つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

萬古の命脈

2016-10-20 00:34:19 | 旅行

 
汚れを知らない21歳の頃  一度訪れた事のある出雲大社  

参拝に際して あれから数十年を生きながらえた風来坊が  どのような想いに浸れるのか
自分でも楽しみにしていた 



橋を渡ると 鳥居を覆い隠すように  松が生えている 

 朝の早い参拝ゆえ 全く人出はなく 鳥居の奧に竹箒で清掃して居られる方が見えた 


本殿入り口 これより中の撮影は控えました 





出雲大社と隣接する祖霊社 

門前の碑に 「 萬古之命脈 」 とあった  難しい漢字やなぁ へっへっへ 

祖霊社は出雲大社と隣接しているけど  何か関係するのかな~ 

以前に 「 出雲大社の境内そのものが  女性自身を象徴しているのだよ 」 と
聞いたように思う 

 その意味がなんとなく解った 

それで産道(?)の入り口にある松が 鳥居を覆い隠すように生えているのか 



  「 ハッハ~ン  なるほどな 」 禁断の神殿を撮さんで良かったわ 


   風来坊さんは やっぱし そっちの方の想像をしはるんどすなぁ 
        

  そやかて 入り口の門に  ○○○の命脈って書いてあったがな 

 
   そう読むからあきまへんのや 
         あれは 「 ばんこのめいみゃく 」 と読んで
          「 はるか昔から 脈々と受け継がれている  ご先祖様からの命の繋がり 」
         という意味どすえ 
        

  ふ~ん そうなんかぁ 俺ってアホやろか  


   いやぁ アホ ちゃいますえ  ちょっとスケベなだけどすわ


  キャヒーン 






                               
                      









 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日御碕 | トップ | 秋芳洞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。