GOCCIのオトコヲミガク旅(w)

旅行記や、日常の面白い、或いはキレイなモノの写真を中心に
取留めの無い話題を「備忘録」代わりに綴っております。

「手紙」東野圭吾著、読んでみました。

2007年02月06日 | *本*BOOKS*

  
「手紙」東野圭吾著、読んでみました。



「東野圭吾」15作目です。かなり重い内容ですし、楽しい話じゃ無いんですが、作者の力量もありどんどんページが進みました。

「剛志」が犯した「重罪」の波紋が、消える事無く「直貴」に訪れる「幸せの芽」を悉くかき消して行きます。直貴を取り巻く社会の大人たちの振る舞いも、殆どが「善と偽善」の狭間のような対応なだけに、直貴自身も納得できてしまうのが「つらい現実」に感じます。

本人が全く悪い事を何一つしてないだけに、読者の殆どがその「やるせなさ」「憤り」を感じる展開なんですが、実際、「自分自身はどうだろう」と真剣に考えると多分、多くの人が、直貴に接してきた人々と同じような対応しか出来ない自分に気が付くのではないかと思います。 

苦労して苦しんでいる直貴への剛志からの「手紙」は、悪気は無いんだろうがすこし「能天気」気味で、より一層直貴の不幸を際立たせ、読者を苛立せます。

「音楽のデビュー」「大学進学」「叶わぬ恋愛」「家電量販店への就職」等色々なエピソードやそれに伴う出会いがあるが、直貴を献身的に支える「白石由美子」「平野社長」との出会いは大きかったですね。苦しみながらも試練に耐え、懸命に生きていることに天は少しの「幸と啓示」を与えたのだと思います。 

直貴が剛志に送った「最後の手紙」の部分から、直貴が被害者への謝罪に行き「剛志の手紙」を読むくだりは本当に心を揺さぶられるものが在り、刑務所で「イマジン」を歌おうとするシーンはあまりにも切なすぎました。




                                                           ランキング参加中です⇒ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ





『本』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「放課後」東野圭吾著、読ん... | トップ | 「秘密」東野圭吾著、読んで... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (アリス)
2007-06-01 09:47:05
TBありがとうございます。
最近、東野圭吾作品にはまって読みあさっています。
手紙も最後に切なさを感じ涙しました。
他の作品も面白く読んでいます。

TBありがとうございます (すまいず)
2007-06-01 10:00:56
東野圭吾さん、私も好きです。
新作が楽しみですね。
読んでからはニュースで事件を見ると
つい、この兄弟を思い出すことがあります。
それほど私の中で強烈に印象に残りました。
TBありがとうございました♪ (miwa125)
2007-06-01 17:34:18
はじめまして!
TBありがとうございます♪
こちらも早速TBさせていただきますね。

東野圭吾さんは最近ハマっていて、
いろいろ読んでいます。
この『手紙』は、その中でもすごく印象深い1冊です。
多くの人に読んでもらいたい作品ですね!
TBありがとうございます (kaisa21)
2007-06-01 22:47:44
はじめまして。
TBありがとうございました!!
この作品はかなり重いテーマですが、それだけに心に残る作品となりました。
はじめまして (ぺこりんな)
2007-06-02 23:08:05
TBありがとうございます。
東野圭吾さんのものはどれもおもしろいですよね。
Unknown (my favorite stories)
2007-06-03 10:30:37
 はじめまして。TBありがとうございます。遅くなりましてすみません。今日、はじめて<男を磨く旅> さんのコメントを拝見させて戴いたものですから。東野圭吾さんは殆ど読みました。「白夜行」と「手紙」が一番好きです。又、これからも宜しくお願い致します。失礼致します。
Unknown (Unknown)
2007-06-03 15:37:58
こんにちは。
最後の最後で大泣きしてしまいました。
TBありがとうございました (まりぼー)
2007-06-04 20:59:44
先日はTBありがとうございました。
私はまだ映画しか観ていないのですが、
いろいろと考えさせられる作品でした。

東野さんの作品は好きなので、小説も
是非読んでみたいと思います。
TBありがとうございました (溜息)
2007-06-08 22:30:45
はじめまして。トラックバックありがとうございました!
重いテーマなのにサクサクと読めるいい小説ですね。
ラストは作者の優しさが感じられて好きです♪
映画もぜひ観てみたい作品です。
Unknown (がちゃ)
2007-06-16 01:54:26
TBありがとうございました、
おそくなり申し訳ありません、東野さん作品は、時々無性に読みたくなります。
TBありがとうございました (リオロ)
2007-06-21 01:41:57
先日はトラックバック有難うございました。
『手紙』は東野圭吾の中でも興味深い作品の一つで、

主人公の心情など、いろいろ考えさせられました。
がちゃさんコメントありがとうございます。 (GOCCI)
2007-06-24 17:57:49
「東野さん」は最近休んでますが、
そろそろ読みたくなってきました。
新しいのを読んだらまたUPします。
リオロさんコメントありがとうございます。 (GOCCI)
2007-06-24 18:02:34
私も「手紙」は、今まで読んだ「東野さん」作品の中でも、
評価の高い一冊です。

本当にいろいろ考えさせられるシーンが多い作品でした。
理不尽な話です (福田浩司賞味大臣)
2008-06-14 20:49:05
約一週間かけて読みましたが本人の罪じゃないのに何とかならないかなと思いました。現実の人間社会は厳しいですかね。イマジンは確かに理想的すぎるのかもしれませんがそういえばテロの時放送中止になり現実の大人はそうなんだよと割り切っているようでなんか嫌な気持ちになりましたね。差別は寛容とか民意の高い低いの問題もあるんでしょうがちょうど秋葉原の事件があっただけにより重く感じました。不遇な人はこの小説は客観的に読めないんじゃないですかね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
手紙 (コンサルタントの日常風景(未来へのブログ))
東野圭吾「手紙」読みました
東野圭吾「手紙」 (Creme Tangerine)
東野圭吾の「手紙」が文庫化されたので、さっそく買って読みました。 文庫の帯にもありましたが、来月映画が公開されるんですよね。 山田孝之主演で。誰もほめる人がいなかった「変身」みたいなことに ならないといいんですが…まあ山田はうまいから大丈夫か。
『手紙』東野圭吾 (Love it - 大好きなこと -)
||<#C1FFFF' style='border:double #3399FF 5px;width:550px;text-align:center;font:bold 15pt;color:#0000FF'``『手紙』    東野圭吾|| [[attached(1,center)]]   {{{ 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から...
東野圭吾【手紙】 (ぱんどら日記)
山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカの出演で映画化された作品。 山田孝之はTBSが東野圭吾の【白夜行】をドラマ化したときも出演しており、めっきり東野圭吾づいている。本書を読みながら「なんか【白夜行】っぽい」と感じ
『手紙』 東野圭吾 (本を読みましょ)
今回読んだのは、最近、映画にもなった東野圭吾さんの『手紙』です。もう100万突破してるんですね~。すごい♪◆あらすじ◆主人公の武島直貴には、剛志という兄がいる。直貴は、母が亡くなってから剛志に養ってもらっていたが、ある日、剛志が強盗殺人で逮捕され、その後....
手紙(東野圭吾) (海砂のつらつら日記)
手紙 東野圭吾(2007.4.26読了)容疑者Xの献身(→感想)で東野作品の面白さを再確認した次第。次にどれを読もうか悩んだんですが、映画化もされた本作を。。。強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就...
「手紙」著者:東野 圭吾 (大きな栗の木の下で)
【内容】 両親のいない剛志は弟の大学資金ほしさに強盗殺人を犯してしまう。弟の直貴は兄の起こしてしまった罪に苦しめられながらも必死に生きていた。そんな直貴に月に一度必ず兄から手紙が届く。 手紙東野 圭吾 毎日新聞社 2003-03by G-Tools ◆◆感想◆◆ 強盗殺人...
東野圭吾著 『手紙』 (OL映画でいやし生活)
先日みた映画『手紙』に感動して、原作はきっともっと面白いに違いないと思い早速寝る間を惜しんで読んでみました。【STORY】兄は強盗殺人で服役中。その時、弟は…。断ち切られた兄弟の絆。希望なき世界を彷徨う人生。いつか罪は償われ、傷は癒されていくのだろうか・・...
東野圭吾「手紙」試写会へ行ってきました。 (コレ、いいかも☆)
人は、ひとりでは生きていけない。優しさを失った現代社会の、希望を失ったすべての人々に贈る、魂の人間讃歌。兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。兄が弟を大学へ行かせるための学費欲しさに誤って殺人。残された弟は恋人も夢も諦めなければならない・・・罪を犯す...
東野圭吾 「手紙」 (南極の気まぐれ日記)
映画化されたりと話題になっていたので 読んでみました。
手紙 (京の路 書籍紹介)
手紙東野 圭吾 文藝春秋 2006-10売り上げランキング : 288Amaz...
「手紙」東野 圭吾 (デリシャスな本棚)
重い。重い一冊でした。まいったね こりゃ。
手紙(東野 圭吾) (みんな無口)
映画を観てから本を読んだので感動が薄れてしまった。これから読む方は、最初に本を読んでから映画を観ることをオススメ。 腰を痛めてから剛志はまともに働くことができない。貧しければ人のものを盗んでいいとは思わないが、他に手段がみつからない。金持ちから少しぐ...
『手紙』 (orfeo.blog)
▼生野慈朗《手紙》(日本、2006) 東野圭吾原作。弟、直貴(山田孝之)の大学進学費用を作るために、誤って殺人を犯してしまった剛志(玉山鉄二)は無期懲役の刑で収監されてしまう。それ以来、直貴は犯罪者
(今日の一冊)手紙/東野圭吾(著) (Kozmic Blues by TM)
(あらすじ) 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるの...
手紙/東野圭吾 (place)
ストーリー 弟をなんとか大学に入れてやりたい。 貧しければ人のものを盗ってもいいなんて思っていない。 しかし、他に手段がなかった。 剛志は誰にも手を出さず、裕福な家からちょっとだけお金を 盗むつもりだった。
手紙(本) (Diarydiary!)
《手紙》 東野 圭吾著 文藝春秋発行 =Story=武島 剛志は腰を痛め引越し
手紙 (映画通の部屋)
「手紙」 製作:2006年、日本 121分 監督:生野滋朗 原作:東野圭吾 出演
手紙 (東野圭吾) (ぶっき Library...)
ちょっと手を抜いているような感じがあって、文学作品としてはあんまり肯定できないのだけれど、感動し考えさせられました。したたかです。 身寄りの無い兄弟の兄が強盗殺人を犯して受刑。主役は一人娑婆に残された弟。弟
東野圭吾 / 手紙 【BOOK】 (come wander with me)
東野圭吾 手紙
「手紙」東野圭吾 (あなさんの美しき日々)
涙が止まらない。 こんな衝撃を受けたのは久しぶりかも。 (横山秀夫の「半落ち」以来かな) とくに謎解きとかミステリアスというわけではないんです。 ただ淡々と、犯罪者となってしまった兄剛志とその弟直貴の人生を描く。 だけどその毎日の生活の中に...
手紙 (TRUTH?ブログエリア)
原作:東野圭吾監督:生野慈朗映画 日 06☆☆ う~ん、評判は良かったんだが・・
手紙 (GOOD CHOICE !)
手紙監督:生野慈朗出演:山田孝之 , 玉山鉄二 , 沢尻エリカ , 吹石一恵収録時間:121分レンタル開始日:2007-04-27Story山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカという人気若手実力派俳優が共演、東野圭吾の同名小説を映画化した社会派ドラマ。兄...
東野圭吾『手紙』 (坂本総合研究所)
本日の一冊は、東野圭吾『手紙』。 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもと
『手紙』東野圭吾/毎日新聞社☆☆☆☆☆ (読書など)
武島直貴は弟想いの兄剛志の強盗殺人によって差別に苦しむ生活を送る。 弟の就学資金
東野圭吾『手紙』映画化 (One&Only~STAYGREEN~)
東野圭吾作品がまたまた映画化されます。先クールも『白夜行』がドラマ化されましたが、『手紙』の映画化が決まったとの事。強盗殺人を犯した兄と、加害者の家族というレッテルを張られた弟の兄弟の絆を描いた作品。この作品で東野作品は4本が映画化され、15本がドラマ化....
手紙 (はまっているもの、はまるもの)
手紙 手紙ってもう長いこと書いてないですね。 年賀状もメールとかで済ませるようになってしまったし 書く機会なんてあまりないんじゃないですかね 特に僕達の世代になってしまうと・・・・ みなさんは手紙って最近書いていますか? 今日紹介するのは、映画「...
東野圭吾  手紙 (マロンカフェ ~のんびり読書~)
手紙 東野 圭吾 東野さんの本って実は少ししか読んでいません。読んだのも『名探偵の掟』とかちょっと毛色の変わった感じのしか読んでいないようです。これからはどんどん読んでいこうと思ってます。そして、手に取ったのがこの本。重たい・・・本当に重たい話でし...
『秘密』 東野圭吾 (がちゃのダンジョン 映画&本)
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。映画「秘密」の原作であり、98年度のベストミステリーとして話題を....
東野圭吾 『手紙』 (リオログ)
東野圭吾 『手紙』 出版社…毎日新聞社(2003/3) *文庫:文春文庫(200
「手紙」東野圭吾 △ (本にとり憑く日々)
映画化されている。借りたので読んでみた。
書評 手紙 - 東野圭吾 (a.k. photolog)
東野圭吾 手紙 文藝春秋 (2006/10)   犯罪を犯してしま...
『手紙』 東野圭吾 (ぶっくすばーど)
主人公武島直貴は「強盗殺人犯の弟」。 冒頭でいきなり兄が強盗殺人を犯し捕まってしまう。 進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうと...
東野圭吾『手紙』 (itchy1976の日記)
手紙文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『手紙』を紹介します。東野作品は、2007年4月現在70%ぐらい読み終わったのですが、白夜行の次に好きな作品です。本書は、犯罪加害者の家族(特に弟の直貴の人生にどう影響するか)を描いたものです。 もし、殺...
東野圭吾著『赤い指』を読んで (tsuda-atsushi)
赤い指 (講談社文庫)著者:東野 圭吾販売元:講談社Amazon.co.jpで詳

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 828 PV DOWN!
訪問者 57 IP DOWN!
トータルトータル
閲覧 4,001,604 PV 
訪問者 940,856 IP 
ランキングランキング
日別 24,649 DOWN!
週別 18,629 UP!

flagcounter

free counters

雑草倶楽部


今月の雑草倶楽部
(毎月25日)

雑草倶楽部の皆さんのブログへは
こちらからどうぞ♪

なる&自称会長











プロフィール

gocci55
性別
男性
都道府県
東京都
自己紹介
ちょくちょく国内・海外の「男を磨く旅(w)」に出ています。旅の行先、手段はいろいろです。趣味はゴルフ・バイク・読書など。gocci55@mail.goo.ne.jp

ブックマーク

goo
最初はgoo

最新トラックバック

エディタコミュニティ

エディタコミュニティに参加しています(edita ブログでつながるコミュニティサイト)

おきてがみ

おきてがみ

あし@

  • RSS1.0 RSS2.0