趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

落胆

2010年04月30日 10時40分32秒 | 日記やらぼやきやら
散歩していると立派な家が沢山ある事に気づく。

お金持ちが多いのか、自分の体力に自身がある方が多いのか・・・。

少なくとも、元手が無ければ家も立たない。住む場所も手にする事が出来ない。

私など、バブル崩壊後、まともに職にありつけた事が無い・・・。まともな仕事に就けたと思ったら今度は倒産・・・。

人並みに結婚して子供もいるのだが、奨学金の貸付及び返済条件を見て愕然とした。

今後の社会環境を垣間見た時、返済など出来る訳が無い・・・。本人が返済出来ないなら、連帯保証人や保証人の財産を差し押さえる

しかも、1回でも返済が滞れば、次の月に全額返済だ

なんと言う厳しさ・・・。現役の高校3年生がその厳しさの意味がわかるはずが無い!!

裏を返せば、「資金の無い親や親戚関係のお子様は、進学をあきらめてください。」と書いてあるに等しい内容だ。

いっその事、年収いくらいくらのご家庭のお子さんは進学をあきらめて下さいとはっきり言ってくれた方がありがたい。あきらめも付く。

子供自身まじめに努力して勉強して進学校へ行き、奨学金を信じて頑張って来たが、あまりにもその落胆は大きい。

運良く借りられたとしても、5年後から返済が必ずスタートできるなど、誰が名言できますか?私は、すでに4年も前に、株の暴落を予知しました(このブログではないですが)。
それは、リーマンショックとして表れました。

ドイツはすでに、親の経済状況に合わせて給付型の奨学金が施行されています。

日本の国公立大学の授業料の値上げ率は異常としか言えません。

この国の未来は、私には観えません。たとえあったとしても、それは、さらに歪な社会を構成し、やがては破滅へと進むだけです。

本当に気の毒で仕方が無い・・・ゆとり教育の犠牲になり、おまけにバブル崩壊のしわ寄せを受け、1500億円の赤字のしわ寄せを受け(旧育英会)、そして運よく大学へ進学できたとしても、在学中に、おそらくは社会の変革を目にする事でしょう。5年後の明るい社会を予測できる人がどれだけいますか?

今の金融社会構造の延長ならば、増税で手取り収入などほとんど無くなるはずです。

そこから奨学金の返済など、ありえない話です。

そのありえない話を堂々と、連帯保証人及び保証人(4親等以内)に転嫁すると書いてある。

私には聞こえる・・・。

「忖度できない愚か者が悪い。」のだと。

冷静に考えて、

「とんびは鷹を生めず、育てる事もできなかった・・・。」それだけの事かもしれない。

貧乏親父のぼやきでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悠久の時の流れの中で

2010年04月29日 18時49分13秒 | 気になるニュース
カナダ極北の北極圏で降雨、「異常な現象」と関係者
4月28日13時52分配信 ロイター

 [オタワ 27日 ロイター] カナダ極北の北極圏で先週末、雪ではなく降雨が記録されていたことが分かった。現地で活動する英国のチームが27日に明らかにした。
 雨が観測されたのは、首都オタワから北方約3900キロにあるエルフリングネース島の補給基地周辺。基地に滞在するペン・ハドー氏によると、雨は約3分間降り続き、同じころに約145キロ離れたカナダのキャンプ周辺でも雨が降ったという。
 極寒の地での降雨に、ハドー氏は「本当に驚いた。4月にこの場所で雨が降るのは異常な現象だと思う」とコメント。北極圏の気温上昇で、こうした体験が増えるとみる科学者もいるだろうと語った。
 北極圏の気温上昇は、ほかの地域に比べて3倍のスピードで進んでいるとされ、専門家は地球温暖化の原因といわれる温室効果ガスとの関連が指摘されている。

以上記事から引用です。

これは凄いニュースですよ。だからと言って、地球温暖化を防ぐためにCO2の排出を減らす、とか、原子力発電を直ぐに建設する予算をとか言うレベルの話ではないのです。

このような報道が、脱二酸化炭素社会を加速し、それに群がる利権を肥やすのに利用される事は大変悲しい事だと思います。

凡人に出来る事は、そろそろ、覚悟を決める事です。

極は気温が低いから極なのです。極が温められれば、どこかに寒い場所が出来ます。

何度か同じような現象を繰り返し、地球は、次に最適な極を作りだすのです。

振幅が大きければ移動距離も大きくなるし、小さければ最小になる。事実、極は毎日移動しています。

その、振幅が小さかったから、今日の文明が築けたのです。

何故振幅が起こるか?

原子時計の振幅の変化を知っている方はもしかすると、既に気づいているかもしれませんね。

いかなる正確な原子時計を作ったとしても、地球上の構成原子で作っていたらわからないでしょうから無理だとは思いますが・・・。

何故って、同じ速度で振動している物同士は、その振動に気づかないからです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨も日照りも紙一重

2010年04月29日 10時04分30秒 | お天気関係
関東で大雨や強風=都心は4月の史上最大雨量-気象庁
4月28日10時39分配信 時事通信

 関東地方では28日午前、局地的に強い雨や風が観測された。気象庁によると、1時間の降水量は神奈川・辻堂(藤沢市)で午前7時までに40ミリ、東京・大手町で午前8時40分までに26ミリとなり、いずれも4月の観測史上最大を記録した。同庁は静岡県の伊豆地方に大雨警報、神奈川県東部に大雨・洪水警報や土砂災害警戒情報を発表した。
 この大雨は、日本列島の東側に高気圧、西側にいくつかの低気圧があり、気圧の傾きが大きくなったのが原因。関東の大雨は28日昼ごろに峠を越える見込み。
 辻堂と大手町では、3時間降水量も4月の観測史上最大となった。静岡・天城山では午前6時半までの3時間に102ミリの雨が降った。

以上記事から引用です。

4月の記録を更新しましたね。5月6月7月と更新を記録するでしょうね。

もうどうしようもありません。雨に関して考えれば、この長い日本列島(世界規模で言えば小さな国)大雨が降ってる地域もあればそうで無い地域もある。

トータルでつじつまを合わせるわけですから、どの範囲で捕らえるか?だけなんですね。

短期的に、1年で見るか、50年で見るか、100年で見るか、1000年で見るか。

すべては、一定のはずなんです。

夏も同じ傾向なら、「今年は非常に雨が多かった年」と言う話になるでしょう。

でも、5年とか10年のスパンで平均値をとったら差ほどの変化が無い・・・。

差ほどの変化と書きましたが、海水温は0.5度の変化で生態系が変わってしまう。

それほど、恒常性の変化は生態系を変えてしまうのです。

人口が少なく、人類が移動をしていた頃は、風を読み、大地と会話をして生存に適切な場所へ移り住んだのです。

今は、そうは行かない。行かない代わりに、文明と知恵を獲得した訳ですね。

その、文明と知恵をいかに使ったか。今後どのように生かすか。既に一部の権力者に・・・。

いかんいかんまた妄想が・・・。

確実に言える事は、農作物の被害がでるって事です。既に、かなりのダメージを受けています。野菜だけではありません。おおよそすべての作物に影響が出ています。

ハウス栽培も、これほど悪天候が続けば、燃料代の問題が出てきます。太陽に依存している従来型の農業は、家族が食べられる分くらいではないでしょうか。

夏以降は、的には、干ばつを予想しています。出来るだけ雨の多い時期に、貯めておくべきではないでしょうか。

本来は、森や林が水を蓄えるのですが、乱開発で、それも今は機能していません。

大量に急激に降る雨は、吸収されることなく海へ流れて行きます。ありがたい事に日本は海に囲まれています。しかも、日本には技術が・・・。

うわ・・・またイメージが・・・。書けません。

の予想が外れる事を祈ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博士、地球外生命体を語る

2010年04月28日 09時58分40秒 | 気になるニュース
【4月26日 AFP】英国の宇宙物理学者スティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士は25日、「宇宙人は存在するかもしれないが、破滅的な結果をもたらす恐れがあるので、コンタクトは避けるべき」と警告した。英国のメディアが報じた。

 これは米国で25日に放送が始まったディスカバリー・チャンネル(Discovery Channel)の新シリーズ「Into the Universe with Stephen Hawking(スティーブン・ホーキングと宇宙へ)」でのこと。

「もし宇宙人がわたしたちのところにやってきたら、コロンブス(Christopher Columbus)がアメリカ大陸にやってきたような結果になるだろう。先住民にとっては決してよい結果ではなかった」(ホーキング博士)

 宇宙人の存在についてホーキング博士は「数学的に考えると、宇宙人が存在すると考えるのは完全に合理的だ」と述べ、真の課題は、宇宙人とは実際にはどのようなものなのか、その答えを見つけることだと語った。(c)AFP

以上記事から引用。

情報の出所が英国・・・。このタイミングで何故?と思ったりもする。

記事自体がTV番組の番宣?のようにも感じるのだが・・・。気になったから備忘録としてのっけてみた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人類の歴史そのもの

2010年04月26日 10時42分00秒 | 日記やらぼやきやら
晴れの天気が続いている。洗濯業務も問題無く遂行。太陽のありがたさを痛感できる日々だ。

さて、近所のレンタル屋さんでは、すべて貸出中で借りれなかったアバターだが、偶然に1本だけ返却されたのがあったので、思わず借りた。

うーん。きっとすでに映画館で観た人が多いと思うが・・・。の感想では、地球系ヒューマノイド人類の歴史の一端が反映されていると感じた。

アバターの中では、特殊な鉱石の採掘が目的であったが、同様な採掘と原住民の遺伝的操作、奴隷化計画と侵略などなど、同じ事が現実の世界の中で行われて来たのだと思う。

その中で、科学者は個人の好奇心を研究探求し、政治家と投資家と軍は、科学者を利用し
自分達の目的を果たすのである。軍の司令官が一見悪役の様に思えるが、「株主」とか、
「開発」とか「プロジェクト」とか「投資家」とか、いくつかのキーワードがでてくる。

最近の映画にみえる共通点はいくつかあるが、的には、「木」に注目したい。

映画knowingのラストシーンにも、大木が登場した。

人類よりもはるかに寿命の長い生命に、生き残りのヒントをいただきたいのであろうか。

も時々、巨木に呼ばれる事がある。と言っても無性に逢いに行きたくなるのだが・・・。

別に、その場所へ行って何をする訳でも無い。そっと眺めるだけなのだが・・・。

考えてみれば、その場所へ行けるのも、文明の御蔭であり、友人の御蔭であり、地球の御蔭である。

だから、そっと帰って来る。ただそれだけだ。お金も無いから行ける範囲も限られるのだが・・・。

毎度の事だが、話がそれてしまった。

皆さんは、映画アバターに何を感じますか?単なる娯楽映画で終わってしまっては、少し惜しい気がします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加