A → Z : Xserve

モラモラ会社員がムラムラしながらお届けするヌルヌルアーカイブ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入籍したのでXserve

2010-03-07 | ヌルヌルアーカイブ
3月3日のひな祭りに品川区役所で入籍した。

同時に約5年間住んだ祐天寺から戸越に引っ越した。

東日本最長の商店街の活気はハンパではなく、小学生たちが「♪ネットを破壊~自宅を破壊~ポストも破壊」と、某エロサイトのCMソングを小粋にもじりながら下校していたり、近所に住んでるチャーがおよそラフを通り越した浮浪者のような格好で、ギターを愛犬のリードに持ち変え散歩していたりする。

ああでも、もう「破壊」という言葉で笑えないかもしれない。
守るものができた。

ああでも、もう「リード」は他犬ごとではないかもしれない。
嫁はちょっとこわい。

婚姻届を書きながら、「これ、人生で何回書くのかなぁ」って思った――と言ったら、えらく怒られた。

毎年ひな祭りが姫はじめにならないように、がんばりたいと思います。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

TCCリレーコラムはじめましたXserve

2010-01-26 | ヌルヌルアーカイブ
リレーコラムキターーーーーーー(・∀・)ーーーーーーーーー!!!!!!
http://www.tcc.gr.jp/column/column.php?number=2753&

夢にまで見たTCCリレーコラム。
本日より5日間一本勝負!
リレーどころか、バトン持ち逃げしちゃる!
違うか☆彡
がっはっはっは!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今週土曜日にカレッタ汐留で単独ライブしますXserve

2009-05-20 | ヌルヌルアーカイブ
詳しくはこちら。
http://www.admt.jp/exhibition/program/2009_tcc2009.html

ライブもとい、ボケーっと座ってるだけですが。
さみしいので誰か来てください。
あと、いま広告業界で起こっている、100年に一度の不況期ならではのちょっとした地殻変動も、かいま見れるような気がします。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

TCC新人賞受賞記念Xserve

2009-05-02 | ヌルヌルアーカイブ
いやー、やっと受賞できました、TCC新人賞。前の会社を辞めるときに、3年でこの賞を獲る! と宣言してからはや3年と11か月。「夢はあきらめなければいつかかならず叶うから!」と、むかし谷村有美が言っていたが、そのとおりだな、としみじみ思う。ああ、ほんとに思う。ときめきをBelieve。

受賞のメールは、ギリシャ第2の都市・テッサロニキで見た。先日のコリントスリ事件にもなんとかめげずに体制を立て直し、ギリシャの東の果てのロードス島からシロス島、ヒオス島、本土に戻ってメテオラ、ヴェルギナ、北の大都市テッサロニキと、約2000キロを走破したあとだった。

漢泣き。テッサロニキの安ホテルで一人、漢泣き。バックでは、バーシアの「My Cruel Ways」を流していた。いまいち意味のわからないこの曲は、俺の生涯のヘビーローテに決定した。

ばんざーい!

いま俺は、ルーマニアの第2の都市・ブラショフでこれを書いている。この長旅も、残すところあと一週間を切った。

ルーマニアは治安が悪い悪いとさんざん言われたけれど、ギリシャよりよっぽど人当たりのいい国だ。さすが東欧唯一のラテン系国家。ついさっきも道端で家の修理をやっているおっさんに「俺の写真を撮っていけ!」と言われて迷わず激写してやった。そんなんばっか。ギリシャの方は、過去の遺産だけで充分に食えるので、そのぶん人間の進化が止まっているような気がする。

もうすぐ帰国だ。味噌汁のみたい。焼き魚くいたい。お茶漬けしたい。とはいえGW明けまでまだ数日ある。中学のときに習った兼好法師が、「最後まで気を抜くな」的なことをたしか言っていたので、最後まで気を抜かずに五体満足で帰国できるよう、がんばりたいと思います。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

一命をとりとめたのでXserve

2009-04-13 | ヌルヌルアーカイブ
●4月12日(日)
朝。クルマのなかで目覚めたら、むっちゃ寒かった。ギリシャの寒暖差はかなりはげしい。またしても、死ぬかと思った。あわててクルマをアイドリングさせ、カーエアコンを最大回転。つーか、ガソリンもそろそろ入れなきゃ……ああ、でも、無一文……。

冷え切った体がある程度あったまってきたところで、昨日チェックアウトしたホテルに頼み込み、電話をかしてもらう。まずVISAとMASTERカードに電話したら、案の定カードは止まっていなかった。コリントスリ警察イズガッデム!
VISAによると、緊急キャッシングというものがあり、10桁の暗証番号とパスポートでアメリカの国際送金会社「ウエスタンユニオン」に加盟している銀行やお店で現金を手数料無料で引き出せる、とのこと。とりあえず1000ユーロを手配する。また、緊急キャッシュカードというのも手数料1万円(税抜)でつくれ、3日後の水曜にホテルに届けられるとのことなので、お願いした。ホテルにも事情を説明して、無一文だけど泊めてもらえることに。というわけで、一命をとりとめました。あー、よかった。
あとMASTERカードのほうはオリコだったのだが、「今回お役に立てることは何もありません」とのこと。なんて使えないカードだ。しかもサポートの番号はフリーダイヤルですらないし。日本に帰り次第の解約を決意する。

その後、損保ジャパンと大使館に連絡。
クレジットカードの海外旅行保険は貧弱だったので、空港の自動販売機で損ジャの保険を買っといてよかった。現金やカードは保証外だが、財布自体とフェリーチケットは保険が適用されるとのこと。損保ジャパンダ万歳。上戸彩はもっと万歳。
大使館へは、メリディアン・ジャパンがエマージェンシーコールをしてくれた。連絡がついたときにはとりあえず死なずにすみそうだったので、とりあえず今後の手続きに必要な報告書をつくってくれるとのこと。この報告書が有効なのは日本の関係省庁のみで、あのむかつくコリントス警察にも行くことはないということだったので、むしろスリ犯人よりも許せないコリントス警察についてを主に、ありのままを報告してやった。

VISAから与信が通ったとの連絡があったので、ウエスタンユニオンにお金をとりにいった。これ、日本じゃ見おぼえないけど、ギリシャにはたくさんあるようで、3件くらいまわった。しかし、今日は日曜日なのでどこもお休み。1軒だけ開いていたけれど、駄菓子屋みたいな雑貨屋さんの兼業で、「そんな大金ムリっす」と断られた。
なのであいかわらず無一文状態が続いているが、明日は月曜なので大丈夫だろう。今日は日本からもってきたお菓子、パイの実とつけぼーしか食ってない。あー、はらへった。

というわけで、大変お騒がせしましたが、一命をとりとめることができました。どうもすみませんでした。今後もめげずにこの長旅を全うしたいと思います。
コメント (8)   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加