つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

四万温泉

2016-10-20 00:12:31 | 旅行

 
友人さん と  今年は 2月から 和歌山 ・ 奈良 ・ 高山 ・ 富山 ・ 新潟 で出会い  

群馬の尻焼温泉で  秋の再会を 約束して別れた  

 さんを 旅の先輩として 相談したり  教えを請うところが 沢山ありました   ありがとうございました

只・只  さんの体調が気がかりです  

いつまでも元気でいてくれないと  困る人が沢山いるんだよ

                       

六合村からロマンチック街道を  軽快な走りで四万温泉に来ていた



対向車が来ればすれ違えない狭い旧道に 肩を寄せ合うように軒を連ねている  温泉宿



友人  さんに教えられていた  狭い駐車場に車中泊
 


翌朝 狭くて息が詰まりそうな温泉街を    とりあえず周辺散策に出た

山口露天風呂に入り 先客の観光客らしき人に声をかけるが  迷惑そう

その男の持ち物が大きいこと  風来坊の倍は有るだろうか 川向かいの旅館から見えるように

隠しもせずに  単行本を読んでいる振り 

それだけで寄ってくる  お姉さんがいたとしたら それだけのお姉さんや 

あんまり お姉さん達を馬鹿にしたら いかんよ   最後は ま ご こ ろ やでと呟いていた



地元の人が行く食料品店で買い物 そこで出会った地元の人との 語らいで盛り上がる  これぞ旅の神髄ぞ

四万温泉から  車で行き着いた所にダムがあると 地元の人に聞いていた



有料道路ではと思うような 取り付き道を北上  トンネルを幾つも潜り抜けた



そこには 周囲を豊かな自然が取り巻く  神秘的なコバルトブルーの水面をたたえた 「四万川ダム」 があった




ダムサイトには展望駐車場がいくつもあり 観光客が車で周遊したり  散策が楽しめるように 



開放的な 公園整備がなされている



ダム資料館に隣接の ダムが 一望出来る温泉 「 こしきの湯 」 まで造られ  観光の目玉にもなっている 



                        

四万滞在中に  写真クラブ 「 羅星 」の会長から電話があり 懐かしい声を聞かせてもらった

いろいろ心配してくれているようで 最後に  「お前の行くとこ 青山有りやな!」と言われた

ほんまに そうかもなぁ~  有り難いことや 

                        

滞在中 心身共にリフレッシュさせてもらった  共同浴場を紹介するね





御夢想乃湯




山口露天風呂




上ノ湯




河原の湯



風来坊の  夢枕に  ダム建設によって  住むところを追われた  

           森の        生き物達が 







夜な夜な 現れ 昔を懐かしんでは  徘徊している


  
               カンニンしてや




                        


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« めざせ 『 文豪 』 | トップ | 着衣禁止の混浴露天風呂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。