一寸の虫に五寸釘

だから一言余計なんだって・・・

『本日は、お日柄もよく』

2017-06-18 | 乱読日記

友人が面白い、とくれたので。
原田マハは初めて。

スピーチライターという仕事を軸にした、主人公のアラサーOLの恋愛と成長の話、と書くと軽い感じになるし、実際テンポよく読みやすいのだが、折々に出てくるスピーチがいちいちツボをついていて、言葉の力を感じさせてくれる。

政権交代前夜の選挙が舞台になっているのだが、現実の政治家のスピーチは、上からの借り物だったり、型どおりでその場のお約束にのっとって「目黒のさんま」よろしく小骨が(どころか背骨も)抜けてるか、逆にやたら感情的になってるのが多いのだが、ライターを入れるかはさておき、もうちょっときちんと話せる人が出てきてほしい。

本書は2010年8月発行だが、このセリフが既に重い。

「いい?スピーチは魔法じゃないのよ。そりゃあ今回の総選挙はうまくいったかもしれない。でもそれは聴衆がたまたま変革を求めていた時期と選挙の時期が重なって、それを民衆党がうまく誘導できたから。タイミングも、運もあったと思う。私たちが作ったスピーチがすべてを変えた、なんて思い上がらないことよ」

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『小商いのすすめ』 | トップ | 『捨てられる銀行2 非産運用』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

乱読日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。