つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

『 混浴露天風呂 』

2016-10-20 00:43:32 | 旅行

北海道を離れる日 フェリー乗り場にて 風来坊の一台前に止まっている 白い車  

『 何となく見たことが…… アッ 横浜のTさんや 

九州から戻って  鮭釣りに  誘っていてくれた Tさんに会うため 再び枝幸方面へ 

枝幸の釣り場を探しても  巡り逢えなっかた

わざわざ呼び出しても悪いと 今年は鮭釣りを諦め 道北を回ることにした  

その 巡り逢えなかったTさんと  バッタリ会った

メロドラマを地で行くような出来事でした  

Tさんとは高波で揺れるフェリーで歓談 来年こそはと誓い合いました  


果たして この恋は成就するでしょうか
    君の名はと ~

           

                          

北海道は  無料の混浴露天風呂のメッカ  旅の徒然に 沢山の湯を教えて貰っている  

名残惜しい  北海道を離れるにあたり  今年風来坊が行った  混浴露天風呂を紹介するな    

   
                  

撮影に際しては   友人がいるときはいいが 孤独な旅をしている風来坊は  

いつもは三脚を立ててセルフタイマー  10秒の 真剣勝負   

浴槽にゆったりと浸っているように見せてはいるが  ヌルヌルした温泉の岩場で

滑ったり転んだり  が映ったり  が見えたり と苦労が絶えない 

誰もいないカメラに向かって  満面の笑顔を浮かべるつもりが  引きつっていることもしばしば

そんな  おバカな光景を思い浮かべながら ご覧下さいな 




「 吹上温泉 」



「 和琴温泉 」 



「 砂湯温泉 」



「 池の湯 」



「 コタンの湯 」



「 おさるの湯 」



「 臼別温泉 」 男女の目隠し・協賛金 有り



「 水無海浜温泉 」

風来坊は只今フォームの指導を受けております 来年は華麗なる泳ぎをご披露いたします


「 平田内温泉 」 熊ノ湯



「 浜の湯 」



吹き上げ温泉で別れた清志郎さん 

次に出会った奥薬研では  駐車場で見ているはずなのに気づかず 

 露天風呂の  湯船の中で  

 「 おや  登山が2番で 3番が温泉の好きな 清志郎さんではないかいな  」

 「 あら まあ   の風来坊さん よく会いますなあ 」の挨拶

聞けば 北海道からは  Tさんと出会った同じフェリーに乗り合わせていたとのこと 気づかなかったなあ  

お互い  裸を見ないとわからない 露天風呂仲間でした 

何を根拠に判断したかは  読者の想像にお任せしましょう 




                               






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 拝啓 鳩山総理大臣様 』 | トップ | 『 恵山散策 』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。