つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

ボランティア 「 宝物 」

2016-10-20 02:21:23 | 全国 旅日記

7月 6日 水曜日  

大観峰からの初出勤遅れる訳にはいかない 

ボランティアセンターまで40㌔は有りそうな

 

 

 

 5時前に出発、朝霧の中を1時間ほどかけて馴れ親しんだ運動公園にトウチャコ

ここまで来れば  いつものペース

 本日の作業は、女子2名 男子2名のボランティアさんにより

被災されたお宅の家財を新たな住居まで、サカイ引越センターを致しました。

高齢のご夫婦には難しそうなベットの組み立てを、しましょうかと云う事に成り

4人のボランティアさんが知恵を出し合い、こうじゃない いや逆じゃあないなど

賑やかな歓談の末に完成を見た

この時、初顔合わせのボランティアさんが、近くに感じられたのは私だけでしょうか

その後センター内での備品収納、被災財の撤去及びロッカーの修正など息が合った作業ぶり

こう言うと失礼なんですが、一歩先を読む作業ができる女性など見たことが無かった。

気が付けば軽トラの荷台にある  後ろ扉を跳ね上げロックを掛けていた

こんな、ボランティアさん見たことありますか

今日の作業量は結構あったんですよ 

センターに帰り着いたらスッタフさんが

「よ○○さん午前中行かれた依頼主ご夫婦から宜しくお伝えくださいと言って喜んでおられましたよ」と

聞かされた。

単純な私は、飛び上がりたいほど嬉しかった。

以前、アドラー心理学で「 他人からの評価を気にしながらする行為は、本物ではない 」と

云うようなことが書いてあったように思います

良いさ、この年になり、これから先に今まで以上の感動なり心躍るような事が有ろう筈がない

だからこそ、私には嬉しい出来事で宝物 今、出来うる自慢なんです。

これもそうどすえ依頼主さんが、よ○○さんにと、まで言って持って来られた品物

もう3週間も前の事どすがな、松木次長はん忘れてたは、あらしまへんえ

うちは、これからもこのような 宝物を大事にしとおすのや 

あれれ、きょうのボランティアさんのが、うつって、しもた加茂どすえ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボランティア 「 熱中症 」 | トップ | 車中泊  「 逃避行 」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K県のS)
2016-07-07 05:15:36
お疲れ様です。
初顔合わせでそこまで息が合うとそりゃ作業も捗った事でしょう。
私もそういうボラさんとお手合わせ願いたいです。
Unknown (風来坊)
2016-07-07 09:06:59
2度と会う事のない、ボランティアさんとの縁良いですね。その方、真っ赤に日焼けした顔でスタッフさんに 「来た時よりも晴れ晴れした気分です」 と言い残し電車で帰って行かれました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。