?

一無尽

たっすいがは、いかん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習計画(H29.12月)

2017-11-28 22:11:19 | 日記

五台山カヌークラブHP スケジュール欄に12月の予定をアップしました。今月も丸の内高校の陸上練習に参加させてもらうこととなっています。中学部のみなさん積極的に参加しましょう。なお丸の内高校での陸上練習は、平日でしかも高校生が真剣にトレーニングしているので、小学生は参加できません。

12月23日(土)~(日)は浦ノ内で、五台山カヌークラブの合宿を行います。なお、合宿参加の条件は、12月の練習にしっかり参加して体力をつけた者、合宿2日間の全日程参加できる者とします。事前に艇輸送も行わなければなりませんので、参加希望者は早めに連絡をお願いします(艇庫発 8時予定)。宿泊は須崎市内です。

なお、25日~28日には、関西方面の高校と、関東地方の大学が浦ノ内に合宿に来る予定です。五台山カヌークラブも26日~28日の日程で、中学生以上が参加する方向で考えています(鏡川から管理人が送迎予定、全日程日帰り)。

もし小学部の参加者がいましたら、事前連絡をお願いします(送迎は、管理人が高校生の輸送も伴うので、各家庭対応でお願いします)。

一無尽

たっすいがは、いかん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞掲載(チェコ交流会)

2017-11-22 23:42:17 | 日記

平成29年11月20日付高知新聞朝刊に、チェコチームとのフレンドシップイベントの記事が掲載されました。

忙しくて、アップが遅くなりましたが・・・

今日も昨日に引き続き、仕事が終わってから浦ノ内へ艇を取りに行っていました。連日帰宅が22時オーバーです。明日の練習には一生懸命艇も輸送したので、たくさんの方、参加してくださいね!

一無尽。

たっすいがは、いかん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェコ・チームとの交流会

2017-11-19 23:51:10 | 日記

栗本氏の合宿後、高知県で現在約1か月間秋季キャンプを実施している、チェコ共和国とのフレンドシップイベントが15時から開催されました。

リオオリンピック男子K-4銅メダリスト3名と世界選手権のメダリストを含む5名の選手がヤンコーチとともに来てくれました。

左から、ヤコブ・ピッツァラ選手、ルーカス・テレフィル選手、ヤコブ・ザブゼェル選手、ダニエル・ファベル選手、ヤノ・シュテルヴァ選手、ヤン・ソルチェックコーチ(すべて管理人が本人から聞いた名前を日本語にしたため、発音が正確かは不確か)。とにかく体格が大きく2m近い選手がほとんどです

打ち合わせ通り、チェコ選手と高知県選手でK-4に乗ってもらい親睦をはかりました。

ヤコブ・ザブゼェル選手、イルカ、タコ、ヤノ・シュテルヴァ選手によるK-4です。感想を聞くと、ほとんどパドルに力が入らず、軽いパドリングだったそうです。1番手と4番手のみの動力で進んでいたんですね・・・

ヤコブ・ザブゼェル選手、須崎高校生、ヒラメ、ヤノ・シュテルヴァ選手によるK-4です。

高知県選手合計14名が、2艇のK-4でチェコ選手と一緒に漕がせてもらいました。みんな大喜びでした

リオの銅メダルに輝いた選手を含む4人に、K-4の実演を最後にしてもらいました。速かった~

交流イベントのお礼に、参加高校生と五台山カヌークラブで、色紙に各選手の名前を漢字の当て字で書いた色紙をデコレートし、プレゼントしました。それぞれ特色ある色紙を昼休み中に作成して、各選手に代表生徒が手渡ししました。

ルーカス・テレフィル選手へ

ヤコブ・ザブゼェル選手へ 

それぞれの色紙に、チェコ語で「来年も須崎に来てください!」と書きました。そして、ミィーティングではヤンコーチから高知県選手団にメッセージをいただきました。

ミーティング後、各選手からサインもいただきました

ありがとうございました

最後に参加者全員で、記念撮影!

五台山カヌークラブとも、記念写真。みんな大興奮でした

当初約1時間の計画でししたが、大幅に超過し約2時間高知県選手団との交流会を実施していただきました。ヤンコーチ、選手のみなさん本当にありがとうございました。来年も須崎に来てください。そして、来年高知県選手団もチェコに遠征に行きたいと思いました。

ところで、秋季キャンプもほとんどの選手が23日に高知を離れるため、あとわずかとなりました。残りわずかの練習を実りあるものにしてください。また、高知県も満喫してください。

今回、交流会にご尽力いただいた高知県、須崎市、はるのの湯さんをはじめ、関係各位に感謝申し上げます 本当にありがとうございました

一無尽

たっすいがは、いかん

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ち合わせ

2017-11-17 23:58:04 | 日記

今日は日曜日のチェコチームとの交流会について、食事を交えながら打ち合わせを行いました。お互い、いい情報交換ができました。管理人もチェコチームに対する高知県選手側からのアクションも考えつくことができました。

これから、高知県とチェコとのカヌー交流が、さらに深まっていくことを期待しています。

一無尽

たっすいがは、いかん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁淀ブルー 最高!!

2017-11-16 22:14:43 | 日記

今日は、再び休みを取って、チェコ共和国カヌースプリントコーチのヤン氏とペトロ氏を接待しました。今回は仁淀川カヌーツーリング。大学同窓会の時にお世話になったリバークルーズさんに再びお願いしました。天気もPerfect! 前回は台風通過後約1週間で、本来の仁淀川ではなかったですが、今日は本物

管理人もこの1カ月足らずで、3回目のダウンリバー。慣れてきたこともあり、今日は本当に楽しかったです。管理人がカヌーに乗っている写真も今ではレアー。

一筋の飛行機雲もいい

沈下橋前で記念写真

今日の仁淀川! さすが3年連続水質日本一のRiver 

So クリアー

これが今日の仁淀ブルー 

本当に天気も良く、7.5kmの最高のカヌーツーリングができました

最後に参加者全員で記念写真。本日のガイド、KENさん。ありがとうございました。また、スタッフのAyameさん、2回連続大変お世話になりました

ツアー終了後、温泉に入り、Quraudで紙すき体験をした後、土佐市新居にある、もりたうつわ製作所さんで、陶芸も体験してもらいました。2日前の突然の電話依頼にもかかわらず、受け入れいただきました、もりたさん。大変お世話になりました 今後ともよろしくお願いします。

チェコとのつながり、そしてリバークルーズさんとのさらなるつながり、もりたさんとの出会い。今後につながる重要な1日でした。ありがとうございました。ちなみに陶芸の仕上がりは約1か月後。チェココーチには、次回高知に来てくれた時に渡すと告げました(笑)

一無尽

たっすいがは、いかん

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リピーター

2017-11-15 23:52:31 | 日記

今月1日、マーチン・ドクトル氏とオリンピック委員会のヤン氏と吉野川下りをしました。

好評だったようで、チェコチームのコーチから再依頼があり、明日川下りをすることになりました。今回は、3年連続水質日本一の仁淀川を案内することにしました。

しかも、紙漉き体験も良かったようで、明日は選手も紙漉きをしたいと依頼もあり、急遽スケジュールに入れることになりました。急だったのでまだ予約はできてないです

これを機会に高知県選手団が来年チェコにカヌー合宿に行けるように段取ってみたいです。管理人1人で約12名の接待 厳しい〜

一無尽

たっすいがは、いかん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習日程 変更について

2017-11-14 22:07:10 | 日記

11月18日(土)と19日(日)に今年度3回目の栗本ゴルゴ氏によるカヌー講習会が浦ノ内であるため、土日の練習日程を変更しました。五台山カヌークラブHPスケジュール欄で確認お願いします。

以下のように変更となります。

18日(土)池公園での小・中学生の陸上練習は中止とし、小学生は練習がありません。代わりに中学部の水上練習を13時30分、鏡川艇庫集合後、浦ノ内へ水上練習に向かいます。中学生は、管理人が送迎します。

19日(日)は8時に鏡川艇庫に中学生は集合してください。浦ノ内に橋本が送迎します。出来る限りこの日の送迎は、各家庭対応で浦ノ内にお願いします。管理人が高校生を送迎しないといけないため、小中学生の輸送ができません。

小学生に関しては配車の関係上、送迎ができないので、各家庭対応もしくは乗り合わせの上、浦ノ内に9時に集合してください。小学生は午前中陸上練習を行います。この日は、昼食の準備が小学生、中学生とも必要です。各自で準備お願いします。

19日(日)15時からはチェコ選手団との交流会があります。高校生と中学生は基本カヌーに乗っての交流となります。小学生は見学を主体とした交流となります。

本日筋トレ、腕立て35,560回、腹筋38,755回、スクワット38,780回、縄跳び458,800回達成 朝練586日目達成

16番の愛犬が日曜日に1歳の誕生日を迎えました。

生後3カ月。

生後5カ月。

1歳なう 

16番は全く世話をせず、管理人の相棒となっています

一無尽。

たっすいがは、いかん。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェコ・チーム合宿

2017-11-08 23:44:28 | 日記

10月31日から高知県須崎市浦ノ内で行われている秋季キャンプも1週間が経過しました。今日は雨模様でしたが、今日にいたるまでは晴天。

順調に合宿がこなせているようです。合宿は月末まで続きます。早期から高知入りしている選手にかわり、11月中旬から高知入りする選手もいるようです。つまり月末まで滞在せず、帰ってしまう選手もいます。

平成29年11月3日 高知新聞朝刊より

既に帰国しましたが、マーチン・ドクトル氏と会話をした中で感じたことですが、彼の口癖は、「Perfect」でした。高知県での滞在に満足していたところに寄るところだと思いますが、一番はドクトル氏のポジティブシンキングからだと思います。

何事も「物事はいい方向」に考えましょう!

一無尽。

たっすいがは、いかん。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁淀川川下り with 日慶カヌークラブOB

2017-11-06 23:23:21 | 日記

11月3日に、日慶カヌークラブOB会が、桂浜荘で行われました。

OB、OG7名+参加者の息子含めて8名が高知に集まってくれました。みんな年はとりましたが、会えば25~22年前の気持ちで語り合うことができました。そして翌日11月4日には、ゴトゴト石を転がしに高知県土佐山に向かいました。

が・・・

台風の影響で、残り1km付近で落石、そしてその除去工事のためゴトゴト石に到達できませんでした・・・ このツアーの目玉として管理人が企画しましたが・・・

そして昼からは、仁淀川川下りを全員で行いました。台風の影響でまだまだ本来の仁淀ブルーは回復していませんでしたが、随所に3年連続日本一の水質を誇る川らしさを見ることができました。またガイドをお願いした、リバークルーズのウッディーさんとRINAさん、ありがとうございました

管理人は吉野川に次ぐ、今年2回目の川下りとなりました

一無尽。

たっすいがは、いかん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉野川下り with マーチン・ドクトル氏

2017-11-06 23:07:36 | 日記

10月31日はるのの湯でチェコチームの歓迎レセプションに参加した折、ちょうど座った席の前が、アトランタオリンピック、カナディアンシングル1,000mと500m金メダリストのマーチン・ドクトル氏でした。約1時間30分歓談した中で、翌日の予定がフリーとの話だったので、11月1日に吉野川川下りを一緒に行いました。チェコオリンピック委員会?のヤン氏と管理人そして、カヌー協会のK氏のガイド付き4名で下りました。

吉野川寺家カヌースラローム競技場のゴール付近で約40分程練習したのち約1.5kmを下りました。ドクトル氏がフリースタイル艇に乗ることも珍しいですが、スラローム競技ほぼ初体験にもかかわらず、果敢に瀬渡りをしたり、流れの中に入ったりと運動能力の高さは、さすがでした

ヤン氏はカヌーに乗ることもほぼ初心者という方でしたが、いきなり漕ぎ方も教えずに乗艇させてしまいました。スミマセンでした

その後、早明浦ダムを視察させ、早明浦荘で昼食後、いの町の紙の博物館で手すき和紙体験をしてもらいました。外国の方にとっては和紙は珍しかったようで、博物館内の展示物も長く眺めていました。

朝9時30分から16時30分まで、吉野川下りと高知県の伝統芸能、紙すき体験を通して高知県を堪能してもらいました。帰り際に、また来年会うことを約束し、握手をして別れました。

お礼に、ドクトル氏が着用していた、Tシャツをいただきました。ありがとうございました

2年前より高知県、須崎市、カヌー協会で進めてきたオリンピック事前合宿誘致が一歩近づいた感がします

一無尽。

たっすいがは、いかん。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加