GOCCIのオトコヲミガク旅(w)

旅行記や、日常の面白い、或いはキレイなモノの写真を中心に
取留めの無い話題を「備忘録」代わりに綴っております。

「トキオ(時生)」東野圭吾、読んでみました

2007年04月25日 | *本*BOOKS*

「トキオ(時生)」東野圭吾、読んでみました。



「東野圭吾」22作目です。「グレゴリウス症候群」という難病に侵され死を迎えつつある「宮本 時生」、その瞬間に立会っている「父:宮本 拓実」「母:宮本 麗子」へ、実は「若いころにトキオに会っている」という告白をする序章から物語りは始まってゆく。

若いころの「宮本 拓実」「キャッチセールス」のエピソードで「根っからのワル」ではないことを示唆していが、生い立ちのせいもありかなり短期で捻くれた性格の持ち主。

そんな「拓実」「トキオ」と出会い、恋人の「千鶴」が巻き込まれた事件と、「拓実の生い立ちに関する謎を解くエピソードが絡らみ合いながらストーリーは進んでゆく。

果たしてこの物語に「汚職事件のエピソード」が馴染むかどうかは別として、作者の力量で上手いこと読者を惹きつけてゆく。「事件の解決」拓実の出生の秘密」が近づいて来るにつれ「トキオ」との係りで「拓実」が人間として大きくなってゆく様は読んでて気持ちがよい。

前回読んだ「白夜行」同様、「ピンクレディー」、「カツラノハイセイコー」、「サッチャー首相」、「日本坂トンネル事故」などなどのエピソードも懐かしさを感じられ楽しく読めた。

「拓実」
「実母:須美子」に二度目に会った時の台詞と「拓実」「須美子」の濡れた目尻をそっとぬぐったシーンは、とってもベタなんですがグッと来てしまう。

序章の“もし、あいつの意識がもう一度だけ戻ったとして、私の声が聞こえるでしょうか”の台詞を最後にキチンと効かせているあたりは流石だと思った。途中はそれ程でもなかったが、最後はきっちり泣かせてくれるいい作品だと思いました。



『本』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK「サラリーマンNEO... | トップ | 「男を磨く旅:カナダ・中米... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバどうも! (ike130)
2007-07-10 21:22:29
トラバどうもです!m(_ _)m
「時生」は好きな小説のひとつです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東野圭吾著 『時生』 (OL読書でいやし生活)
会社の上司からかしてもらいました『時生』。 【STORY】 不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年...
時生 東野圭吾 (かみさまの贈りもの~読書日記~)
今、まさに命が燃え尽きようとしている我が子の前で、昔出会った「トキオ」と名乗る不思議な少年との想い出を、妻に語り出す夫・宮本拓実。 自らの生い立ちを恨んで生きてきた拓実にとって、その少年との出会いが人生を変えるきっかけとなった。 彼と出会った時に巻き込...
時生 (大人の読書感想文)
東野圭吾作品です。やっと「はまれた」一冊です。ストーリーは僕が大好きなパターンです。多分、それがはまれたポイントでした。奇病により若くして死ぬことを定められた時生。今、正に息子を病気で失うという時、父の宮本はある人物を思い出す。まだ若く、チンピラのよう...
(書評)トキオ (たこの感想文)
著者:東野圭吾 難病におかされ、その命が尽きようとしている時生。そんな息子を目の
明日だけが未来ではない「時生」 (That's the Way Life Goes)
[:読書:] 「時生」 東野 圭吾 20年以上も前に2ヶ月だけ一緒に過ごしたあの少年は、時空を超えて自分に会いに来た、難病で瀕死の状態の息子の仮の姿だったのでは… タイムトラベルものにしてはSF的でなく、リアリティがあって、パラドックスの処理もさすがに上手い...
「時生」東野圭吾 (ラフマニノフ大好き)
「時生」(トキオ)東野圭吾、読了です。とても面白かったです。本当に一気に読んでし
時生  ★東野圭吾★ (きここ屋の読書記)
会社の先輩から借りた「時生(トキオ)」をよみました。 遺伝性の不治の病に犯された息子「時生」が、昏睡状態の中で過去に行き、若かりし頃の父に逢う。 若い頃の父に、人生のターニングポイントを教え、幸せに導いていく。 これから死んでいく息子は、本当に幸せ...
トキオ (今日の一冊)
作者:東野圭吾 最後の時を迎えた息子・時生、その時父親は「昔、まだおまえと出会う
東野圭吾『時生』 (itchy1976の日記)
時生 (講談社文庫)東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『時生』を紹介します。本書は不治の病を患う息子の最後のときに、宮本拓実は妻に23歳時にあった少年との思い出話である。 宮本拓実の23歳の時はろくでもない生活をしていた。ふてくされてい...
◎読書記録◎ 「トキオ」 東野圭吾 (The 近況報告!)
実は私、この作品がドラマ化されたとき、質屋さんの シーンの回を偶然みたことがあります。

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 1,148 PV UP!
訪問者 82 IP UP!
トータルトータル
閲覧 3,953,235 PV 
訪問者 936,665 IP 
ランキングランキング
日別 17,463 DOWN!
週別 18,863 DOWN!

flagcounter

free counters

雑草倶楽部


今月の雑草倶楽部
(毎月25日)

雑草倶楽部の皆さんのブログへは
こちらからどうぞ♪

なる&自称会長











プロフィール

gocci55
性別
男性
都道府県
東京都
自己紹介
ちょくちょく国内・海外の「男を磨く旅(w)」に出ています。旅の行先、手段はいろいろです。趣味はゴルフ・バイク・読書など。gocci55@mail.goo.ne.jp

ブックマーク

goo
最初はgoo

最新トラックバック

エディタコミュニティ

エディタコミュニティに参加しています(edita ブログでつながるコミュニティサイト)

おきてがみ

おきてがみ

あし@

  • RSS1.0 RSS2.0