趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

涼しさの陰で・・・

2010年09月30日 10時10分58秒 | 環境に関する話題
大陸からの寒気?の影響で涼しくなった今日この頃です。
今朝は、朝から雨・・・。洗濯できないな・・・

さて、以前といっても約一ヶ月前にニューヨークでトコジラミ(南京虫)大発生のニュースは驚きましたが、あれから一ヶ月どうやら全土に広がりつつあるようで・・・。
少なくともニューヨークでは、収まっていないようです。

TVでほとんど報道されないので真意の程は不明ですが・・・。

今回大発生のトコジラミ、殺虫剤がほとんど効果無し、DDTはさすがに無いでしょうから・・・。DDTさえも効かないのではとの噂もあるくらいです。かなり耐性を持っているようです。

しかもこのトコジラミ。夜中に3時間しか行動しない習性。だから、ビジネスや観光で訪れる人にくっついて世界中にばら撒かれる可能性大・・・。

卵にいたっては、かなり強靭らしいです。熱にも、薬剤にも強い・・・。

最強の生物兵器・・・いやいや害虫ですな。ゴキブリの小型板か?ゴキブリは刺さないからまだかわいいな・・・。

「かわいく無い!!!

兎にも角にも、世界交流が盛んですから日本上陸も時間の問題かも・・・限りなく現実に近いかもです

今年の冬の寒波。ニューヨークに始まり、ヨーロッパ、日本にもやってきました。
この9月28日に、ロサンゼルスで最高気温を更新したりしています。なんと45度。
45度ですよ45度!!こまかな事はわかりません。

想定外ですよ!!もちろん報道されていません。おそらく家庭用のエアコンだと限界外気温じゃーないかな・・・。

経済の流れも、自然現象もアメリカ発~そして世界へ。この傾向いつまで続くのでしょうね・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かゆいんですよね・・・

2010年09月28日 09時20分04秒 | 環境に関する話題
テレビでは例の問題で持ち切りですね・・・。言葉がありません。

異常発生の記事です。

アメリカシロヒトリの幼虫大発生 駆除班出動大幅増 酒田
河北新報 9月28日(火)6時13分配信

 山形県庄内地方でこの夏、庭木や街路樹などの葉を食べるアメリカシロヒトリの幼虫が大量に発生した。被害が大きかった山形県酒田市では、市が実施する個別駆除が追いつかない状況になり、防除方式の見直しも検討されている。
 酒田市では2003年から、要請があった世帯へ個別に駆除班が出動し、薬剤を散布している。今年の駆除は約2100世帯に上り、08年の約1100世帯、09年の約1300世帯と比べて大幅に増えた。
 市中心部の飲食店経営の男性は「今年は特にひどく、家の中にまで入ってくるありさまだ。相談が殺到して、駆除の順番がなかなか回ってこなかった」と話す。
 アメリカシロヒトリの繁殖は、前年から越冬した個体が卵を生んで5~7月に増える「第1世代」と、第1世代が親となって8、9月に発生し、さなぎになって冬を越す「第2世代」に分けられる。
 酒田市によると、今年は第2世代が爆発的に増加。作業班を通常の1班3人の2班体制から3班体制に増やし、作業期間も1週間延長した。駆除費用も当初の予算約570万円を上回るのは確実だという。
 鶴岡市や庄内町は、自治会などへの防除機の貸し出しで対応しているが、貸出件数は例年よりも増え、薬剤も追加発注したという。
 酒田市農林水産課の担当者は「今年は、前年までの増加傾向に加え、高温、小雨の異常気象の影響がある。来年も増えることが予想される」と警戒。住宅地など周辺環境の安全性を考えて02年を最後にやめた薬剤の一斉散布方式の復活も検討しているという。

以上記事より引用です。

これ痒いんです・・・。風に乗って毛がくっつくとかゆいんです。の地域では桜の花が散ったころに大発生します。種類が違うのかもしれませんが、毛虫には変わりありません。

このての昆虫の大発生も、環境の変化なのでしょうか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昆虫界では・・・

2010年09月26日 12時40分22秒 | 環境に関する話題
亜熱帯産・ナガサキアゲハ、福島で発見
読売新聞 9月26日(日)9時12分配信

亜熱帯が原産で、国内では関東以南が生息域とされるチョウの「ナガサキアゲハ」を、福島県いわき市の写真愛好家丹野稔さん(57)が同市内で見つけ、撮影に成功した。

 研究者は温暖化で北上した可能性に注目している。

 丹野さんは今月18日、虫の撮影のために足を運んだ市内の山間部で4、5匹群れているのを発見。「珍しいチョウだ」と関心を持ち、望遠レンズで撮影した。

 羽を広げた際の大きさは15センチほど。日本環境動物昆虫学会員が写真を見て、ナガサキアゲハのオスと分かった。

 ナガサキアゲハのオスは、青みを帯びた黒い羽が特徴。国内の生息域はかつては九州だったが、戦後北上し、ここ数年は茨城県辺りが北限だった。

 チョウに詳しい東京大学総合研究博物館の矢後勝也特任研究員は「温暖化で東北での発見は時間の問題と思っていた。さなぎでの越冬が確認されれば、1年を通しての生息域が北上したと言える」と話している。

以上記事からの引用です。

福島って確かほとんど東北ですよね・・・。亜熱帯産ですか・・・。

蝶の世界で起こってるなら、肉眼では見えない世界はどうなっている事か・・・。
日々顕微鏡をのぞいたり、野山の研究をしている方々はきっと肌で感じていることでしょうね。

里山では考えられない異変続出ですけどね。この中部の山でもそうです。
兎に角今年は、熊や猪が大暴れ・・・。熊に関しては、昨年の4倍以上の被害がでています。野山に野生動物の食べ物がほとんど無い事に加えて、熊が人を恐れなくなっているようです。

静岡のサル事件も、襲われているのは女性と老人が主です・・・。

脅して少し怪我をさせりゃこっちの思う壺。後は、身を隠せば捕まらない。

うーんどこか似ているような・・・。

過去にこのブログで書きましたが、野生動物との全面戦争に突入の予感がします。

ほんとうに、ほんとうに残念なのですが、傭兵を雇っている段階ではないようです。

里山でも切実な問題が山積み、都会でも同じです。

熊や猪は大型だからまだなんとかなりますが・・・。

続きは書けません。

今の内に、お世話になった方々にお礼を言っておきましょう。

「ありがとう」と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲しい限り・・・。

2010年09月25日 12時23分18秒 | つぶやき
最近よく自給自足を目指そうとか、そんな方が増えています。

私もその一人なのですが、はっきり言って自給自足できる方は、相当恵まれた方です。
田舎暮らしの経験がある私が言うのだから間違いありません。

どうしても社会との接点を持たない訳に行かないから、土地代と家代を別として、約300万×住む予定の年数になりますね・・・。

昔と違って、今の田舎はお金がかかります・・・。土地と家があっても、年間150万円位は村とのお付き合いで飛んで行きます。婦人会、青年会、町内会、新年会、下水道整備積立金、エトセトラ・・・。土地も家もないなら田舎生活は考えるべきではありません。

はっきり言って、都会で暮らした方が、そういった経費はかかりません。

その上に、自給自足の為の苗の購入。害虫害獣対策費用その他等。書き出したら切が無い。

これらの条件は関係ない、田舎の自給自足生活は最高だと思われているあなた・・・。

あなたは、とても運のいい約70億分の数千人に入っているってことです・・・。

田舎での悠々自適の生活も、平和な世の中があってのこと。

今、平和な世が壊れ始めています。これはもうどうしようもない・・・。

仕組まれ、その仕組みに知らず知らずに乗っかった責任なんでしょうか。

言葉がありません。 いよいよなのでしょうか・・・NS~SNへ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LEDの設計寿命に関して続き

2010年09月24日 20時12分40秒 | LEDランタンやらLED電球やら
こんな定義もあるようです。

LEDの設計寿命の定義

LEDは固体発光方式のため、従来の光源のようにフィラメントの断線により不点灯になることはほとんど起こりませんが、使用材料の劣化などにより、点灯時間の経過に沿って徐々に光量が減少していきます。LEDの寿命につきましては、(社)日本照明器具工業会が2005年7月に制定した技術資料134「白色LED照明器具性能要求事項」の中で、「一般用照明器具の光源として使用する場合のLED寿命は、全光束が初期全光束の70%、または光度が初期光度の70%に低下するまでの時間とする」と定義しています。

当社ではこれにならい、独自の評価技術を用いて初期全光束の70%に達した時を寿命として表記しています。
この数値につきましてはあくまでもLEDの設計寿命であり、その寿命を保証するものではありません。照明器具の寿命につきましては、従来光源を使った商品と同じです。

以上はあるメーカーの設計寿命の考え方です。

つまりは、LED電球は、従来の発熱電球の様に切れて点灯しないという事はないが、徐々に暗くなるって事のようです。この資料のメーカーはその基準を70%に設定されています。
国際基準とかあるのだろうか??

どうりで、3LEDベビー球が暗くなった訳だ・・・。パッケージをよく見ても、省エネ、長持ちとしか書いていない・・・。設計寿命○○○○・・・時間と、どこにも書いていない。
常夜灯的に使用したなら、1年くらいで設計寿命に達したと考えるのが妥当だろうか。
我が家の場合は、1日10時間位の使用だったのだが・・・。

問題は、メイン照明のLED電球だ。こちらは、値段も2千円位した・・・。寿命がいかほどか?パッケージの表記通りなのだろうか・・・。

メーカー(国産)によっては、5年以内に暗くなったら無料交換する旨が書いてあるところもあるようだ。当然使用条件はあると思われるが・・・。

ホームセンターで販売されているLED電球も、それくらいの好意があっても不思議では無い気がするが・・・実際は?

ここで注意!!LED電球・・・確かに切れません。でも、暗くならないとはどこにも書いていない。

もしも1年や2年で明るさに変化があったらそれって無償交換なんじゃないのかな??
極端に設計寿命の短い電球じゃーないんですか?

さらに、メーカー保証書・・・ありませんよね?

てことはつまり・・・消費者が被害を受ける可能性大じゃーないのかな?

LED電球まだまだ問題点がありそうですね。

これらの状況を踏まえながら購入した記録は残しておくべきだと思いますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加