つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

トンネルを抜けると 雪山賛歌

2016-10-20 00:22:56 | 旅行

ここ2日続けての  雪の降る寒さに堪え忍んだ車中泊 天気予報によれれば今日から晴れるとのこと 

例年のこの時期の雪山は 中国からの黄砂の影響で汚れているのが通常

汚れていない真っ白な雪山を見たくて 朝ご飯を食べる時間を惜しんで出かけたよ  


目前に迫る雪山が風来坊に  おいでおいでをしている


愛しい彼女のもとに駆けつけるが如く  ついついアクセルに力が入っていた 


はやる心を長いトンネルが ……  意地悪く視界を遮る




早朝と云う事もあり 鍋平高原への取り付き道は  積雪と急な勾配


雪が苦手な愛車石松君は お尻を振り振りしながら走る 



ここは 西穂高岳にロープウェイを使わずに登るルート 


さすが この時期に  ここを歩く登山者はいない



雪山の怪しい魅惑の光景は  夏山では味わう事が出来ない 


 この誘惑に引き込まれて命を落とす登山者が  後を絶たないのが解るような気がする



目指す展望の開けた高台は  すっぽり霧のベールに覆われて眼下に広がる筈の山塊群は見えない 


30分程待ったが霧が無くなる気配はなく 身体も冷えてきたので明日の逢瀬を約束して降りる事にする 



             翌日


昨日とは打って変わって快晴  登山日和


今日はキャンパー仲間のY氏とF夫妻にも声をかけての山行となった 



長く相添われたF夫妻の足跡 これからも いつでも  どこでも どこまでも一緒 


羨ましいなぁ~ 





この辺りはロープウェイの中間地点  あの塔のところで登りと下りのゴンドラが出会う



錫杖岳


ここはパノラマコースと言って手の届きそうな山々が360度の展望で楽しめるよ 



焼岳


いつも蒸気を吹き上げている活火山の焼岳 
   
熱い山肌への冠雪は圧巻で しかも珍しいのではないかな 



クリヤノ頭




雷鳥岩






 ユキヤナギの新芽がほころび始めている

冬の厳しいこの地にも 春はすぐそこまで来ている 

風来坊の春はどこまで来ているのかなぁ 





 「 澄んだ空気とこの贅沢な展望 風来坊の独り占め  ここで一服せんでどこで するねん 」

 「 バカヤロー 澄んだ美味しい空気をタバコの煙で汚すな! 」

 「 それもそうやな 山さん ごめんなさい 」






                   

 











ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃尾温泉 | トップ | 剣 寸景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しています (埼玉のワゴンR)
2010-05-06 23:26:24
今年度も星峠で会えるのを楽しみにしていましたが、私が埼玉を5月3日に出たので合うことができませんでした。残念でした。5月の後半~6月初め田植え時期に1週間ほど朝霧を撮りに行こうと予定を立てています。又会うことを楽しみにしています。
コメント ありがとう (風来坊)
2010-05-07 11:06:46
埼玉のワゴンRさん  私は5月の中旬から6月始め辺りまで滞在する予定にしています

見かけたら声をかけて下さい  お会いできる日を楽しみにしています

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。