つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

『 秘境臼別温泉 』

2016-10-20 00:46:10 | 旅行

 吹上温泉で知り合ったMさんが 「 私が 北海道で一番好きな温泉は臼別だなあ 」 と言っていたので 

『 そら 行かなあかんで 』 と来てみましたよ  

檜山国道から4㎞ほど入った所に 目指す臼別温泉がありました 

以前は温泉旅館があったようです  廃業して建物もなくなったのですが  
地元の人の強い要望で  せたな町が 入浴できる施設を作ったようです 

更衣室・トイレ・浴槽とも男女別に整備されていました 




しきりの壁を挟んで 左が男湯 右が女湯 


目の前の渓谷と  秋色の木立が風流でした
 こう寒くなるとこれに限るなぁ~ 
気分の良い温泉なので  翌朝も入ろうと一泊しました 


朝6時 目覚めると  掃除のおじさんが 風呂の湯を抜いてせっせと仕事を始めていました 
『 アチャ! 入れへんがな 』 と思ったよ 

『 月曜日の午後と金曜日の午前中は清掃します 』 と書いてありましたが
こんなに早朝からとは  思ってなかったがな 

玄関・脱衣場・トイレ・浴槽 一人で3時間ほどかかっての丁寧な掃除でした 



「  お湯が少し溜まったら入れますよ  」 と言ってもらったので 入りました 

湯船の底に溜まり始めた少ないお湯のおかげで 思いがけずに寝湯が楽しめました  

寝てみると あらあら 間仕切りの下から女湯が丸見え 『 やったぁ 』 と張切ったがな 

 「 エ~ どこがどす  」



でもな いくら丸見えでも 肝心のお姉さんがおらんやないか 

今回は幸運の女神さんから見放された風来坊でした 



 「 おい!風来坊 お前に そんなデカイ矢印はいらんやろ! 」  
 
ハイ ハイ そうでしたよ グスン 




            




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 奇岩海岸 』 | トップ | 『 駅・・・STATION 』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。