つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

出たな ! 妖怪

2016-10-20 01:35:11 | 旅行

 
 ある朝 フロントグラスを 「 コツコツ 」と ノックする音に目覚めると 

つぶらな瞳が  風来坊をじっと見つめていた



  


     『 私に 花の首飾りをかけてください そして娘の姿になって 風来坊さんのお側で 
      ず~と お仕えしとうおす  ただ、 私が 見ないでとお願いする事だけは しないで下さい 』

   『 そら~ 風来坊は若い娘さんも好きやで そやけど風来坊には妻も子もある身やで 』

     『 そんなこと言わんといておくれやす うち、辛うおすえ 』 

    『 それに 見んといて言われたら どうしても見たくなる性分やがな』 

    『 せっかく仲良う暮らし始めても じきに山雀の姿に戻って 飛び立って行かな ならんようになるで』 

     『 そんなに、言わはるんどしたら 辛うおすけど、諦めまひょ』 

    『 お互い 悲しくなるようなことは せんほうがええで』 







山雀は名残惜しそうに  振り向き振り向き 飛んでいきました 

おしまい

惜しいことしたなぁ 



          



                           



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薄墨桜と語らう | トップ | 車検 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。