つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

新燃岳 「 レベル 3 」

2016-10-19 23:41:52 | 全国 旅日記

 
気がつけば指宿スカイラインから九州自動車道を  霧島に向かって走っていた





今日は風来坊 「 石松くん 」 が車検を受ける為に  桜島が目の前に見える谷山陸運局に来ていた

谷山での車検も2度目とあって 慣れたもので  昼前に終了

南九州自動車道を使って帰るため  先ず指宿スカイラインに乗った

インターチェンジに差し掛かった所で  前方にたなびく煙を見てしまった

昨日新燃岳が噴火したとは  聞いてはいたが 

ついついハンドルは南九州自動車道へ行かずに 北に向いていた 





走行中 視界の開けた所が有ったので  溝辺パーキングの外に出て撮影する事にする




禁止の標識を見ると燃えてくるのは今年も変わらんな~ 




霧島市内にはいると一段と迫力を増す  はやる想いにアクセルに力が入る





えびの高原線に入ると  高千穂方面への通行禁止の電光表示




韓国岳への取り付きルートも   通行止め 





韓国岳1合目辺り  ここ数日の冷え込みで溶けた雪が凍っている




5合目に来て  視界が開ける 




正月に来たときとは大違い リュックサックにカメラを載せて  セルフタイマー撮影




傾きかけた陽光が錦江湾に浮かぶ桜島を照らす  手前凍てつく大浪池




噴煙が降り注いだのか  一面に無数の小さな穴







韓国岳からの展望に  後ろ髪を引かれる思いで下山





ほぼ下り終わった PM 3:46分 足下からドンと大きな音と共に振動が   振り返ってみると




韓国岳を覆うほどの噴煙  肉眼では赤い飛沫と粉塵が見えるよう 




えびの高原道に下りかけてすぐ 前方に子鹿が  昼の日中に道路に出てくることは滅多にない




近づいても逃げない  




鹿の目に怯えが 見える  よほど怖かったに違いない PM 3:51




新燃岳の横を通りかかったところ  噴煙で辺りが暗い PM 3:53




霧島温泉街から6㎞ ほど下ったところの  牧園地区より




牧園地区より10㎞ 離れたラムネ橋付近からの  撮影




人間の諸行に地球が怒り始めたかな 

お姉さんと  自然の脅威は  恐ろしいぞ~ 







ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東日本  …… 巨大地震 | トップ | 不機嫌な 新燃岳 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新燃岳 (あっくん)
2011-02-03 00:53:12
ニュースの現場から タイムリーなブログですね
現地の皆さんの大変なご様子 報道されていますが
風来坊さんは 大丈夫でしょうか
今年の ブログ&写真を 楽しみにしています

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。