ごーさんの中国放浪記in威海

ガイドブックに載っていない中国を写真で紹介します。

過酷なトラック運送業

2017年07月17日 | 中国・威海

「爆走風塵(じん) 中国・激変するトラック業界」BS1スペシャルを中国で見ましたが

トラック運転手の苦労を改めて知り感激しました。

 

写真は、北朝鮮の国境沿いの丹東市から山東省の(济宁市 jining)まで、

荷物を運送便で送って工場に荷物か着いたときです。

 

距離にして1300キロ、時間はトラックで18時間ぐらいかかります。

旦那さんが運転をして奥さんは助手席に座ってきました。

 

彼らに話を聞くと、

子供は親の家に預けているのですが、

子供が生まれて乳離れができていない頃は、

奥さんが抱っこをして一緒に連れて走ったそうです。

しかも、時間を稼ぐために1300キロの道のりを一睡もせず走ってきたらしい。

 

 

 

 

このトラックには仕事になるものだったら

石炭であろうがなんでも積んで運びます。

 

中国大陸のトラックドライバーは3000万人

物流は増えているのですが、

それ以上にドライバーの数も増えていて競争は激化しています。

 

 

彼ら大半は一匹狼で仕事も値段交渉も一人で行います。

競争が激しいので下手すると目的地についたら大赤字で

家に帰る燃料代もないという悲惨な事態も起きます。

 

 

この夫婦は荷物を下ろすと休憩する間もなく車に乗り込み、

济宁の集配所に向かい丹東方面の荷物を探しに走り去っていった。

 

中国の交通事故による死者は26万人ですが、

その内夜10時過ぎの事故の大半はトラックが占めるそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷惑な天日干し | トップ | 居留許可書がやっと取れました! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
運転手はたいへん。 (わんばぁだん)
2017-07-18 21:51:34
運ちゃんは大変だろうけど、コッチも巻き添えを食わないように、できる限りトラックとは距離を置くようにしていますよ。
しかし、ダイコン足にミニスカートにハイヒールで旦那さんのナビゲーターですか。
逆に旦那は興奮して居眠り運転防止になるか。(笑)
Unknown (ごーさん)
2017-07-20 16:00:01
わんばぁだんさん

長距離運転手は本当に大変ですね。
この奥さん大根足ですけど運転中に気になってしょうがないと思います。全てがこの運転席で済ませるのですから、用事のあるときはチョイと車を止めてできるので超合理的です(笑)

コメントを投稿

中国・威海」カテゴリの最新記事