がんばろう、シニア(団塊世代)

このブログにはシニアに関する話題を書いています。
右側のブックマークには私の作ったシニア関連のページを掲載しています。

国民生活センター:相談急増 ハガキによる架空請求

2018-01-17 09:06:09 | シニア
見守り新鮮情報 第299号                平成30年1月16日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇
   ____________________________

         相談急増 ハガキによる架空請求
   ____________________________

「総合消費料金に関する訴訟最終告知」というハガキが届いた。訴訟や差し押
さえなどと書かれており、怖くなってハガキに書いてあった電話番号に連絡し
たところ、「あなたは買った物の代金を支払っていないため、企業から訴えら
れている。弁護士に確認したが取り下げに間に合わないので、示談金として10
万円をコンビニで支払うように」と言われた。全く身に覚えがないのに支払わ
なければならないのか。(60歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆ハガキによる架空請求に関する相談が増加しています。
☆行政機関を装い、「未納料金の訴訟最終告知」等と書かれたハガキが自宅に
 届き、文面に「訴訟を起こす」「差し押さえ」などと法律用語を使って不安
 をあおり、ハガキに記載のある連絡先に電話をかけさせようとするものです。
 連絡をするとお金を要求されたり、電話番号等の個人情報を知られてしまっ
 たりするケースもあります。
☆このようなハガキが届いても、決して連絡してはいけません。
☆少しでも不安に思ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご
 相談ください(消費者ホットライン188)。

架空請求

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

急増する「生活苦老人」

2018-01-16 08:39:06 | シニア

 

ビジネスジャーナルより抜粋

今後、65歳を迎えて「NINJA」になる人が急増するといわれています。ここでいうNINJAとは「忍者」のことではなく、

No Income, No Job or Asset」、つまり収入も仕事も資産もないことを意味します。

年金対策、マイホームを買っておくこと、筋肉質の家計に、戸建てなら省エネ化を、健康に投資する、親の財産の確認、仕事の確保、人脈の維持、起業を視野に副業に取り組む、働かなくても得られる副収入源の確保、プチ移住

等のが記述されており、結論的には

自分のライフスタイルや嗜好に応じて戦略的に方法論を考え準備し、「選べる」状態をつくっておくことが、老後の不安を和らげる一助になります。

と書かれていました。

私自身も上記に関連したページを作成していますので参考までにご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年度診療報酬改定で外来・在宅医療はどうなる?

2017-12-06 10:35:32 | シニア

 

2018年度診療報酬改定で外来・在宅医療はどうなる?

より抜粋。

【外来医療】

図1◎外来医療に関する見直しの方向性

【在宅医療】

図2◎在宅医療に関する見直しの方向性

訪看ステーションの大規模化促す

図3◎訪問看護に関する見直しのイメージ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「年金術」で増やす老後資金 勤めてなくても活路あり 自営業、自力で2階建てに 税制優遇厚く

2017-11-02 11:47:44 | シニア

「年金術」で増やす老後資金 勤めてなくても活路あり自営業、自力で2階建てに 税制優遇厚くより

 「言うまでもなく自営業者の国民年金は1階建てで少ない」と、社会保険労務士の田中章二氏は本の中でこう指摘する。一般に2階建てといわれる日本の公的年金制度は20歳以上のすべての人が加入する国民年金(基礎年金)の上に、主に会社員を対象にした厚生年金保険が乗るという構図だ。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年金支給75歳案、そもそも受け取る前に死んだら保険料は払い損?

2017-10-24 09:48:19 | シニア
MAG2 BUSINESS NEWS 2017/10/23 号より抜粋
・・・

亡くなった本人が65歳になった時に支給される老齢基礎年金や、今まで重い病気や怪我で障害基礎年金を貰った事が無いと何の年金も貰わずに今まで支払った国民年金保険料が掛け捨てになるので一部掛け捨て防止目的として設けられています。死亡一時金といいますが、まずは遺族年金の話から入ります。

20歳になると国民年金には国民全員が強制加入しますが、自ら国民年金保険料を支払っていく形の国民年金第1号被保険者と呼ばれる自営業とかフリーター、無職、学生みたいな人にはもしその人が死亡した時には遺族基礎年金という年金が支給される場合があります。

この遺族基礎年金は、死亡当時生計を維持していた「子供がいる配偶者」、または、「子供」に支給されます。生計維持されていたというのは、簡単に言うと死亡者と同居していて遺族である配偶者の前年の収入が850万円未満(または前年所得が655.5万円未満)のような場合を指します。

遺族年金を貰う条件は?

1.昭和40年9月27日生まれの男性(今は52歳)

20歳になる昭和60(1985)年9月から昭和63(1988)年3月までの31ヶ月間は国民年金保険料納付済み。昭和63(1988)年4月から平成3(1991)年12月までの45ヶ月間は厚生年金加入。平成4(1992)年1月から平成12(2000)年3月までの99ヶ月は国民年金保険料を未納。自営業者として平成12年4月から平成29年9月までの210ヶ月は国民年金保険料を納付し続け、平成29年10月12日に亡くなった。夫は何の年金も貰えずだったですね…^^;。10月12日の死亡当時に生計を維持していた遺族は45歳の妻(前年の収入は850万円未満)と、15歳と13歳の2人の子供。遺族基礎年金は子供のある配偶者、または、子供に支給する権利が発生します。

なお、この夫が死亡した月の前々月までに年金保険料を納めなければならない期間の3分の2以上は保険料を納付したか免除期間でないといけません。または死亡した月の前々月までの直近1年間に滞納が無い事が必要。これを保険料納付要件といいますが、記録を見る限り3分の2以上も直近の1年間も満たしています。

で、配偶者と子供に遺族基礎年金を貰う権利が発生しますが、この場合は配偶者である妻が支給優先されます。「子供がいる配偶者」として。よって、配偶者である妻は遺族基礎年金779,300円(平成29年度定額)+子の加算金224,300円×2人=1,227,900円(月額102,325円)の支払い。ちなみに子供自身の遺族基礎年金は妻が貰ってる間は停止の状態なだけで貰う資格を失ったわけじゃない

この妻が貰ってる場合に、妻が死亡したり子供と生計を同じくしなくなったら妻の遺族基礎年金は消滅して、子供の停止されていた遺族基礎年金が停止解除されて子供が貰う事になる。

 ・・・
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加