がんばろう、シニア(団塊世代)

このブログにはシニアに関する話題を書いています。
右側のブックマークには私の作ったシニア関連のページを掲載しています。

高齢者人口(2017/09/08 敬老の日)

2017-09-18 11:08:17 | シニア

統計局ホームページ/平成28年/統計トピックスNo.97 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-/1.高齢者の人口より

高齢者人口は3461万人、総人口に占める割合は27.3%と共に過去最高

 65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は3461万人(平成28年9月15日現在推計)で、総人口に占める割合は27.3%となっています。前年(3388万人、26.7%)と比較すると、73万人、0.6ポイント増と大きく増加しており、人口、割合共に過去最高となりました。
 年齢階級別にみると、70歳以上人口は2437万人(総人口の19.2%)で、前年と比較すると、19万人、0.2ポイント増、75歳以上人口は1697万人(同13.4%)で、59万人、0.5ポイント増となりました。また、80歳以上人口は1045万人(同8.2%)で、前年と比較すると、43万人、0.3ポイント増となりました。(表1)

 

女性の高齢者割合が初めて30%を超える

 高齢者を男女別にみると、男性は1499万人(男性人口の24.3%)、女性は1962万人(女性人口の30.1%)で、女性が男性より463万人多くなっており、割合では、女性が初めて30%を超えました。
 人口性比(女性100人に対する男性の数)を年齢3区分別にみると、0~14歳では105.0、15~64歳では102.1と男性が多いのに対し、65歳以上では76.4と女性が多くなっています。また、70歳以上では70.1、75歳以上では63.7、80歳以上では54.8となっています。(表1)

 高齢者の総人口に占める割合の推移をみると、昭和25年(4.9%)以降一貫して上昇が続いており、60年に10%、平成17年に20%を超え、28年は27.3%となりました。(図1、表2) 

表1 年齢3区分別人口及び割合(平成27年、28年)- 9月15日現在 資料:「人口推計」 ※)女性100人に対する男性の数 注1)平成27年国勢調査人口速報集計による人口を基準としている。 注2)人口は、万人単位に四捨五入してあるので、内訳の計は必ずしも合計に一致しない。

 

図1 高齢者人口及び割合の推移(昭和25年~平成28年) 資料:昭和25年~平成22年は「国勢調査」、平成27年及び28年は「人口推計」 注1)平成27年及び28年は9月15日現在、その他の年は10月1日現在 注2)平成27年及び28年は、平成27年国勢調査人口速報集計による人口を基準としている。 注3)国勢調査による人口及び割合は、年齢不詳をあん分した結果 注4)昭和45年までは沖縄県を含まない。

図1 高齢者人口及び割合の推移(昭和25年~平成28年) 資料:昭和25年~平成22年は「国勢調査」、平成27年及び28年は「人口推計」 注1)平成27年及び28年は9月15日現在、その他の年は10月1日現在 注2)平成27年及び28年は、平成27年国勢調査人口速報集計による人口を基準としている。 注3)国勢調査による人口及び割合は、年齢不詳をあん分した結果 注4)昭和45年までは沖縄県を含まない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賃貸アパートを建築 | トップ | 生命保険の掛け金がバカバカ... »

コメントを投稿

シニア」カテゴリの最新記事