つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

JR 大糸線 「 キハ 120 」

2016-10-20 00:16:36 | 旅行


 
 5月13日 道の駅 「 小谷 」にて 風来坊の愛車 「 石松君 」が 心肺停止状態に陥った為に  

JAFの会員になるべく 20㎞離れた白馬まで 電車を乗り継ぎ 白馬駅に 

そこからタクシーで  「 N自動車 」まで行くことになった

幸いにも 道の駅から400㍍行くと  大糸線 「 北小谷 」 がある

大糸線は  長野県松本市の松本駅から新潟県糸魚川市の 糸魚川駅に至る鉄道路線で

 鉄道マニアにしてみれば 目からヨダレ の大糸線  「 北アルプス線」 との愛称でも 呼ばれている

今年3月 現役を引退した 大糸線の「キハ52」に乗車するために  大勢  の鉄道ファンが訪れていたと 

JAFのお嬢さんからも 聞いている 










「 キハ120 」 1両編成の車両が定刻通り入って来ました  来ましたよ 

相棒が危篤状態に有るにも関わらず 少々ハシャギ過ぎの感もあるかな  




研修中の運転手さんに  席を譲っていただきました



ここからは姫川を挟んだ両側の川原を  行ったり来たり縫うように走る 

故郷を思い浮かべながら  「 キハ120 」 車両に揺られ気分で 車窓からの眺望をお楽しみ下さい

























































 





あっと云う間の哀愁気分  終点「 南小谷駅 」 に着きました

 「 私は 私は あ から~旅立ち~ます 」  の「 特急 スーパーあずさ 」 が迎えてくれました



 「 キハ120 」1両編成の車両には  前後に運転席が備えられている 

 終着駅で後ろの運転席に移る 準備をしているところ 

さて風来坊は ここらで 白馬へと向かう車両に乗り換えよう 名残惜しいなぁ~ 

研修中の運転手さん  有り難うございました

みなさ~ん  小谷に立ち寄りの際は 北小谷から南小谷迄 運賃 ¥200 の大糸線に乗車してみて下さい~ 

昔から「乗れる悶には乗ってみい 人には添うてみいと」 云うやろ  ・・ ・・ ん 

あれ ・   牛やったかな お姉さんの筈はないし 口車でもなさそうやし 

まあ  なんでもよろしいから  乗ってみてみ

乗ってみんと  その良さは解らんよ 
 



                    



 







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨飾山・詩の彷徨 | トップ | 秘湯 小谷の野湯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。