つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

栃尾温泉

2016-10-20 00:22:18 | 旅行

    
栃尾地区にある温泉は  3キロほど上流 

焼岳の麓に位置する  奥飛騨温泉郷中尾地区からパイプで送られて来ている 


ここからは 荒神の湯と  足湯に供給している



いつも お世話になっている荒神の湯  



砂防堰堤


この長閑な栃尾地区を30年前 集中豪雨が引き金となった  土石流が襲った

洞谷からの土石流は  砂防堰堤・県道・橋 …… 

栃尾温泉の乗る  扇状の栃尾地区全体をすべてを破壊した

復興工事の際 災害を繰り返さない願いを込めて  この大規模な砂防堰堤が建設された



            


風来坊が 1年振りに栃尾を訪れたのは  4月も下旬 春も半ばの頃だった


しんと静まった夜  ○○○に思いをめぐらし いつの間にか深い眠りに ……

グースカピーと熟睡して目覚めると  

 愛車 『 石松君 』 は 風来坊を抱きつつ すっぽりと雪に包まれていた 

静かなはずや  雪やったんかいな 



そーっとドアを開けたら  どさっと雪のプレゼントが飛び込んできた

もうすぐ初夏というのに「 何や この寒さは 縮み上がるで 」 



こういうときは温泉に限る 何時でも入れるのは有り難い  

土石流に流された所に造った温泉だから  『 荒神の湯 』なのかなぁ 

なんて 考えながら  縮こまった身体をゆったり温めたんだよ


                  



雪景色を楽しもうと   火照った身体で散策をした 


































自然の作り出す絶妙な光景は  人知の及ばないものだなぁ

風来坊も たまには しんみりすることもあるんやで 




                   












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拝啓 『 I さん 』 | トップ | トンネルを抜けると 雪山賛歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。