つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

ボランティア 11日目

2016-10-20 02:39:36 | 全国 旅日記

 

6月 10日 金曜日    さよなら

 健康食品には、人一倍気を使っている友人の置き土産、

無着色のタラコが朝の食卓を賑わしている。

今日の、ボランティア募集人数30名に対し25名の参加だったようです。

作業内容は、軽トラ3台に男子6名で倒れたブロック塀の、解体、撤収、集積場までの配送を担当

10時半に3台の軽トラが満載になり、一旦、集荷場まで配送することに 

往復1時間見積もって11時半、中途半端な時間なので午前中の作業はここまでで切り上げ

後は、昼からの作業に廻す事にしてボランティアセンターへみんな揃っての昼食

そこで昼からの作業の打ち合わせ、午前中の作業は、軽トラ一台、男子2名で出来そうなので、

昼からの作業案件が3件残っていたので残り4名が、2名ずつに分かれて、

2件の案件を、受け持つことにした。

内容は、お寺の瓦と、ガラスがはめ込まれた木製の建具、破損した植木壁材の撤去 

作業を開始してビックリー、瓦6袋にコンクリートの被災材が別にあるやん

幸い ペール丸缶を2個持って来たので、それにコンクリート被災財を入れて

建具を載せようとして又、ビックリ2枚の建具のガラスは、二つ共々割れていて

持つだけでも壊れ落ちそう

立てて運んで配送中に割れてコンテナの、瓦にでも混ざったらとんでもない事に成る

配送中に割れても、荷台に残るようにと、乗せたコンテナを全て下ろし、建具を下に敷くことにした。

箒は、持って来たので、現地で履き落とせば良いガラスと瓦を仕分けするのに比べれば

少しはマシカナと、荷台に乗せるために建具を二人で持とうとしたら

建具の長辺の真ん中で切ってある、それも一辺だけ、ガラスもガラス切りで、切ったように

それを、相棒のボランティアさんとで、ゆっくり、ゆっくり、そっとやでと言いながら

荷台に乗せたらまたビックリや!荷台から40㌢程、出てるやないか 

結局、お寺で敷物を借りて、境内で解体することに

何の道具もなく、あるのは被災財の瓦だけ、ハンマー代わりにして解体しました

ガラスはペール缶2個に一杯、コンクリート片は、お寺で土嚢袋をもらい受ける事にしました。

私より年上のボランティアさんに、何かあったら風来坊の責任ですよ

ミカンの里、南国育ちのスタッフさん  タッタ頼むで

てなことで、これが最後の配送地になる 集積場に向けて出発 

 通いなれたこの道も最後やな~ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来る度に山が大きくなったなぁ~  12日 日曜日が最終集荷日になるそうです 

明日から週休二日、二日続けての休みはうれしいなぁ~

トマトも、パンも食べきらないとで、朝の作り置きのおかずとで サンドイッチディナー

 

 そして、誰もいなくなった駐車場    

今夜は夜風が身に沁みそうやな~  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボランティア 12~13日目 | トップ | ボランティア 9日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。