趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

夢の話

2017年09月25日 09時55分53秒 | 夢の話
今日は秋晴れ?でしょうか。気持ちの良い朝なのですが、何故か自分の見た夢で疲れたであります。

社会(世界)環境は益々複雑になってゆく今日この頃ですが、冬の祭典の行方が一つの判断基準でしょうか。

そんなかんなで、奇妙な夢を見たのか? 「夢」僕が創り出す妄想です。

あまりにもありありと覚えているので書いときます。ちょっと長くなってしまいました。

何故か高校か専門学校へ通っている僕。 夢の中で2度目の学校(おれ高校卒業してるよな?)と現実的な記憶も出てきてました。笑えます。

で、その学校で来年の7月に、集団予防接種が行われる事になって、その予防接種は極めて危険な事を知っていた僕は、先生にその危険性を訴えるも「完全無視」。今まで希望者だけだったその予防接種、強制接種になった時がそのタイミング。

何故かその事を知っていた僕(夢の中で僕はタイムトラベラー?)。その予防接種こそ、ナノカプセルを埋め込む予防接種。取り合えず回避策を考える為に、今日は学校を早退しようと、いつものバス停へ向かう。 夢の中では僕はバス通学らしい。

バス待ちしている所へ、バスが入ってくるが、そのバスが目の前で横転。なんかバランスを崩して横転し近くの街路樹にひかかって斜め状態に・・・。あくまでも夢の中の出来事w。

それで、次のバスまで他の人と一緒に待つ事になったのだが、なんだかここにいてはダメな気がして、一人町まで向かう事に。

どうやらその場所(学校がある)は、島かなんかそんな感じの場所のよう。なぜなら橋を渡らないと町らしき場所へ行けない。

結構長い橋を歩いて渡っていると、その橋が水か海水?に水没して行くシーン。これはあかんと思って他の人に知らせに行こうと戻ろうと思ったがすでに時遅し。退路は水没。先に進むしかない。

何故かそんな時の緊急脱出路をしっている僕(流石は夢だw)。水没していない堤防のような場所の管理塔に登り、そこの人に話を聞くと、潮の満ち引きで数年に一度この橋は水没するらしい事がわかる。

流石は夢だ、そんな時の緊急脱出路を教えてもらっていないのにもかかわらず、その場所へ向かい、脱出路の入り口の開け方も知っていたから、管理人らしきおっさんから「あんたは何者」と言われる。←夢だ~なんでもありだな。

そして、その入り口を体をクネラシながらくぐり・・・・現実の世界へ戻りました(ようは目が覚めた)。

いやー夢の話でここまで長く書くとはw。観たままを書いたので文が長くなりました。

夢は夢。僕の意識が創り出す妄想の世界。

でも、その中に現実の世界に通じる何かがあるのでしょうか・・・。

未だに何か長い時間じっとしていたような感覚が残ってます。 どんな世界へ行ってたのかなぁ・・・?

くだらん話を最後まで読んでくださってありがとうございました。

こんな記事が書けるのも、現実の世界が平和だからです。 今日も地球に、そして文明に感謝です。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 似てるがまったく異な物 | トップ | 原材料高騰の影響 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

夢の話」カテゴリの最新記事