五便宝カプセル通販|中国精力剤

五便宝カプセルは主に元気がない、中折れ、免疫力増強、疲労調節、男性性機能回復などに素晴らしい効果をもたらします。

結局のところ、人と人の取引

2016-10-17 15:44:37 | 日記
この販売方法、実は危ういと言っていいだろう。
催淫カプセル
即ち、最初の店が大成功を収めたのは、その売り方が良かったからだけではない。
書店員が顧客の絶大な信頼を受けているからに外なるまい。

つまり、あの書店のあの書店員のおすすめ本ならば間違いないという信頼だ。

数年前、紀伊國屋書店新宿本店の文庫本フェアが話題になったことがある。
このときは、本文冒頭の一部のみをカバーに表示した袋とじで販売したが、やはり想定を超える憂いきを示している。
こちらも、紀伊國屋書店新宿本店の文庫本担当者が顧客の篤い信頼を得てきたからにほかなるまい。

この傾向は、特に最近になって顕著なように見える。
即ち、版元や取次店の手による印刷されたPOPやいわゆる”フンドシ”ではあまり芳しくない売れ行きが、書店員の手書きPOPによる宣伝により大きく伸びるという傾向だ。
そのせいか、最近では多くの書店で時にPOPを作成した書店員の似顔絵や或いは名前を伴ったPOPをを見かけることも珍しくない。

再販性が普及し、書店の品揃えが取次の見繕い配本やレイアウトの指導などでどこでも同じよな並べ方になって久しい今日、これが書店の売上低迷の一因となっていただろう。

今でも古書店には時折見られるが、ある分野の出版物には非常に強いという書店、新刊書を扱う書店では急速に減りつつある。

そういったところでは、正確な書誌情報が分からず、かなり曖昧な情報でも目指す本を見つけてくれたり、あるいは「こんな内容の本」というと、判型や価格などを手がかりに候補を見繕ってくれたりと言った事が日常的。
一度経験したのだが、図書館よりも早く見つかったこともある。

無論、そういった書店の書店員は「本の虫」だろう。

そういった書店員のご推奨なら、それだけで十分な重みがある。
媚薬
中国精力剤
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間 | トップ | 明日とは »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。