つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

自然の脅威

2016-10-20 02:18:50 | 全国 旅日記

7月12日 火曜日    大型ダンプ

震災で大きな被害を受けている南阿蘇村、幹線道路さえ開通していない

南阿蘇村をカーナビで検索すると至る所、未だに道路の通行止めが多く点在する、

復旧のめどさえ立っていない状況がそこにある 

地震で亀裂が入っていた所に、追い打ちを掛けるかのような豪雨

山腹崩壊の土砂災害  もう行くしかない 「思い立ったが・・・・ 」と、やらで早速行ってみた。

大津町の中心地から15㌔の、南阿蘇村社会福祉協議会まで、

う回路を回り回って、40㌔を3時間以上掛かってしまう 

これでは、ボランティアさんも大変です。

豪雨により、流が川の堤防を越えて氾濫、家屋を押し流した 

今回は、道を挟んだ隣の家屋のご高齢者夫婦の依頼。

家屋の周囲に積もった流木&土砂の撤去作業

 

右に地元民間業者の青いトラックと、ショベルカーその右奥に流された家屋が有った所

4㌧ダンプ2台・ユンボ1基、軽トラ2台、ボランティアさん男子7名

私以外は、東北で災害復興に従事されているプロ集団

ダンプもユンボも、東北から配送との事 

ユンボやダンプは扱えないけれど、平スコ(スコップ)を持たしたら負けてはいられない

大津ボランティアの名が廃る 

作業は土砂を寄せ、それをユンボで掬ってダンプに乗せるだけ。

重い流木もユンボで挟み上げる、重機があるとこんなにも楽なのかを痛感させられた 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 氾濫 | トップ |  参勤交代 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K県のS)
2016-07-13 19:33:18
えっ?
大津町ボラ代表で道場破りしたんですか??
Unknown (風来坊)
2016-07-14 09:16:01
フッフッフ 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。