つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

和琴温泉入り浸り

2016-10-20 00:01:09 | 全国 旅日記


今年は 摩周湖にアプローチする為のベース・キャンプ地を  和琴温泉にした

暇を持て余している日中は  野湯友と温泉三昧で明け暮れていた    



和琴半島には無料混浴露天風呂が6カ所ある    ( 一カ所は屋根付きの共同浴場 )


 
いつも藻が多く汚らしいと不評  なかにはこの藻が身体に良いと云う御仁もいるが

今回は石に付いた藻を掻き出し  浮いてきた藻を洗い流して綺麗にしてみた

綺麗にはなったものの 廻りにギャラリーが多くて  入湯する気にはならなかった



小屋の中に湯船が有る共同浴場  単純泉



和琴半島を周遊できる  散策路



ここも野湯なんだけれど  入っている人を見かけたことがない

もう一つ半島の裏側にも  カヌーでしか行けない秘湯がある
 


散策路を歩いていても見つけにくい  隠れ野湯



湯船が湖面と同じ高さ  40℃弱の鉄分を含む炭酸泉で湯量は毎分100リットルは有るだろう


湖や遊歩道からも見えにくい  まさに隠れ湯 

じっとしていると炭酸の小さな気泡が体中に張り付く



おなじみの 『 立ち入り禁止 』 



湯船は2カ所あり  風来坊が入っている方が少し熱め 硫黄泉



温泉卵も  出来ちゃうよ



野湯好きの野湯友がニワカ野湯作り  早口言葉三段活用 ナンノコッチャ



火照った身体で湖で泳いだり  樹から湖に飛び込んだりと温泉三昧

11時頃から入りに行き  帰ってきたのが4時を過ぎていた日もあった


野湯に入り浸っていた事もあって ホテルの温泉に無料で入れる 『 HO 』  を手に入れたにも関わらず

未だに一件も入る機会が無かった 『 HO 』 の有効期間が1ヶ月は短いなぁ~ 


                          

                        


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 網戸を作ろう | トップ | つれない素振り の 『 摩... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいね いいね いいね (あっくん)
2010-08-14 22:51:27
私も和琴半島の露天風呂は多少知っているつもりでしたが
こんなに野趣に富んだ温泉があるとは知りませんでしたよ
これは 絶対入りたいものです
風来坊さん 開拓ありがとうございます
次回の 訪北海道が楽しみです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。