古代日本史への情熱

記・紀・源氏は魏志倭人伝の奇跡的で運命的な間違い方(逆など)の構造どおりに記述されている。倭人伝にあるのは現代史と未来史

阿武山古墳ー平城宮跡ー平安宮大極殿跡・京都御所

2017年04月29日 12時27分15秒 | Weblog
石上神宮から平城宮跡・および朱雀門、藤原宮跡はほぼ同一距離でした。
ということから推測したのは(いわゆる)藤原京から平城京への遷都に大きな力を持ったのは物部氏だったということです。
(文武天皇と藤原不比等の対立に絡んで、文武天皇を殺害したのは物部連麻呂です)


http://blog.goo.ne.jp/go-hot-ai2395/e/e9b10a15334a192634dd8f03375857c0
石上神宮から平城宮跡・および朱雀門、藤原宮跡はほぼ同一距離です。

以前、△石上神宮―海龍王寺―藤ノ木古墳が正三角形であることをみました。
http://blog.goo.ne.jp/go-hot-ai2395/e/1e8432eb81f5522adda30e55dfe3e3ed
⊿藤ノ木古墳-石上神宮-海龍王寺 2016年05月22日

では、平城京から平安京の場合はどうでしょうか。
まぁ、ずっと勝手な思い込みでやっていますが、
阿武山古墳と平城京・平安京の位置関係を見てみますと直角になりそうです。
また阿武山古墳の鬼門に平安京があります。
平安京は阿武山古墳を守護する位置になるということでしょうか。
そうであるならば、阿武山古墳の被葬者を特定できるということです。
そして、平城京から平安京への遷都は藤原氏の力によるものだったということになりましょう。














△阿武山古墳-平城宮跡-平安宮大極殿跡
阿武山古墳→平安宮大極殿跡
 ①42°23′36.51″ ②222°29′32.49″ ③23,371.596(m)
阿武山古墳→平城宮跡
 ①132°52′14.31″ ②312°59′56.20″ ③28,123.187(m)
平安宮大極殿跡→平城宮跡
 ①172°30′08.06″ ②352°31′55.63″ ③36,716.337(m)

阿武山古墳での角度
 132°52′14.31″-42°23′36.51″=90°28′37.80″≒90.4772度
平安宮大極殿跡での角度
 222°29′32.49″-172°30′08.06″=49°59′24.43″≒49.9901度
平城宮跡での角度
 352°31′55.63″-312°59′56.20″=39°31′59.43″≒39.5332度

平安宮大極殿跡の代わりに京都御所の場合
阿武山古墳→京都御所
 ①44°32′50.84″ ②224°39′28.14″ ③25,066.333(m)
阿武山古墳→平城宮跡
 ①132°52′14.31″ ②312°59′56.20″ ③28,123.187(m)
平城宮跡→京都御所
 ①355°27′03.20″ ②175°25′56.82″ ③37,121.082(m)

阿武山古墳での角度
 132°52′14.31″-44°32′50.84″=88°19′23.47″≒88.3232度
平城宮跡での角度
 355°27′03.20″-312°59′56.20″=42°27′07.00″≒42.4519度
京都御所での角度
 224°39′28.14″-175°25′56.82″=49°13′31.32″≒49.2254度

平安宮大極殿跡
北緯35度01分07.76秒 東経135度44分31.52秒
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=350107.76&l=1354431.52
阿武山古墳
北緯34度51分48.09秒 東経135度34分09.97秒
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=345148.09&l=1353409.97
平城宮跡
北緯34度41分26.44秒 東経135度47分39.75秒
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=344126.44&l=1354739.75
京都御所
北緯35度01分27.23秒 東経135度45分43.61秒
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=350127.23&l=1354543.61


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹島-武寧王陵-阿武山古墳... | トップ | △白頭山-宮南池-平城宮跡と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。