趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

小さな虫の世界に見る

2012年07月31日 13時10分17秒 | 植物や虫達との回想
昨日は少しだけ涼しく感じましたが、予想通り酷暑となります。快晴です。

もう何とでもなってちょ・・・って感じですね。ここまで来たら最高気温を更新するのもいいのかなって(40度)そこまでは行かないかなぁ・・・。

相変わらず太陽の光はオレンジ色です。にも関わらずこの暑さです。まーね、アンバランスのバランスでしょうか。紫外線も多いでしょうが、赤外線?なにやら今までとは違う要素が太陽の光の色を違っての目に見せているようです。

人間の網膜組織の92%は水で出来ていますので、水面に鏡のように風景を反射させて色を感じているわけですから、当然体内に循環する水の影響を受けるわけですね。
ちなみに脳は80%が水分ですから、水が考えているようなもの・・・比喩ですがね。

洗濯物干しくらいしか出来ない能無し親父ですから、きっとオレンジ色かかって見えるのでしょうね。

さてと、前置きが長くなりました。今日の話は昆虫の話です。何でこんな話を書くかと申しますと、実は昨日偶然岐阜県の山奥で「ナナフシ」を発見したからです。正確にはナナフシモドキです。モドキという名前ですがちゃんとナナフシです。
     ↓


それで、このナナフシはとてもとても不思議な昆虫です。生きた本物のナナフシは生まれて初めても見ました。少なくとも愛知県では見た事がありません。自然の中で生息しているナナフシの話です。

擬態で有名ですよね。いわば、変装の名人。このナナフシは緑色なので草に変装するのでしょうね。

どうして擬態するかなんですが、彼らには特にこれといって武器が無いのです。
種類によっては、強烈な刺激のある液を吹きかける種もいるようですが、このミドリ君はひたすら固まって動かない葉っぱに擬態するがメインのようでした。

実は、道端にある野菜売り場(近くの農家さんがやってるやつ)のトウモロコシにまるで葉っぱのようにくっついていたんですがね・・・。

始めはわからなかったのですが、見つけたらもうわかっちゃた

そこで、ほんの少しだけ一緒に遊んで、近くの花壇にそっと戻してあげたのが上の写真です。

それで、動きを観察したりしてたんですが、始めはつかんで逃がそうと思ったのですが、つかむとサソリのように尻尾を丸めて指に威嚇してきます。←この時点ではヤバイかなと思って枝に乗せて花壇に移動しました。

後で調べて(何せ本物を見たの生まれて初めてですからね)、サソリのように尻尾を丸めるのは単なる威嚇と判明。毒もないし、いたって温和な性格だとわかりました。

「小さな虫の世界に見る」で何を見たかですが、平和を見たのです。他の昆虫(都会に住むような)と比べて毒を持っているわけでもない。敵が近づいた時は、ただじっとして擬態してやり過ごす。

なんとけなげな生き物でしょう。そして、大切なのはそういうけなげな生き物がひっそり暮らせる環境があるって事ですよ。

もしかすると昔は愛知県にも生息していたのかも知れません。しかし、もう私の物心が付く頃にはすでに平和が無くなっていた・・・という事でしょう。

平和とは、何もこれといって武器を持たない生物も静かに暮らせる環境なのではと思ったりした次第です。

そんな平和を一瞬で壊せるのが人間ですよ。 

追記・・・調べてビックリナナフシはメスだけで増えるらしいです。
オスは要らない珍しい昆虫だそうですよ。凄いな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の嵐、極地以外のオゾン層を破壊?

2012年07月31日 11時19分22秒 | 気になるニュース
ちょっと気になるニュースですが・・・記事が長い為に一部の引用です。


夏の嵐、極地以外のオゾン層を破壊?
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 7月30日(月)14時14分配信

 地球温暖化の進行に伴い、夏の嵐が地球を守るオゾン層に新たな穴をあけ、人口密集地域に降り注ぐ太陽の紫外線を増やすおそれのあることが、最新研究によって明らかになった。

 さらには地球に到達する太陽光が増えると、地球温暖化のもたらす主要リスクに皮膚癌が加わる可能性もある。

 地球温暖化が進むにつれ、夏の嵐の発生頻度と激しさが増す可能性のあることは、すでに一部研究によって示唆されている。そのようなことが起きると、上空14~35キロの成層圏(地球大気の下から2番目の層)まで運ばれる水蒸気が増える。水蒸気は強力な温室効果ガスの1つだ。

 ハーバード大学の大気化学者ジェームズ・アンダーソン(James Anderson)氏らの研究チームが、先ごろアメリカ上空で一連の調査飛行を行った結果、夏の嵐はたびたび水蒸気を成層圏まで押し上げていることが明らかになった。「これは疑う余地のない観測結果だ。複数回の飛行を重ねて、これは(嵐の持つ)不変の特性であることがわかった」とアンダーソン氏は述べている。

 研究によると、この水蒸気は、条件が整っていればオゾン層を破壊する化学反応を引き起こす可能性があるという。オゾン層は成層圏の中にあり、有害な紫外線が地表に到達するのを防いでいるものだ。オゾン層がわずかに減少しただけでも、皮膚癌や眼損傷の発生リスクが増大しかねないと専門家は指摘している。

◆アメリカ上空でもオゾン層破壊?

 今回の研究結果にアンダーソン氏は懸念を抱いた。同氏が1980年代と90年代に行った研究は、モントリオール議定書(オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書)の成立に重要な役割を果たしている。この国際的な取り決めにより、ヘアスプレーや冷蔵庫など、さまざまな製品に用いられていたオゾン層破壊物質クロロフルオロカーボン(CFC)の製造が段階的に廃止された。CFCは塩素の一形態を生成し、それが主に北極と南極上空にある成層圏のオゾン粒子を破壊する。

 北極および実験室で行われたその後の研究において、塩素がオゾンを破壊する化学反応に重要なのは気温と水蒸気濃度であることが明らかになった。そして今回のアメリカ上空における新たな観測結果は、夏の嵐が中緯度域において同じ気温と水蒸気濃度の条件を発生させることを示唆している。

一部引用はここまでです。詳しくは元記事を読んでください。

「水蒸気は強力な温室効果ガスの1つだ。」そうで・・・。水の気持ちがわからない科学は現象の分析や物理的な原因の検証は出来ても、では何故そうなるか?の部分は理解できないでしょう。

お前はわかるのかって? さーどうでしょうかね

洗濯物くらいしか干せないダメ親父ですよ・・・あははは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼ける暑さから蒸し風呂へ

2012年07月30日 10時15分03秒 | 環境に関する話題
昨夜は久しぶりの雨でした。なんとか夜中に室温30度という状態からは解放されましたが、湿度が・・・・。

ジメジメジトジトプラス暑さ・・・どうやら日本の夏なんでしょうかね・・・。今日も35度近くまで気温は上がるかな・・・・。

昨日は、所用で岐阜県の大垣市のかなり田舎の方へ連れていってもらっていました。

たぶん涼しいだろうなとは思っていましたが・・・これがこれが大間違い。

完全なミストサウナ状態でした・・・・・。濃尾平野全体がミストサウナの中にある。これでは、温度は下がりません。

水がやはり変異していると感じましたね。山奥の水たちもソラへ旅立ちの準備をしているのでしょうか。

もちろん旅たった分は補われますから心配はいらないとは思いますが、この暑さが人工的にもたらされていれば話は別です。


気がつけば台風10号が発生ですか・・・一昨日の気流の画像では確認できませんでした。

9号は見て取れましたけどね。 まるで太平洋上に浮かぶ二つの目玉に見えますね。

今日よりも明日が暑さは本番のようです。 兎にも角にもなんとか乗り切らないと・・・。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

海面温度は何を語る??

2012年07月28日 14時20分42秒 | 環境に関する話題
今日で4日目です。なんだかはパワーもなくなって来ました・・・。
?うなぎ食べたかって? 食べるわけ無いでしょ・・・そんなお金ありません。でも、うなぎは栄養価が高いだけでは無くバランスもとれた食材のようです(調べてみました)。

しかし、保護の為にも庶民の食材では無くなったのも事実ですね。数が増えれば、いずれは解消される事でしょう。

今朝はの寝てる場所は室温35度でした・・・。
の部屋はエアコン(窓用)を一晩つけて30度。朝の冷たく感じる外気温が30度ですよ・・・。

北風まで30度・・・でも、その原因がなんとなくわかりました。本来?すでに本来なんて言葉は死語でしょうけどね。緑の多い濃尾平野で北からの風はある程度は冷やされるのですが、家々が密集した平野はその機能を果たしません。

で、下の図です。向かって左が2010年。右が2012年の一昨日のデータです。


あの酷暑だった2010年はすでにこの時期に、列島全体が高温の海水に覆われていました。

今年は、部分的です(黒○の中)。特に中部地方で全国の最高気温をマークしていますね。
内陸部は他の複合的な原因がきっとあるのでしょうね。

海面データと気流の関係を見ていますと大体の見当がつきます。

ちなみに低い層の気流は、日内の変動も大きいです。

中部地域とか列島全体とかになると、かなり高層の気流の流れの影響を強く受けるようです。

現在はほとんど太平洋高気圧が停滞しているようです。この原因は日本周辺だけをみていてもわからないでしょう。

あそこをこうすれば、ここがこうなって、これがこうなるから・・・でこうなると。

すでに、超超超スーパーコンピューターで解析が出来る状態です。

ほんとうはこの暑さを補う為に寒気が張り出していたのですが、それが綺麗に片付けられてしまいました。何故か日本を含む周辺だけが・・・。

作物にとってはありがたいのかも知れませんが、長続きすればやはり弊害がでるでしょうね。

街路樹の元気が無くなりだしたら注意信号でしょう。

でも、元気な人は元気だから・・・。

そうそう、日差しの色が違うんです。夏色していない。なのにこの暑さ・・・。

うーん・・・夏ってこんなだったかなぁ・・・

追記・・・図の右と左を間違えていました・・・朝からもろうとしています・・・。
PM1時の段階で、南向きのベランダ日陰で37度を超えていました
洗濯物3回戦終了。西日の当たるベランダは何度まで上昇するのかな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月は節約諦めました・・・

2012年07月27日 09時25分59秒 | つぶやき
昨日はの部屋は午後の4時で室温36度・湿度45%でした。

なんとか窓用のエアコンで30度までは落としましたが、朝4時の時点で、すでに30度を超えていましたね・・・。

他の部屋も同様です・・・さすがに夜中に30度を下回らないのでは眠れません。

エアコン嫌いな→は、熱風を「なんて暖かくていい風」とのたまうので・・・流石に常人はついてゆけません・・・

「エアコン入れたら?」と申しますと、

「あんね。あたしゃ職場で冷房の真下の超寒いところにいるんだからね。もー体が冷え切った毎日を送ってるんだからと(長くなるからカット)・・・」。

よーわ、仕事で苦労しているんだから家くらい自由にさせろって事でしょうね。

が寝てる部屋に冷蔵庫があるんで、冷蔵庫がウンウンとうなりっ放し・・・。

少しはエアコンで部屋全体を冷やすといいのに・・・。

といっても、エアコンで全体(リビングと奥の部屋)を30度くらいに保つ方が節約なのか、それともエアコンしないで、冷蔵庫が動いている方が節約なのか・・・このあたりは微妙でわかりません。

この時間で、すでに室温32度を超えています。何故か昨日よりも湿度が高いぞ??

今夜からは・・・正確には昨夜からエアコン3台起動していますから(夜間だけですが、しかも30度設定)今月の消費電力量は200kwhを切るのは不可能と思われます・・・

それでも他の工夫で、なんとか200kwhを切りたいものです

工夫というより忍耐力の問題かもしれません・・・・

今日で酷暑3日目です。あの2010年に匹敵する暑さ感があります。
蓄積がありますので、今日当たりに夕立が無ければ、40度を超えてくる可能性が大ですね・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加