趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

環境の影響も大きい

2017年06月14日 11時20分17秒 | 環境に関する話題
今年が特別なのでしょうか? 5月もかなり気温が変動しました。初夏を思わせる日があったり、はたまた季節が2ヶ月戻ったりと、そんな異様な状態で菜園の野菜は半月以上生育が鈍っています。

そんな気温の変動のさなかなのですが、ありがたい事に湿度が思ったよりも低く推移していましたね。体感的にもそうですが、洗濯物の乾燥にも大きく影響しました。

ですから、環境の影響もすこぶる大きいので、一概には言えませんが、工夫で一戸建てでも電気代はかなり節約出来る事がわかりました。

古い友人宅の電気使用量が、僕の監修の元(簡単なアドバイスですけどw)少しづつ効果が現れて、6月の請求では

前年実績よりもかなり節約できて、66kwhを達成しました。 ちなみに前年は79kwhでした。13kwhの節減です。

金額がこれまた驚きで、約2000円です。  消費税や再エネ賦課金を除けば確実に2000円以下です。

全国平均の単身世帯の電気代が5060円ですから、半分以下になりました。

ただ、環境の影響も大きいので、来年の今月が同じような結果になるかどうかはわかりませんが、今年のような湿度が低い5月~6月上旬であれば、おそらくは同じような結果になるとは思います。

要因は、ほとんどエアコンを使わなかった。それにつきます。後は、シャワートイレの電源を落として、使うときだけに電源を入れる方式にした事。

コンセントに一口の節電タップを付けて入り切りする方法です。 冬場と違って水の保温にさほど電気を使わないと思いましたが、カテエネデータ的には、待機電力がゼロか0.1kwhになるかの差がでました。

もちろんシャワートイレの仕様によってまちまちですよ。

後は、できるだけ夜間の照明をモバイルバッテリー+LEDにした事でしょうか。メイン照明(LED)も点けますが、長い時間だらだら点けないで、必要なときだけにして、後はモバイルバッテリー+LEDでやり過ごす。

6畳くらいのダイニングなら十分明るいですよ。 仕事から帰って、色々して、夜の8時くらいからモバイルバッテリーに切り替える。 バッテリーが切れる頃には就寝の時間です。

そのバッテリーは、夜間にコンセント充電です。

僕が菜園の手入れにお邪魔している時には、部屋の換気は、すべて小型の太陽パネル(20w)でまかなってます。

小さな工夫と努力の積み重ねと、お天気さんのお蔭ではじき出した数字です。

手間は食いますが、節約は楽しいですよ
『節約』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定例のアップデート | トップ | 政治が前例が無いなら気候も »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む