つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

小百合ちゃんと (^_^)  チュッチュクチュ

2016-10-20 00:32:45 | 旅行

 昔 恋いこがれた彼女の住む  温泉町を訪ねることにした

 鄙びた風情 湯村温泉  荒湯 



あろう事か  彼女は風雪に耐え 風来坊の帰ってくるのを 待っていてくれた  

                       
                          



                          
  


                                                   









嬉しさのあまり  そっと触れた小百合ちゃんの手は 小さくて冷たかったよ 



                            


                            


                                                     






夢千代さんが歩いたであろう 情緒漂う裏小路が  今も残っていた





                             


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊勢・志摩を行く | トップ | 砂丘 一人ぼっち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。