「 昭和はよかった 」のGGです。

若い時に買えなかった1970~80年代のオーディオ機器が好きで、ジャンク品を購入しては直して聞いています。宜しく・・。

振動ドリルを分解、グリスアップしました。

2017-03-18 16:43:44 | MAKITA

GG(じいじい)です。

3連休の二日目。
振動ドリル(1個目)の分解をしてみました。
入手したままなので、カーボンブラシの減り具合と
グリスの状態を確認してみたかったためです。

分解するドリルは、MAKITAのM814です。




分解自体は難しくなく、見えてるネジを順番に外して行くだけです。


















グリスも一箇所に集まった状態でしたのでグリスを補充しました。
また、カーボンブラシが接触する部分が真っ黒でしたので、
2000番の紙やすりでキレイにしました。(4枚目の写真)

組み上げ前に、カーボンブラシを外す必要がありましたが、
まだ、十分に使える長さが残っていましたので、交換は必要ありませんでした。
(カーボンブラシは、定価400円くらいです。(参考まで))

あとは、組み上げて終了(約1時間で終了(素人なので・・・))





回転具合の確認のため、20年も前のドリル刃をつけて
穴を開けてみました。(今は、これしかないので)




刃先がこんな感じなので、中々、先に進んでくれません。
( 若い時に、この刃で穴を開けたんです。とても懐かしいですね。
  14.8mmサイズなので、差筋は10mmを使ったんだね )








手に振動が伝わってくるので大丈夫でしょう!!!!!

-end-
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 接写もなかなかいいもんですね。 | トップ | PMA-530をNS-100Mで聴いてみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。