つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

三途の川を渡る

2016-10-20 00:10:30 | 旅行


ファンの皆さんお久しぶりです 

風来坊は三途の川を渡り  地獄の参観に行っておりました

    『 三途の川 & 地獄 』 ……   近いうちに行きそうな所やなぁ~ 

そこは現世とは違って  携帯もインターネットも使えない川原毛地獄





三途の川の畔では 『 閻魔様 』 が  おいでおいで と 出迎えてくれはりました



地獄のトイレは  案内標識まで   この世とは ひと味違いますなぁ



地獄も新緑の季節   緑の鮮やかさは  現世のままですな …… 勉強になります



遙か前方に  荒涼とした地獄が  垣間見え始めました  何や 白うてきれいな所やん


地獄の光景 セレクション






案内の看板 
      この川原毛では 戦争中に火薬の原料となる硫黄の採掘が行われました

      韓国から連れてこられた方々が強制労働をさせられ、大勢の方が亡くなったそうです 

      硫黄鉱山で亡くなった人々の供養のために地蔵菩薩が建てられました

      たくさんの僧侶や地元の方々などが集まって、年に一度 川原毛地蔵祭が行われます





                         


                         


                         

                     



地獄に堕ちても そこはそれ風来坊 ……   見つけたで 地獄の釜の湯を利用した温泉やがな



案内の看板 
      滝そのものが温泉という、珍しい日本一の『滝の湯』です。約1km上流で湧出する温泉が沢水と合流し
      20mの高さからダイナミックに流れ落ちてきます。滝つぼや渓流はすべて天然の露天風呂になっており
      世界でも屈指の湯の滝です。地元の人はもちろん、山歩きの疲れを癒す観光客にも親しまれています。
      駐車場より徒歩で約15分の場所にあり、入浴適期は7月上旬から9月中旬となっております。
      入浴の際は水着の着用を願います。

 余計なお世話や 風来坊とヴィーナスは 何処でも 生まれたまんまが好きやがな



                          

 
                       
                          


日頃の心がけがええと  いいことが ようけありますなぁ

お湯から上がって駐車場に戻ったら 地元のミュージシャンが  気まぐれライブをしてくれましたがな



栗駒山をぐるりと取り巻く地域で  活動している 栗駒山麓青年(?)団





手作りの  地域情報満載誌もいただきましたよ 

静かな山間に浸みていくような コンサートでした 




さて 『 立ち入り禁止 』 の看板 
 
難しい漢字が読めない風来坊  ロープを跨いで降りていくと 野趣溢れる露天風呂があります



あ~ぁ  いい湯だな~ あっ はん 


町の広報より 
      一部熱湯が噴き出している場所があり非常に危険です。
      誤って足を入れたりすると、生きながらにして地獄を体験することになります。


風来坊は立ち入り禁止の所へは  行きなれておりますが

よい子の皆さんは くれぐれも真似をしないように 



                         









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳頭温泉 | トップ | めざせ! … 赤湯ラーメン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。