つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

『 水無海浜温泉 』

2016-10-20 00:44:49 | 旅行

函館市 恵山岬町 椴法華にある  水無海浜温泉

活火山  『  恵山  』 の裾野が海に落ち込む恵山岬  入り江の渚に湯が湧いている

 干潮時にしか入れないので 『  幻の温泉  』 とも言われている 日本でも非常に珍しい温泉とのこと 

  白い点線が浴槽で いつもは海に沈んで見えない 



朝9時半の干潮を待って  いざ  海の風呂へ  Go 

潮の引きが弱い時なのか 一番引いている筈なのに  海面と変わらない浴槽の水位に驚き 
それでも 目の高さに海面があり そのロケーションに大はしゃぎの風来坊  


その後とんでもない高波が襲ってくるとも知らずに しばらく上機嫌で 
雄大な気分を満喫していた  

次の写真からパラパラ漫画風にご覧下さい

ヘッヘッヘ 最高の気分やねぇ


お! お! お! 何じゃ こりゃ


アッワッワッ!!!


 ? ? ? ? ?


あ~ぁ! 冷たいな もう!  死ぬかと思ったで!


後で聞いたら  高波注意報が発令されていたとのこと  やっぱりなぁ

神様  どうして風来坊にこんな過酷な試練をお与えになるの~

命 カラガラ  そそくさと水無海浜温泉を後にしました 


交差点で信号待ちをしていたら  『  いや~ デッカイ犬が風来坊に熱い視線を送ってきよるではないか 』 



 写真を撮ろうと車を降りかけたら  あーら あらら  愛用の下駄がないやないかいな

『 アチャ~ また やってしもうた  さっき 水汲みした所に忘れてきたがな 』 

 とりあえず愛車を脇に寄せて  裸足のまま撮しました

可愛らしいデッカイ犬でなくて  チッチャイ馬でした  愛らしい目で風来坊を見つめてくれはりましたよ  





また 海岸線を水汲みした所まで戻りましたがな   

一人残された下駄さんが  寂しく泣いておりました 


「 ごめんなぁ~ 粗末に思っている訳ではないで あんたが居ないと困りますがな 堪忍してや~ 」
泣きじゃくる下駄さんをなだめながら出発  相変わらず  おバカな事ばかりしております 


風来坊の旅は まだまだ続く~   



   【 追伸 】

翌日 恵山散策を終え 本州に渡ろうと  函館のフェリー乗り場に行きました



 引き続きの高波で  欠航とのこと  

水無海浜温泉で  船をも止める高波に 飲み込まれんで良かったとホッとしましたよ~   




                       





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 恵山散策 』 | トップ | 『 奇岩海岸 』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。