モコと一緒

ウイペットのモコとの生活

ひよっこ

2017-05-17 08:20:38 | Weblog
NHKの朝ドラ「ひよっこ」が面白い。
「あまちゃん」「ごちそうさん」以来、
久しぶりに欠かさず録画して楽しみに見ている。
舞台設定もいいし、ハナシのテンポもいい。
高度成長期といわれた昭和39年東京オリンピックの
翌年に茨城の片田舎から集団就職で
上京する女の子の物語です。
出稼ぎに出たお父さんが「蒸発」(昔よく聞いた)
したため、農家を継ぐ予定が
働きに出ることになる。
前週は初の給料日。
高卒で1万2千円の初任給。
寮費と食費を差し引かれて手元には6千円。
そのうち5千円を田舎の母親に
書留で仕送り、あとの1千円でほしい服を
買うのも我慢して生活する。
その健気さに涙が出そう。
でもそこは貧しかったけど、みな助け合いながら
生きていた。
あの頃の会社の雇用は
中卒にしても高卒にしても正社員採用。
最近、大学を出ても非正規雇用で
生活してる子らを見ると
昔のほうがよかったなと
思えてしまう…
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意識高い系女子 | トップ | ボクシング世界戦 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む