Triority(トライオリティ)

四十にして惑う、それがトリニータ。

YSCCの公式記録体験会に行ってきた

2017-07-17 01:51:03 | トリニータ
先日、twitterをテレテレと見てると、YSCCが「公式記録体験会」なるものを開催しますとの情報が流れてきたので、面白そうだなと思い、申し込んでみた。結構人数とか来そうだし、抽選とかやるのかなと思ってると、即日OKのメールが返ってきて、今夜ニッパツに行ってきた。




実際に普段YSCCのホームゲームで公式記録を付けている人が最初から最後までついてくれて、実際の記録員と同じ作業を体験させてもらった。記録する情報は全部で9つ。①シュート ②ゴールキック ③コーナーキック(蹴るサイドも) ④直接FK ⑤間接FK ⑥オフサイド ⑦ペナルティキック ⑧選手の交代 ⑨警告と退場 最初はこれくらい楽勝だろと思ってたんだけど、いざ始まってみるとこれが意外と難しい。まずいつもの感覚で試合を観てるとまず見逃す。一番見逃しがちなのがゴールキック。普段試合を観てる時はゴールキックなんて一番何かが起きにくいプレーだし、気を抜いてることが多いから、記録を付けるのを漏らしがち。今回初めて知ったけど、公式記録は必ず複数名で付けていて、お互いに随時確認し合いながら付けているということ。それとシュートカウントするかどうかは一応目安はあるものの、最後は選手にシュートを打つ気持ちが入っていたかどうかという意外とアバウトな判断基準であること。ちなみに個人的な感覚からすると、意外とシュートとして認めないんだなという印象。





確か2014シーズンの大分のアウェイユニフォームの背番号プリントが当初は水色だったのが、途中から濃い青色に変わったことがあったけど、アレは間違いなく公式記録員からクレームが入ったと思われる。ニッパツは球技専用でとても観やすい上に、記録員室はその中でも一番ピッチがよく見える位置にある。よくあるガラス張りの部屋のあたり。それでも選手の背番号って意外と見えないし、曇りの薄暗い日の試合で白地に水色の背番号だったりしたら、そりゃクレームも入るよなと今日記録員の体験をしてみて感じた。



5年くらい前にヴェルディが記者席で試合を観させてくれて、監督会見も生で体験という企画をやっててそれにも参加したけど、確かチケット代は5000円だった。別に手間だったり、希少性の高いイベントだということを考えると妥当な値段かなと当時は思ってたけど、何と今日のYSCCのイベントは無料!スタジアムの一番いい位置から観させてもらえるというだけでお得感があるのに、さらにお弁当は出るわ、試合後にピッチで今日ゴールを決めた吉田選手とDFの宗近選手と写真撮影してもらえたり(少しおしゃべりもしてくれた)、最後は公式記録のコピーをいただいたり、極めつけはYSCCのホームゲームで使えるチケットまでいただけるという、至れり尽くせりのイベント。


関係者入り口から入ると、いきなり藤枝の大石監督がDAZN用のインタビューを撮影している現場に遭遇したり、ホームゲーム運営のためにたくさんのクラブスタッフが忙しそうに走り回ってるのを目の当たりにしたりととても新鮮な経験をさせていただきました。サッカーの試合はたくさん観てきたつもりだけど、まだまだ色々な見方があることを教えてもらったし、これでまた一つサッカー観戦ライフが豊かになった気がする。こんな機会を設けていただいたYSCCには本当に感謝感謝。ありがとうございました。まだ今季ホームゲームで勝ちがないらしく(去年の今頃ニッパツで完敗食らった身からすると信じられないけど)、最下位と苦しんでるけど、今日の試合も最後まで本当に見応えのある好ゲームだったし、必ず浮上すると信じてます。こういう体験型観戦イベントは本当に楽しいから色々なクラブがやってくれるといいなと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大津、前田おめでとう!(2... | トップ | 「こういう試合をモノにしよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トリニータ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL